弱虫ペダル

弱虫ペダル614話ネタバレ【杉元兄弟の想いを背負う坂道、段竹、鏑木!箱学はどうなる?】

弱虫ペダル614話ネタバレ【杉元兄弟の想いを背負う坂道、段竹、鏑木!箱学はどうなる?】
Pocket

2020年11月5日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル614話ネタバレ最新話確定【杉元兄弟の想いを背負う坂道、段竹、鏑木!箱学はどうなる?】を紹介していきますよ。

段竹の緊張がひしひしと伝わってきましたね!

やはり、インターハイ2連覇を達成してる強豪チームのメンバーとして出場するということは、とんでもなく責任重大なことなんですね。

とはいえ、この重圧を跳ね返せないとこの先はありませんから、期待したいと思います。

それでは、2020年11月5日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル614話ネタバレ最新話確定【杉元兄弟の想いを背負う坂道、段竹、鏑木!箱学はどうなる?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

弱虫ペダル614話ネタバレの考察


定時が熱を出したことで、いきなり危機を迎えた総北。

そんな中で、今泉から新開だと言う事を聞いて、坂道ですら衝撃を受けており、当然仲間達も同様の反応。

新開という選手は、あの手嶋ですら恐れる程の強者として知られており、そんな相手に対して坂道達とどんなレースを繰り広げるのでしょうか?

レースを前に段竹は緊張し体が固まっており、自身でもプレッシャーを振り払おうと努力しているものの、ほぼ効果なし(笑)

中々動けない段竹はどのようなレースをみせてくれるのでしょうか?

また、坂道がリザーバーの鏑木を出場させることの決断しましたが、この決断が吉と出るのか、凶と出のか・・・

箱根学園のもう1人の選手である高田城ですが、これまであまり描かれていなかったので未知数で可能性を秘めています。

 

弱虫ペダル614話ネタバレの考察|坂道の采配は成功する

ここで鏑木が指名されました!

個人的にリザーバーは、今泉あたりが登録されていと思っていたので、まさかの鏑木ということで、嬉しい誤算ではないでしょうか。

この人選は非常にナイスな采配だと思います。

一つ気になるのは、しっかり山登りが出来るのか?ということです。

そして、指名を受けた鏑木の反応は「マジすか?」一瞬は驚いたものの、すぐにいいすよ!と笑顔で回答して、準備を始めたので期待できそうですね。

また、この選出によって鏑木が走ると判ってから、段竹は身体の緊張がほぐれてきたようなので、相乗効果でかなりいい影響が出てきそうです。

 

弱虫ペダル614話ネタバレの考察|箱根学園が有利な状況!?

緊張しまくっている段竹の気持ちは、痛いほど理解できますね。

そんな状況にもかかわらず、スペシャルな2年3人組はレベルが違いすぎて、そういう気持ちが理解できないみたいです・・・

恐らく段竹のような経験がないので、フォローの言葉全然投げかけないでしょう。

そんな一人苦しみまくる段竹でしたが、鏑木が走ることが判明して、いつもの力が発揮できそうではあります。

ということで、総北が有利なのか?と思いますが、箱根学園の悠人と高田城については決して油断できる相手ではありません。

箱根学園の2人目の選手として、高田城がジャージに着替えておりモチベーションは高そう。

ということは、最初から本気モードなのは間違いないでしょうね!

いよいよこのレースの役者は揃ったということで、次回はレース本番になっていきそうです。

戦力的に考えても、悠人と高田城の2人と小野田たち3人なので数的には有利ですが、箱根学園が有利だと思いますね。

というのも、ただ勝算無く箱根学園がレースに挑んでくるとは到底思えないので、キーマンである高田城に作戦がありそうな気がしています。

その前に何故高田城が選ばれたかの話も出てくるでしょう!

 

弱虫ペダル614話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

弱虫ペダル614話ネタバレ


弱虫ペダル614話最新話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレとなりますので、注意してご覧ください!!

 

弱虫ペダル614話ネタバレ|真剣な表情の坂道

峰ヶ山でのヒルクライムレースが間も無くスタート。

スタートラインには出場校の各選手が並び、総北からも坂道、段竹、鏑木の3人がスタンバイしています。

総北はインターハイを2連覇しているということもあり、観客は総北のメンバーに大きな声援を送ります。

今までに「かわいい」という歓声を送られることが多かった坂道ですが、今回の表情は以前とうって変わって真剣な眼差しで自身のヘルメットを見つめています。

「いい表情をしてる」と、観客の中から坂道を見守る鳴子と今泉。

以前の坂道ならきっとあたふたしていたはずだと言う今泉に、鳴子は「スタート直前のあの出来事が坂道を変えてくれた」と返しました。

 

弱虫ペダル614話ネタバレ|杉元兄弟の気持ち

そしてシーンは、そのスタート直前に戻ります。

坂道、段竹、鏑木がウォーミングアップをしていたところ、医務室に行ったはずの定時が杉元に抱えられて現れました。

どうやら定時が何か伝えたいことがある様子。

「自分の分だけでなく、兄の分も頑張ってほしい。」

彼は段竹と鏑木にそう告げたのでした。

杉元も本当はレースに出場したかったはず。

そんな中、メンバーに選ばれた定時のためにマッサージをしたり、定時のレースを録画するためにビデオカメラを新しく買ったりして、定時の走りをどれほど楽しみにしていたか。

定時がメンバーに選ばれた時から、杉元が定時のサポートをたくさんしてきていたのでした。

杉元は「僕らの代わりに精一杯走ってほしい」と告げ、去っていくのでした。

 

弱虫ペダル614話ネタバレ|杉元兄弟の想いを背負う坂道、段竹、鏑木

杉元兄弟から贈られた言葉を胸に刻み、坂道たちは気合が入ります。

坂道たちのそんな姿を褒め称える人がいる一方で、鏑木のユニフォームのサイズが合ってないとからかう声が聞こえてきます。

揶揄された鏑木を心配して坂道が声をかけますが、鏑木はこう答えます。

「誰のジャージか分かって見れば、むしろカッコいいっしょ!」

わざとジャージを見せつけるようにして笑顔を見せる鏑木。

鏑木が来ていたユニフォームは、実は欠場した定時のものだったのです。

坂道と段竹も、鏑木の言葉に力強く頷きました。

 

弱虫ペダル614話ネタバレ|箱学・新開と高田城もスタート

ついにスタートから1分を切ります。

アナウンサーが坂道や鴨高の本田、柏東の野村など、注目選手を次々と紹介していきます。

そしてついに、峰ヶ山ヒルクライムレースがスタート!!!

各校の選手たちは一斉にスタートし、その中に箱学・高田城と新開の姿もあります。

特に、新開は1年生ながらにインターハイに出場した経験があるということで、他校の選手たちの中には既に諦めモードになっている者も。

新開はそんな周囲の様子を特に気に留めることもなく、先頭を行く総北メンバーに早速挨拶に向かおうとします。

しかし高田城はそんな新開を制止。

ご当地大会には不文律があり、周囲からの心象を悪くしないように、と新開に教えます。

そこに注目選手として名前が上がっていた鴨高・本田の弟が新開たちのところまでスピードを落として下がってきました。

本田弟は「この大会を荒らしに来たのか」と彼らにキツく当たります。

千葉の最速クライマーを決める大会だから箱根学園は出しゃばるなと言われ、挑発に乗ってしまいそうな新開を高田城が再び諫めます。

しかし本田弟は挑発をやめず、「去年は箱根学園のノッポで態度の悪いホクロのやつに荒らされた」と叫んだことで、新開は激怒。

「葦木場さんのことか」と、本田弟に怒りをぶつけるのでした。

 

まとめ


ここまで、2020年11月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画弱虫ペダル614話ネタバレ最新話確定【杉元兄弟の想いを背負う坂道、段竹、鏑木!箱学はどうなる?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

杉元兄弟の絆が熱い展開でした。

彼らのレースへの想いも心に秘めて、レースがついにスタートしました!!

鴨高・本田弟と箱学・新開のぶつかり合いも気になります。

総北と箱学のレースはどのように進んでいくのでしょうか!?

以上、弱虫ペダル614話ネタバレ最新話確定【杉元兄弟の想いを背負う坂道、段竹、鏑木!箱学はどうなる?】でした!