弱虫ペダル

弱虫ペダル613話ネタバレ【リザーバーは鏑木!箱学・新開と高田城も動き出す】

弱虫ペダル613話ネタバレ最新話確定【リザーバーは鏑木!箱学・新開と高田城も動き出す】
Pocket

2020年10月29日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル613話ネタバレ最新話確定【リザーバーは鏑木!箱学・新開と高田城も動き出す】を紹介していきますよ。

総北も新チームでレースに臨むのかと思いきや、大事な時に体調を崩す定時・・・

こういう大事な時に体調崩しやすい人っていますよね!これで、定時が今後活躍する可能性は非常に低くなったと思いますね。

このピンチに新たなヒーローは現れるのでしょうか・・・

それでは、2020年10月29日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル613話ネタバレ最新話確定【リザーバーは鏑木!箱学・新開と高田城も動き出す】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

弱虫ペダル613話ネタバレの考察


定時はせっかくのチャンスを与えられたにもかかわらず、発熱とは何とも可哀想な展開に・・・

思い返せば、段竹ばっかり任命後も注目されていましたよね・・・

最初から、定時はこうなることが決まっていたのかもしれません。

そんな段竹を坂道が選んだ理由は「チャレンジ」だと力強く答えました。

この言葉の裏には、重さと期待が込められていたと思います。

鏑木は段竹がメンバーに選ばれたことを、自分の事の様に喜んでいたのが印書的でした。

鏑木は驚く段竹に対して、坂道が以前言っていた言葉を教えました。

坂道の言葉や活躍を見て、段竹自身もこれは大きなチャンスだと前向きにとらえていました。

とはいえ、周りには坂道や鏑木のように天才がひしめいています。

それらと比較して凡才だと悩む段竹はどのような走りを見せるのか?

 

弱虫ペダル613話ネタバレの考察|箱根学園との対決が迫る!

峰ヶ山ヒルクライムレースは、予想以上に大波乱の幕開けになってきました!

段竹がメンバーに選ばれたことで、やる気を見せていたにも関わらず残念です。

恐らく、戦略的には定時と坂道で引いていき、最後にエースとして段竹という作戦だったと思われます。

新チーム初めてのレースから、まさかのメンバー当日交代!

そもそも直前に交代ってできるのかな?

もし不可能であれば、最悪2人で闘うという展開に?

対する箱根学園はというと、2人で来てるそう。

ということは、真波は確定として、もう1人は誰なんでしょうかね?

これまでの感じだと高田城が一番あり得そうですが。

真波は坂道と闘うつもりでこのレースに参加すると思いますが、でも坂道はというと自分がメインではなく、1年生のサポート約に徹するような気がしています。

そうなってくると、このレースはちょっと読めない展開になりそうなので、非常に楽しみなレースになりそうです。

 

弱虫ペダル613話ネタバレの考察|坂道はサポート役でチームに貢献?

新生・北総の練習が本格化しました。

やはり、登りにおいては坂道に勝てないものの、平地では勝負になるようです。

僅かなアップダウンのあるコースでは、続々と新キャプテンを後輩たちが追い抜いていきましたよね!

これは普通なら、先輩として焦るところのような気がします。

しかし、坂道は違いました。

この出来事は坂道はキャプテンとして喜んでいたのです!

そして、頼もしい1年生は自分達でジャージを相談しながら揃えたという事で、まとまりもあるので定時の穴を埋めるかもしれません。

常日頃からチームの事を考えるのがキャプテンの大きな役割の一つです。

坂道も着実にその道を歩いているようですから、今回のレースではサポート役に徹するでしょうね。

また、それほど坂道は意識していないかもしれませんが、チームの士気を自然と上げることに長けていると思います。

昔に巻島が坂道に対して「夢を見ろ!」といっていたことがありました。

坂道は自分で思い描いた夢や言葉や想いを手繰り寄せる力を持っていると思います。

それは、一緒に走ったメンバーが何度のその奇跡を目の当たりにしており、読者も気が付いていることでしょう。

 

弱虫ペダル613話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

弱虫ペダル613話ネタバレ


弱虫ペダル613話最新話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

弱虫ペダル613話ネタバレ|箱根学園の本気

前話、ヒルクライムレース当日に熱を出し、定時が出場することが出来なくなりましたね。

さらに今泉が追い討ちをかけるように悪いニュースを伝えます。

箱根学園の出場選手には、なんと”頂上のスズメバチ”の異名を持つ1年生の新開悠人が!!

坂道たち総北メンバーに衝撃が走ります。

鳴子は「箱根学園がこのヒルクライムレースを本気で勝ちに来た」と鏑木に教えました。

 

弱虫ペダル613話ネタバレ|新開の実力は?

その頃、新開がレース前のランニングをしていたところ、手嶋と青八木を発見し挨拶を交わします。

女性たちと写真を撮る彼らのアイドルのような人気ぶりを見て「モテモテですね」と笑う彼。

そうしてあっさりと去っていった新開に、手嶋は恐れを抱いていました。

以前、手嶋と新開がレースで競ったとき、容赦も躊躇いも新開の中にはないことを知っていたのです。

そんな恐ろしい実力を持った新開がまさか、このヒルクライムに出るとは・・・。

 

弱虫ペダル613話ネタバレ|緊張に飲まれる段竹

今泉にアップの指示を出された段竹でしたが、その言葉に集中できない段竹。

緊張のため、手の震えが止まらないのです。

熱でダウンし医務室へ行こうとしている定時を羨ましいとすら思えました。

一人でプレッシャーを払おうとする段竹に、今泉は「本番で動けないぞ」と言いつつ再びアップを促しますが、なかなか動けないでいる段竹。

そんな中、坂道が部員たちにリザーバーを使うことを伝えました。

 

弱虫ペダル613話ネタバレ|リザーバー鏑木がレースに出場

ついにリザーバーを使うことを決めた坂道。

念のため登録しておいたというリザーバーに走ってもらうと言います。

そのリザーバーとは、坂道の口から出た名前は、鏑木でした。

坂道は鏑木にアップの指示を出し、鏑木も承諾。

緊張に飲まれていた段竹ですが、鏑木の名前を聞いて体が少し軽くなったようです。

そして鳴子は箱根学園のもう一人の選手が気になり、今泉に尋ねたところ、「高田城」という名前が。

その名前に覚えがない鳴子と今泉。

そんな二人の裏で、高田城がしっかりとレースに向けて準備を整えていました。

 

まとめ


ここまで、2020年10月29日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル613話ネタバレ最新話確定【リザーバーは鏑木!箱学・新開と高田城も動き出す】をご紹介しましたがいかがでしたか?

さて、定時の離脱でリザーバー鏑木がレースに出ることが決まりました。

坂道が不測の事態に備えてリザーバーを登録しておいたというのは驚きですね。

最初のメンバー発表の時にも秘密にしていたのでしょうか?(笑)

鏑木も唐突な発表にあっさりとしていましたし、実力が気になりますね!!

箱根学園も動き出し、いよいよレースを迎えるのでしょうか!

以上、弱虫ペダル613話ネタバレ最新話確定【リザーバーは鏑木!箱学・新開と高田城も動き出す】でした!