弱虫ペダル

弱虫ペダル626話ネタバレ最新話確定【自信満々の新開の走り!段竹は鏑木の思いを受け継げるか?】

弱虫ペダル626話ネタバレ最新話確定【自信満々の新開の走り!段竹は鏑木の思いを受け継げるか?】
Pocket

2021年2月10日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル626話ネタバレ最新話確定【自信満々の新開の走り!段竹は鏑木の思いを受け継げるか?】を紹介していきますよ。

レースも後半戦に突入していますが、やはり総北の立ちはだかるのは新開でしたね!

高田城も地味に着いてきているようなので、再度活躍する場面もあるのでしょうか?

この流れだと、間違いなく段竹がメインになる感じなので、大活躍を期待していたいと思います。

それでは、2021年2月10日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル626話ネタバレ最新話確定【自信満々の新開の走り!段竹は鏑木の思いを受け継げるか?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

弱虫ペダル626話ネタバレ最新話の考察


弱虫ペダル626話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

弱虫ペダル626話ネタバレ最新話の考察|鏑木の走りが総北に勢いを呼ぶ!

鏑木は終始、高田城に押される展開のレースでした。

序盤から最後の方まで常に苦戦を強いられていましたが、ポテンシャルと秘策によって高田城との勝負に見事に鏑木一差が勝利しました!

鏑木が高田城に勝利でき、誰もが予想した以上の走りを見せて勝てた理由としては、勝ち負け以上に純粋にレースを楽しんでいたからではないでしょうか?

これが高田城のデータをも上回るような結果につながったのだと思います。

そんな鏑木の姿を見せられては、流石の高田城も計り間違えたと認めざるを得ませんから、総北に勢いを呼び込みそうな鏑木に走りだったと思いますね。

この勢いに乗って、総北は箱根学園を圧倒することが出来るのか?

 

弱虫ペダル626話ネタバレ最新話の考察|新開の余裕はどこから?

レースも残り3km地点。

ここで新開は坂道の走り方を見て、今年は坂道がエースではなく、段竹がエースなのだと気が付きます。

しかし、高田城は何の思惑なのでは?と考えているようです。

そんな中でも、エース対決で段竹に負けるわけがないと新開はかなりの余裕を見せていますが大丈夫なんでしょうか(笑)

「オレ新開悠人ですよ?」とかなり煽っていますからね・・・

これまでの展開からだと、ここで段竹が勝つようなアツい展開も十分に考えられますけどね。

インターハイで新開が感じた悔しさから大化けしている可能性も大です!

鏑木と高田城の勝負でかなり時間が割かれていましたが、新開の走り次第では早くもゴール前3km地点で意外と早々に決着がつくパターンもあり得るでしょう。

 

弱虫ペダル626話ネタバレ最新話の考察|それぞれのレースプランは?

総北のレースプランとしては、エースが段竹。

箱根学園はもちろん新開です。

気になるのは、現在残り3㎞ですが坂道はどこまでサポートするのか?ということですね。

最後の最後まで坂道が新開の前に出ていて、残り何mとかで段竹と入れ替わるとか?そういうプランなのでしょうか。

また、箱根学園としては高田城がゴール付近まで新開を引いていける体力が残っているのでしょうか?

鏑木とのバトルで高田城もかなり精神的にもダメ―ジを受けているはずです。

果たして、肉体的ダメージはどれくらい受けてるんでしょうかね?

さすがに千葉の大会で箱根学園が優勝した時には、すごいブーイング起こりそうな気もしますね(笑)

 

弱虫ペダル626話ネタバレ最新話の考察|ツイッターの感想・予想

 

弱虫ペダル626話ネタバレ最新話の確定速報

弱虫ペダル626話最新話の内容が判明次第こちらに追記していきます。

次回の弱虫ペダルはチャンピオン発売日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

まとめ


ここまで、2021年2月10日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル626話ネタバレ最新話確定【自信満々の新開の走り!段竹は鏑木の思いを受け継げるか?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

段竹と新開の勝負はレース結果に影響するので、これに勝利した方がレースを制するということになりそうです!

この戦いに坂道がどのように絡んでいくのか?というのが非常に大きなポイントになるでしょう。

以上、弱虫ペダル626話ネタバレ最新話確定【自信満々の新開の走り!段竹は鏑木の思いを受け継げるか?】でした!