キングダム

キングダム662話ネタバレ最新話確定【趙国との戦いで王賁と蒙恬が活躍!李信は苦戦を強いられるか】

キングダム662話ネタバレ最新話確定【趙国との戦いで王賁と蒙恬が活躍!李信は苦戦を強いられるか】
Pocket

2020年11月26日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム662話ネタバレ最新話確定【趙国との戦いで王賁と蒙恬が活躍!李信は苦戦を強いられるか】を紹介していきますよ。

生き延びた寿胡王はどのような活躍を見せるのか非常に気になるポイントになりますね!

まさか寿胡王が秦軍とまた戦うような状況になることはあり得るのでしょうか・・・他の武将も生き延びそうな感じなので、まだこの戦いが続く可能性も捨てきれません。

そろそろ李信たちの戦いが見たいので、次なるステージへ移ってもらいたいですね。

それでは、2020年11月26日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム662話ネタバレ最新話確定【趙国との戦いで王賁と蒙恬が活躍!李信は苦戦を強いられるか】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

キングダム662話ネタバレ最新話の考察


騰と呉鳳明の宣言に関しては、やはち戦国時代だなと感じましたね。

一時的に同盟を組んでも、共通の目的を達成すればまた敵対する相手。

約束通りの結末になりましたが、秦と魏の選択でどっちが正しかったのか判明するのは、まだ先のことでしょう。

この後気になるポイントと言えば、敗れた什虎軍ですよね!

やはり、敗北した以上はすぐに再戦というわけにはいかないでしょう。

かなり伏線があったことから、蒙武と満羽はいずれどこかで戦うのは間違いないと思います。

まず目下の問題は、満羽を媧燐はどう評価するのか?ということ。

何をしでかすかわからないのが媧燐ですので、まさかというような扱いをするかもしれません。

一体どうなるのか手腕に注目していきましょう。

次の戦いは趙攻略の話に戻ることになりそうですね!

呉鳳明の考える通り、これまで色々あった李牧は間違いなく復活することになるでしょう。

もちろん、秦軍が簡単に落とすことはできない相手・・・

 

キングダム662話ネタバレ最新話の考察|すぐに千斗雲将軍達の再戦はある?

什虎城に引き返すであろう、玄右将軍・満羽将軍・千斗雲将軍達。

しかし、すでに楚の項翼や白麗の姿が見えており、什虎城は既に落とされていることでしょう。

戦っている間に、城壁には魏の旗が掲げられているのを見た彼らはどのような行動に出るのか?

もし玄右将軍あたりが、全く動じていない様子であれば、千斗雲も戦うこと賛成しそうな気がします。

「まだこっちは戦いに飢えているんだ。やっちゃおうか?」というようなやり取りから、什虎城を奪い蒙武達を迎え撃つ戦いに発展する可能性も面白いと思います。

什虎城を奪い返すなど容易いと言わんばかりに、そのまま什虎城に攻撃を仕掛けても不思議ではありませんよね。

 

キングダム662話ネタバレ最新話の考察|満羽と話していた媧燐の狙いは?

媧燐は敗戦の将である満羽と直接話すというシーンが描かれていましたが、何を話したのでしょうか?

虚無を悟っている満羽に対して、媧燐は何を語り掛け、さらには扱うのでしょうか?

満羽と媧燐は似ているポイントがあります。

それは、過去に弟との生き別れており、虚無を悟るには十分な境遇なのです。

もしかするとその辺の過去についても、キングダム662話ネタバレで明かされるかもしれませんね!

とはいえ、一番優先すべきは什虎城をどうするか?ということ。

大変な事態になりつつあり、わずか5千の守備兵に対して魏軍は2万規模となっています。

城攻めは守備兵の3倍の兵力が必要と言われていますが、すでに呉鳳明率いる本軍と合わせれば10万近い大兵力となっており、太刀打ちするのはほぼ困難な状況!

楚から奪い取ることに成功した什虎城ですが、このまま奪うことができるのか?!

戦いが落ち着いてくると、間違いなく呉鳳明は什虎城の要塞化に着手することになるでしょう。

同盟が解除され、約束が切れた時に秦が攻めてきても、容易には落城させないような新たな重要拠点を作り上げることでしょう。

楚としては何とか要塞化される前に取り戻したいでしょうから、媧燐あたりが何か仕掛けてきそうな気もしています。

 

キングダム662話ネタバレ最新話の考察|戦いの舞台は趙へ

什虎城で戦っている間にも、趙王都では大変な事件が起きていました。

すでに、前の王である悼襄王の死の真相については、解明されることなく進んでいます。

その間にも、首輪と目隠しをした人を連れるという、とんでもない人物である遷が新王になりましたね。

ほぼ国内で2番目の力を持ったことで、手腕をふるっている国内においても郭開が幅を利かせているよう。

しかしながら、彼の力ではなくその策はすべて獄中の李牧が進言した策ばかりでした。

これまで明らかになっている史実によると、遷がとんでもない王だった事で国が滅んだのではなく、郭開のせいで趙は滅亡した説になっています。

郭開に関しては、秦軍が邯鄲を攻めきれずにいた時に賄賂を受け取ってしまうような男ですからね・・・

この賄賂も趙を滅亡へと導く大きなポイントになったのは間違いないです。

遷が王になった時から、すでに趙の滅亡は時間の問題。

ですので、そろそろこの辺りの展開になると思います。

では、どこで戦いが起きそうなのか?というと、扈輒と桓騎の戦いがもう間もなく始まるでしょう。

その戦いの舞台となるのは、おそらく趙の重要拠点のひとつである平陽でしょうね。

この戦いが起こることで、邯鄲軍と一緒に王翦をけん制していた扈輒もわざわざ平陽まで救援に動くことになるでしょう。

扈輒に関しては、これまで大々的には描かれてこなかったことから、存在感が薄いと思われている方も多いと思います。

とはいえ、その実力については秦国が攻めきれずにいるという事から、すでに実証されていると思います。

まさに「邯鄲の守護者」という異名は大げさなものでは無いのです。

これまでの実積からも、趙国は扈輒に対して絶対的な信頼をおいているのは間違いないようです。

ただ、そして現れるのが「首斬り桓騎」という異名をもった桓騎ですからね。

これまで戦った敵とはレベルが違うでしょう・・・

実際の史実によると、この戦いにおいて趙国は10万の兵を失ったと言われており、かなりの激戦だったのは容易に想像できるでしょう。

そのうちどれだけの人数が桓騎によって首を斬られたのか・・・

久しぶりにその強さと残忍さを見ることになるかもしれません!

 

キングダム662話ネタバレ最新話の考察|桓騎将軍が趙攻略の中心?

什虎編は一段落したと考えてよいでしょうから、いよいよ次の舞台です!

元々什虎編というのは、秦魏同盟を結ぶことによって趙攻略をスムーズに進めるためものでしたからね。

その下準備が整ったので、キングダム662話では、いよいよ本来の目的となっていた趙攻略に関する動きがあるでしょう。

ですので、何かしらの戦いに関わるイベントが生じると考えられており、その中でも一番可能性として高いのは、趙攻めを率いる王翦・桓騎・楊端和といった軍師参謀トップによる会談が行われるかもしれません。

どのような軍事会議になるのか非常に気になる所ですが、これまで守備の硬さを誇ってきた趙を破る為の新たな一手が気になります・・・

重要な会談が行われない場合は、紀元前235年から紀元前234年に進むかもしれません。

これまでに、キングダムの紀元前235年では蜀に流されていた呂不韋が毒を飲んで自殺しましたし、秦が4郡の兵を発して魏を助けることによって楚を攻撃することにも成功しました。

紀元前235年をまとめると、呂不韋死亡と秦魏の戦いが中心に描かれたということ。

史実によると紀元前235年ではこれ以上大きな戦いもありませんし、裏切りというようなイベントもありません。

ということからも、紀元前235年から紀元前234年へ時が1年進むと思われるのです。

そして、紀元前234年の史実のできごとで何が一番盛り上がるのか?と言えば、間違いなく桓騎将軍の活躍ではないでしょうか。

ですので、今後のキングダムの展開に関しては、桓騎将軍を中心に回るかもしれませんね!

 

キングダム662話ネタバレ最新話の考察|ツイッターの感想・予想

 

キングダム662話ネタバレ最新話の確定速報


キングダム662話最新話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

キングダム662話ネタバレ最新話の確定速報|趙国との戦い

魏との同盟軍の活躍により楚国に勝利した秦国ですが、662話では趙との戦いが始まっていました。

魏と同盟を結ぶことによって魏からの侵攻を止めることができたため、趙国攻めに集中することができたのです。

この戦では、鄴との戦いで名を上げ将軍となった王賁や蒙恬が中心となって兵士たちを動かしています。

その中でも特に目を見張る活躍をしているのが、蒙武軍から配属された愛閃。

中性的な見た目とは裏腹に、矛を手に取り趙国相手に大立ち回りを見せていて、今後の蒙恬軍にとって頼りになる戦力になるでしょう。

 

キングダム662話ネタバレ最新話の確定速報|王賁軍の戦力

そして次に描かれるのが王賁軍です。

元々は玉鳳隊の百人将だった彼が、なんと将軍にまで上り詰めました。

彼の軍も戦力がアップし、中でも前回の鄴攻めで活躍した亜花錦がこちらでも同様に素晴らしい活躍を見せています。

亜花錦の特徴は、状況を瞬時に判断できる所。

今回の趙国戦でもその長所を生かし、次々と相手の兵士を突破していきます。

蒙恬軍と王賁軍、それぞれにキーマンとなる武将が現れましたね。

 

キングダム662話ネタバレ最新話の確定速報|苦戦する李信

蒙恬と王賁同様、将軍に格上げとなった李信は、今回の趙国戦で唯一苦戦を強いられていました。

その理由となるのは、姜カイが怪我を負い戦線を離れていること。

姜カイは李信軍の副将ですが、前回の戦で左足首を負傷し戦いに復帰することができていませんでした。

副将の不在が大きく影響を及ぼしていそうです。

そして二つ目の理由が、松左を鄴との戦いで失っていたことです。

そして軍の精神的支柱でもあった松左が殉死した穴を埋め切れていないことも、今回苦戦している理由の一つとなっていたのです。

 

キングダム662話ネタバレ最新話の確定速報|姜カイの夢

怪我を負っている姜カイは宿営地で休んでいます。

そんな姜カイを心配して李信が見舞いに訪れます。

怪我の具合を気にして李信が話しかけますが、姜カイは無理をしているような様子。

李信が宿営地を後にし、姜カイも再び眠りに就きましたが、夢に大きな黒い影が出現します。

驚きのあまり、彼女は再び目を覚ましてしまうのでした。

この夢が意味することとは一体なんなのでしょうか?

 

まとめ


ここまで、2020年11月26日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画キングダム662話ネタバレ最新話確定【趙国との戦いで王賁と蒙恬が活躍!李信は苦戦を強いられるか】をご紹介しましたがいかがでしたか?

662話では、趙との戦いが描かれることになり、王賁、蒙恬は大活躍でしたね。

愛閃や亜花錦といった武将がそれぞれの軍で大事な役割を果たしそうです。

その一方、苦戦している李信や姜カイの悪夢の意味が気になりますが・・・。

次回のキングダムの展開も楽しみですね!!

以上、キングダム662話ネタバレ最新話確定【趙国との戦いで王賁と蒙恬が活躍!李信は苦戦を強いられるか】でした!