キングダム

キングダム661話ネタバレ【楚と秦へ戦いの知らせが届く!鳳明や謄は什虎城で言葉を交わす】

キングダム661話ネタバレ【楚と秦へ戦いの知らせが届く!鳳明や謄は什虎城で言葉を交わす】
Pocket

2020年11月19日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム661話ネタバレ最新話確定【楚と秦へ戦いの知らせが届く!鳳明や謄は什虎城で言葉を交わす】を紹介していきますよ。

満羽たちの過去が明らかになり、少し同情するような悲しい気持ちになりましたね・・・

帰る所を失った満羽たちはこの後どのような行動に出るのか?

それ次第では、まだ戦いが小規模ながら続いていくことになりそうですし、また違う方向になれば自体は変化していくでしょう!

それでは、2020年11月19日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム661話ネタバレ最新話確定【楚と秦へ戦いの知らせが届く!鳳明や謄は什虎城で言葉を交わす】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

キングダム661話ネタバレの考察


趙にも言えることですが、この時代の王と大臣は利己的主義が非常に多いように感じますね。

それは、汨の王も例外ではありませんでした。

酷かった趙程ではありませんでしたが、結果として大臣の言葉に従うことによって、これまで自分達のために命を懸けて戦ってくれていた満羽たちを切り捨てるという結果に繋がっています。

この事実については千斗雲側も同じように感じているのではないでしょうか?

やはり、満羽たちがいくら強い武将であっても、国も亡びますよね・・・

 

キングダム661話ネタバレの考察|満羽と蒙武は決着をつける?

蒙武と満羽については、また戦場において戦って欲しいと思っています!

やはり、満羽を救えるのは蒙武しかいないと思いますし、最終的に満羽の武将としての人生を終わらせてほしいなと思っています。

そうでなければ死んでも死にきれないというのが、満羽の思いだと思いますし、最後に武将としてけじめをつけたいと思っているはずです。

魏火龍七師の紫伯のように、生きること自体にそれほどこだわりがないように見受けられ、この後の戦いでそれが見つけられるとは思えません。

再戦についてはすぐでは無くても、またいずれ戦うことになりそうだと思っています。

となると、満羽は蒙武がどうにかしてくれると仮定しても、千斗雲の相手もしっかり探さないとだめですよね。

これまでは、録鳴未と乱美迫が対応していたように思いますが、正直録鳴未ではちょっと実力不足が否めません・・・

 

キングダム661話ネタバレの考察|寿胡王は今後の展開のキーマンになる?

寿胡王によって語られた満羽の過去。

これまで謎に包まれていてた、什虎の謎が明かされましたね!

什虎カルテットというのは、それぞれが小国の武将や軍師の集まり。

この重要拠点を守るために集められ、信たちのように大義は特に無い武将でした。

その上で、楚が彼らとどのように戦って、満羽や千斗雲たちのメンタルを潰したのかも判明しましたね。

この伏線とも思える過去は、今後の楚の戦いにおいて回収されるか、存分に生かせそうな伏線ではないでしょうか?

一つ気になることがあり、それが人間不信ともいえる寿胡王がなぜ蒙武にこの話をしたのか?ということ。

それに満羽だけの理由なのかはまだ謎に包まれていますよね!

寿胡王としては、人が裏切るものというような境地なのかもしれません。

その上で、国を背負って戦う蒙武に何かを感じたのでしょう。

寿胡王が過去を話し終えてどうなるのかと思いきや、まさか自ら死を覚悟して首を差し出すとは驚きでした。

ですので、キングダム661話において注目すべき点は、寿胡王の運命や、什虎軍の結末など什虎の戦いの最後でしょう。

個人的には寿胡王は命を落としてしまうのは、あまり想像できませんね。

これだけの戦いを見せ、過去にも詳しい寿胡王にはまだまだ利用価値がある思えるからです。

しかしながら、魏軍の前に寿胡王を連れて行ってしまうと、魏将であった馬介の仇討として処刑はされるのは間違いないです。

ですので、寿胡王を捕虜として扱うのであれば、秦国へ連れて行くのではないでしょうか?

これから先に起こるであろう、楚との戦いでは活躍してくれそうですからね!

 

キングダム661話ネタバレの考察|死に場所を探し続ける満羽

これまで満羽が虚無になってしまったのは、何かしらの「裏切り」によるものというのは薄々感じていました。

その裏切られた相手というのが、ただ単に国が裏切ったというだけでなく、あれほど守ろうとしていた民が敵となってしまったばかりか、その民を自分の手で殺めてしまったという悲しい過去があったみたいです。

この話を聞くと、満羽や千斗雲も見方が変わってきて、少し同情してしまいました。

初め登場した時は、ただ頭がぶっ飛んだ戦闘狂のようにしか見えませんでした。

勝手なイメージですが、初登場の時の裸の状態は、ほぼ素だったように思えましたが、あれも虚無になった影響なんでしょうかね(笑)

あそこまで振り切ったとしたなら、これまでの満羽たちとは180度人間性も変わってしまったということなんでしょうか?

守るものも帰る場所も武将としての存在意義を失った虚無の中で、「戦場」という場所に死に場所を探していたからなのかもしれませんね。

この戦いにおいて、守っていた什虎城もすでに落とされているはずですから、また帰る場所を失ったことになります。

この後どんな行動を起こしていくのか気になりますが、やはり戦場に死に場所を探すことになるのでしょうか。

寿胡王の話では、満羽と蒙武のことを「天が導くなら二人はいずれ相見えるだろう」と言っているので、この伏線が回収されるのであれば近いうちに2人がまた対話する時が来そうです。

そのきっかけになるのは、昌平君が絡んでいるような気もしますし、その時なのかなと予想します。

満羽の過去の話を聞いたうえでの変化、さらに寿胡王の話を聞いた蒙武の心情の変化によって、その再会がどのような形になるか?

 

キングダム661話ネタバレの考察|什虎カルテットの今後は?

「什虎カルテットの秘密」では、満羽について寿胡王が語っていました。

となると、什虎カルテットの全員が同じような経験をしたという事なんでしょうか?

寿胡王の語っていたことが、すべて彼らの虚無になった過去の事ということなのかはまだ不明です。

千斗雲も同じような境遇に陥ってしまったことが原因で、心が壊れて楚に降服するという結果に。

これらの事は寿胡王自身も同じでしょうし、また玄右も似たり寄ったりの境遇だったと言いますね。

それにしても影の薄い玄右は少し可哀そう(笑)

やはりここでも過去の話は割愛されてしまいっていますので、下手したらこれ以上深くは触れないまま終わる事もあると思いますが、それよりも唯一帰れる場所である什虎城が落とされているかもしれないのです。

全軍撤退した什虎軍は什虎城を目指していましたがしかし、什虎城はすでに魏軍が占拠していることでしょう!

その様子を見て愕然とした什虎軍とカルテットたちが、この後どのような行動にでるのでしょうか?

上記でも紹介した通り、什虎カルテットたちは寿胡王の話によるとそれぞれ過去に裏切られ、拠点を守るために寄せ集められた集団ということですから、まとめていた大きな目的が消滅したことになりますよね。

しかも、またもや帰るべき拠点がなくなってしまえば、もともと大義が無い什虎カルテットはバラバラになるのは、火を見るよりも明らか。

千斗雲はその辺の戦場に強い敵を求めて、力尽きるまで戦う。

また、玄右は亡命するというようなバラバラの展開も考えられます。

満羽に関してはこれまでも考察してきた通り、もう一度蒙武と戦うために、楚に残る道を選択すると思われます!

 

キングダム661話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

キングダム661話ネタバレ


キングダム661話最新話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

キングダム661話ネタバレ|楚軍が撤退

前話で什虎カルテットの過去について明かした寿胡王。

彼は処刑される覚悟を決め首を出しますが、その場での処刑は回避されたようです。

その頃、満羽は残った兵士たちとともに楚への帰路についていました。

そして中華十弓の白嶺のもとには項翼が合流。

項翼は戦に負けた悔しさを露わにし、白嶺にぶつけます。

千斗雲や玄右もそれぞれ楚に帰ろうとしていました。

 

キングダム661話ネタバレ|媧燐の新たな策

現場の将軍、兵士たちが楚への帰路についている時、楚国の大将軍兼宰相である媧燐のもとには敗戦の報告が既に届いていました。

彼女は負けを知らされても怒りや驚きを表すことはありませんでしたが、副官のバミュウを叩いている辺り、どうやら内に秘めた感情がある様子。

そしてどうやら媧燐には何やら別の策があるようで、それを聞いた彼女の臣下たちは驚きます。

しかし、その場に居た梨園だけは、堂々とした立ち振る舞いで動じることはありませんでした。

 

キングダム661話ネタバレ|秦国へ戦勝の知らせが届く

各国に戦の勝敗が知れ渡る中、秦国にも、戦勝を告げる知らせが届いていました。

嬴政は報告を聞いて安堵したように見えますが、昌平君は政と会話しながらも大変険しい表情を崩しません。

今回は什虎城を陥落させることができたものの、楚国の将軍を討ち取ることができなかったのです。

勝ちはしたものの、楚国の脅威はまだまだ残っているという結果に満足はできないのでしょうね。

 

キングダム661話ネタバレ|什虎城で将軍たちが合流

その頃、什虎城では勝利した秦と魏の同盟軍の各武将たちが集まっていました。

録嗚未は怒鳴り、龍范は勝利の余裕をたたえた笑みの表情を浮かべています。

そしてここで、謄が秦軍の代表として魏軍の呉鳳明に今回の戦勝の礼を述べます。

膠着していた戦況を動かしたのは呉鳳明が打ち出した新たな策と言っても過言ではありませんよね。

呉鳳明も謄に労いの言葉をかけ、戦場はようやく落ち着きを取り戻そうとしていました。

 

まとめ


ここまで、2020年11月19日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム661話ネタバレ最新話確定【楚と秦へ戦いの知らせが届く!鳳明や謄は什虎城で言葉を交わす】をご紹介しましたがいかがでしたか?

什虎カルテットの過去が明かされ、寿胡王の処遇を待つのみとなりましたね。

また秦、楚の各国にも戦いの結果を伝える知らせが届き、ようやくひと段落といったところでしょうか。

媧燐にはまだ何らかの作戦があるようですが、こちらも徐々に明かされていきそうです!!

以上、キングダム661話ネタバレ最新話確定【楚と秦へ戦いの知らせが届く!鳳明や謄は什虎城で言葉を交わす】でした!