キングダム

キングダム659話ネタバレ【楚軍本陣が陥落!寿胡王が生け捕りに】

キングダム659話ネタバレ【楚軍本陣が陥落!寿胡王が生け捕りに】
Pocket

2020年10月29日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム659話ネタバレ最新話確定【楚軍本陣が陥落!寿胡王が生け捕りに】を紹介していきますよ。

まさか寿胡王が戦局を見誤るとは思いませんでしたね!

ついに什虎城から魏軍の旗が上がり、この戦いは決着がついたようです。

目まぐるしく変化する戦場において、少しの迷いも命とりになることを思い知らせられました。

それでは、2020年10月29日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム659話ネタバレ最新話確定【楚軍本陣が陥落!寿胡王が生け捕りに】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

キングダム659話ネタバレの考察


満羽と蒙武の戦いの行方に注目が集まっていますね!

両軍の軍師は作戦を練り続けていますが、先にミスを犯したのは、満羽を信じていたあまり、後退の時期を見誤った寿胡王でした。

そのわずかな隙すら見逃さない騰は、背後まで迫っていました。

それだけではなく、呉鳳明は什虎城の攻撃も開始していますので、かなりヤバイ状況に陥っていますね。

これまでの戦い方では、秦軍を主攻として、魏軍はサポートという感じ。

分散した戦力でありながら、ついには什虎城を攻め落とすまでの勢いに!

呉鳳明はやはり優秀な軍師だと思います。

ここにいる誰よりも先が見えているのかもしれません。

寿胡王は騰に攻められながらも、なんとか逃げ切りました。

とはいえ、城が落とされるのは案外早いかもしれませんね!

 

キングダム659話ネタバレの考察|寿胡王が万事休す!

前話の最後では、什虎軍の実質的な総司令官として率いてきた大軍師寿胡王の眼前まで、謄が迫って来ており、命の危機すら感じるような状況。

もはや、私だけでなく誰がどう見ても寿胡王はここで終了だと思うような状況でしょうね。

では、ここから寿胡王が生き残る為の起死回生の策はあるのか?

もし寿胡王が万が一生き残るとしたら、可能性は謄の気が変わるとかしか無いと思いますね!

しかしながら、格好の獲物を前にして騰がそんな事するはずがありません。

もし寿胡王が調子のよい口調で謄に語り掛け、取引を持ち掛けたところで、話している最中にバッサリと斬られて終わるのは、火を見るよりも明らか。

将棋で言えばすでに既に詰みの状態ですので、この後もがこうが何をしようが何を言おうがもうどうしようも無いのです。

さらに、これまで長い連載のキングダムの歴史を振り返ってみても、軍師タイプのキャラクターがこのような状態になって、生きて切り抜けたパターンはほぼありませんでした。

あの霊鳳も李信に迫られ命を落としました。

霊鳳に関しては、同じ軍師の呉鳳明が自分の師である霊鳳を身代わりにするという、人間とも思えない方法を使ったからでもありますが・・・

そもそも軍師タイプであり、実践能力は明らかに劣るのにも関わらず、相手の攻撃は自分に届く範囲まで敵将を近づけている時点で、すでに負けたも同然なのです。

ということで、寿胡王は本当に良いところを見せる間も無く、このまま無念の退場になるでしょう。

 

キングダム659話ネタバレの考察|軍師を失ったカルテットはどうする?

井闌車による什虎城を包囲作戦。

攻め続ける魏軍は、企てた奇襲が成功したことでどんどん兵を投入することになるでしょう。

対する什虎城は守備兵の数は、わずか5000しかいません。

なので、このままの勢いで城壁まで登られてしまったら、もはや抵抗する作戦はありませんよね。

このまま魏軍が誇る、城攻めの精鋭たちの活躍の寄って、攻められていきついに什虎城は落城してしまうのは時間の問題だと考えます。

個人的に一番気になるのは、城と軍師を失った満羽・千斗雲・玄右たちの反応と、その後の戦い方ですね。

もはや自分達が変える城も落ちてしまい、それだけではなく軍師も失った満羽・千斗雲・玄右。

これまで抱えていた虚無どころではない、虚しさを悟ってしまうかもしれません。

もしかすると、ここでそれぞれの過去の回想が描かれるかもしれません。

勝手な考察ですが、行き場を失って帰る場所のない3人は玉砕覚悟で弔い合戦を行いそうな気がします。

彼らにはもはや失う物は一切なく、なにも背負っていない状態。

什虎カルテットの捨て身の攻撃は、とても強力で秦魏同盟もかなりのダメージを負うことになるかもしれません。

 

キングダム659話ネタバレの考察|不穏な昌平君の動向に注目!?

昌平君の裏切りフラグが立ってしまったということで、怪しい動きがあるかもしれません。

キングダムがどれだけ史実に基づいて展開するかは分からないですが、史実では昌平君は後に楚王に立ち、王翦・蒙武に討たれてしまう最後を迎えるとされているんですよね。

個人的な期待では、史実をうまいことキングダムストーリーで違う方向に持っていくように、どうにかなんないのかなと思っていました。

しかし、前回の描写でどうやら昌平君が裏切る方面へ進んでしまうということが、ほぼほぼ確定しました。

なので、究極的には什虎城の戦いというのは、カルテットの強さではなく昌平君の裏切り伏線を張って、それに繋げる話だったと言う点が大きそうですね。

実際に裏切るという展開になったとき、蒙武がどのように昌平君と向き合うのかが大注目でしょうね。

昌平君と同じくらい、するべき覚悟を教えたこの満羽との対峙が改めて蒙武にどのよな影響を与えるのか?も気になりますが・・・

考察ではこの戦すでに終わったようなニュアンスで言っていますが、寿胡王はもう謄の対決も見逃せません。

 

キングダム659話ネタバレの考察|ついに什虎城が手中に?

ここまでの展開は、全て呉鳳明の考え通りな気がしますね。

なんとか硬直状態を打破するため、秦軍を動かした呉鳳明の戦略が当たったということでしょうか。

ただ、この作戦の裏には隠された意図があるかもしれません。

それはズバリ自軍の温存です。

これまで、魏軍は平地での戦争と同時進行で、什虎城の城攻めを行っている途中でした。

この兵を戦場に動かすことで、間違いなく現状の硬直状態は打破することが可能でしょう。

ただ、その手を打たなかったというのは、魏軍がいち早く什虎城を落とすために動かさなかったということが考えられます・・・

他の攻めをすべて秦軍に任せることにより、自軍の戦力を温存するだけではなく、早く城を手に入れられますからね!

なので最悪の場合、騰が寿胡王を討てないような状況になっても、魏軍からすると足止めする程度で城が手に入るので良いのです。

 

キングダム659話ネタバレの考察|什虎軍の撤退はもうすぐ?

軍師である寿胡王は、「城まで戻る」と退却命令を出しており、かなり事態は緊迫しています。

予想では千斗雲同様に自ら突っ込み前線を押し上げると思われましたが、今回の満羽軍は逆に随分と前線を押し下げられる展開でした。

ころは寿胡王にとって大きな誤算であり、今後の戦い方の変更もあり得るでしょう。

まったく想定外だとしながらも、我々は元からもう守るべきものはないとつぶやき笑っていたことから、什虎軍は早々に撤退する可能性も出てきました。

全てをなくした満羽がここて来て変化を見せており、その変化はもはやこの戦の勝敗よりも興味深いと言っていましたから、勝敗はどうでもいいのでしょう(笑)

こうなると、什虎軍がどうこうよりも、満羽に変化を生じさせているのは間違いなく蒙武であり、2人の展開が気になります(笑)

もしかすると、満羽は虚無になって以来初めてかつての自分と重ねてしまうような、本物の「漢」に出会ったので、戦い方が変わったということかもしれませんね。

 

キングダム659話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

キングダム659話ネタバレ


キングダム659話最新話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください。

 

キングダム659話ネタバレ|満羽が楚軍本陣へ向かう

前回、蒙武からの反撃で落馬してしまった満羽でしたが、彼もまだ倒れません。

再び馬にまたがり、蒙武との激しい戦いを繰り広げます。

しかしここで楚軍本陣が謄によって攻め込まれていることに気付いた満羽は、蒙武との戦いを切り上げ撤退しようとします。

秦の兵士たちを打ち払いながら本陣へ向かうのでした。

 

キングダム659話ネタバレ|什虎城が陥落!

呉鳳明の策略によって一気に崩れた楚軍。

什虎城ももうすぐ落城というところまで来ています。

楚軍の将である、満羽や千斗雲、そして玄右はこのことを知り厳しい表情。

彼らは本陣が陥落寸前であることを知りつつもなんとか立て直しを図ろうと、満羽は楚軍の応援に向かい、千斗雲はただひたすらに目の前の魏軍の兵をなぎ払い、玄右は落ち着きを持って指示を出しました。

この状況でもなお鳳明は攻めの手を崩さず、ついに什虎城から陥落し魏軍の旗印が上がります!

蒙殻は戦況があれよあれよと覆る様子にただただ驚きを隠せないようです。

 

キングダム659話ネタバレ|謄が寿胡王を捕虜に

前話で、寿胡王の背後に迫った謄。

そのまま斬りかかるのかと思われましたが、なんと謄は寿胡王を生け捕りに!

縄で縛られたまま馬に乗せられた寿胡王は謄を何か会話をしている様子です。

寿胡王や楚軍の将軍たちの処遇について話し合っているのでしょうか。

寿胡王は捕虜となっても冷静さを保っていますし、敵の総大将にありがちな「処刑」といった最悪のパターンは免れるのかもしれません。

次回、寿胡王と謄の会話の内容は明かされるのでしょうか?

 

まとめ


ここまで、2020年10月29日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム659話ネタバレ最新話確定【楚軍本陣が陥落!寿胡王が生け捕りに】をご紹介しましたがいかがでしたか?

ついに魏軍が什虎城を陥落させ、寿胡王が捕らえられました。

満羽や千斗雲、玄右、白麗など今までに登場した楚の将軍たちはどうなってしまうのでしょうか。

謄と寿胡王の会話のシーンが気になりますが、おそらく楚軍の大将たちや什虎城の扱いなど話し合っているのでしょうね!!

次回で具体的な内容は明かされるのでしょうか?

以上、キングダム659話ネタバレ最新話確定【楚軍本陣が陥落!寿胡王が生け捕りに】でした!