キングダム

キングダム658話ネタバレ【魏と秦の同盟軍がリード!寿胡王が撤退】

キングダム658話ネタバレ【魏と秦の同盟軍がリード!寿胡王が撤退】
Pocket

2020年10月22日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』658話ネタバレ最新話確定【魏と秦の同盟軍がリード!寿胡王が撤退】を紹介していきますよ。

かなり苦戦していた秦軍ですが、魏軍の助けもあり同盟軍はぐんぐんと巻き返しを図ります。

同盟軍の激しい反撃に、冷静に戦況を見守ってきた寿胡王は一体どのような決断を下すのでしょうか。

寿胡王の采配に注目です。

それでは、2020年10月22日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』658話ネタバレ最新話確定【魏と秦の同盟軍がリード!寿胡王が撤退】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

キングダム658話ネタバレの考察


魏軍の井闌車が3台も登場して、一気に攻めるような感じになりそうです!

この作戦に寿胡王がどのように対応していくのかが、おおきなポイントになることでしょう。

個人的には未だ活躍を見せてない、白嶺を始め楚軍の力というのが見数で計り知れない為、今後の戦況も全く分からない状態です・・・

また、千斗雲の突進は魏将である龍范に阻まれただけでなく、さらには録鳴未にも追いつかれるという最悪の展開になってしまいました!

呉鳳明・龍范・録鳴未の3人に囲まれた千斗雲は、もはや絶体絶命の大ピンチにも関わらず、嬉しそうに笑っているのは何か考えがあるのか?

それとも、1対3という絶望的な状況になったからこその笑いなのか・・・

千斗雲は隠していた実力を解放して本気を出すという可能性も考えられますが、それでも倒すのは容易ではないでしょうね。

上手く3人が連携していくことが勝負のカギを握る展開になるかもしれませんね!

 

キングダム658話ネタバレの考察|蒙武は満羽を倒すことが出来る?

蒙武は1度は落馬させられ、かなりピンチになりましたね!

それでも、ダメージは小さく再び騎馬して、満羽との激しい打ち合い。

そして、ついに満羽の顔面に強力な一撃を与えることに成功していました!

かなりの衝撃だったことから、普通の人間であれば脳震盪どころではないくらい・・・

顔が半分以上無くなるといっても過言ではないくらいの一撃だと思います。

このままだと、満羽もあの汗明のように倒されるような感じがしていますね。

あんな唸りをあげるような威力の蒙武の攻撃をもろに顔面にヒットさせらたことで、目が見えないくらいの影響は十分にあり得ます。

ただ、相手は満羽ということであの一撃で勝負が決まるかどうかは微妙ですが、蒙武の一撃は大きな決定打になることでしょうね。

蒙武の強さは、秦国史上最強の武力だと言えます。

それでも、仮に満羽には効かなかったという場合はどうなるでしょうか・・・

満羽は決定打を受けたものの、頭から少し血が流れ出た程度で、外見はそれほどダメージを思わせません。

となると、満羽は耐久力にも秀でた武将だという可能性もあり、満羽を倒すには蒙武が持っていない知力が必要になるかもしれません。

 

キングダム658話ネタバレの考察|井蘭車の威力は絶大!?

将が不在になった什虎城には、合従軍の時に秦国を恐怖の底に陥れた、特大井蘭車が登場しました。

呉鳳明はここで持ち出しましたね。

とはいえ、簡単に城まで近づけすぎている印象がありますが、これは寿胡王の罠なのか微妙な所ではあります。

什虎城に接近して張りつこうとした瞬間を狙って、寿胡王が戻り城からの射撃との挟撃を行うという展開も十分にあり得ますからね、

これまで登場していない白麗なども挟撃に参加することになれば、一気に特大井蘭車隊とはいえ壊滅的な状況になるのではないでしょうか?

また、火矢での攻撃もかなり有効だと思うので、大量に浴びるような攻撃を受ければ、城内に侵入するどころでは無く、撤退になるかもしれません。

そうなると、次なるポイントは特大井蘭車隊になりそうです。

謄軍が加勢する為に現れる前に、城前で一気に大混戦になりそうな気がしています。

 

キングダム658話ネタバレの考察|包囲される千斗雲が絶体絶命?

魏軍本陣に迫る千斗雲がこのままの勢いで行くかと思いきや・・・

千斗雲軍の右手から迫って来る軍勢がありました。

それは、魏軍の龍范だったのです。

自らが黄金騎兵団「光華狼」を率いて、攻め込んできたのです!

その名前にぴったりで、何だか軍全体の雰囲気もキラキラしているような感じで、強そうな風格もありますね。

「そこまでだ。楚の暴将」龍范の目は鋭さを帯びています。

しっかりと千斗雲を見据える龍范。

そして、龍范が「葬れ」と命令を下すと、その言葉で光華狼が突撃を開始しました!

登場からすべてがカッコイイですが、このまま千斗雲軍を蹴散らすことができるのでしょうか。

千斗雲軍としても、新手の敵が出現したことによって慌ただしくなっており、現場も動揺していました。

しかし、千斗雲軍を襲う軍勢はこれだけではなく、更に窮地に陥れる要因がありました。

なんと録鳴未軍が後ろに食らいついて来ており、後方からも攻められていたからです。

心配していた録鳴未も「オラァ!どこだオカマヤロォは!」と元気なようで、まだまだ士気も高そうです。

これによって、千斗雲軍は前方を魏軍本陣に、右方を龍范軍に、後方を録鳴未軍にと3方を囲まれる形となり、身動きが取れない状況になってしまったのです。

完全に負けることが確定したような布陣ではありますが、千斗雲であればこれでも怯まないで戦いそうではあります。

龍范と録鳴未の活躍に期待しましょう!

 

キングダム658話ネタバレの考察|寿胡王が繰り出す秘策はあるのか

呉鳳明が投入した井闌車作戦が成功してしまうと、秦魏同盟軍に戦況が大きく傾くことになりそのまま一気に勝負がつく可能性すらあります。

しかし、寿胡王としては黙ってそれを見ているとは到底思えません。

什虎軍は普通の軍隊ではないともいますし、寿胡王がすぐに戦況をひっくり返す策を立案し、実行する力のある武将もいますからね。

では、寿胡王が考えている作戦とは何なのか・・・

ずばり什虎カルテットの玄右を本陣前の戻して、井闌車が登る前の秦魏同盟軍を潰すというパターンです。

寿胡王の作戦が機能してしまえば、秦魏同盟軍は什虎本陣を落とすことができないだけでなく、満羽と蒙武の戦いで蒙武が負けてしまえば敗戦するという状況に陥り、傾きかけた流れを一気に引き戻せるでしょう。

本陣がピンチになったときには、寿胡王は間違いなく満羽と蒙武の戦場にも何かしらの手を加える可能性も出てきましたので、まだまだ結末は分からないでしょう!

現場としては、それぞれの軍師の策を打ち返すくらいの、圧倒的な武力が求められているのかもしれません!

 

キングダム658話ネタバレの考察|楚軍・白麗と項翼の実力は?

楚との戦いで忘れてはならないのが、白麗と項翼の存在。

彼らはまだこの戦いでは姿を見せておらず、それぞれの軍の配置や戦況が気になるところ。

中華十弓の第3位である白麗の弓の技術は、魏軍と秦軍の同盟軍にどのようなダメージを与えられるのでしょうか。

また白麗の相棒と言われる項翼も、猪突猛進と言われるだけあって勢いがあります。

白麗と項翼は共に媧燐軍の武将から将軍になり、若さと実力を兼ね備えた二人。

呉鳳明が新たな作戦を出し戦況が少しずつ動いてきた中、彼らがどのように同盟軍を迎え撃つのか楽しみですよね。

 

キングダム658話ネタバレの考察|謄がぶつかる相手は?

以前のストーリーにて、戦況が膠着している中、鳳明が策を立て指示するシーンが描かれました。

その策とは、秦軍の蒙武と謄を主攻とし、鳳明の属する魏軍がその秦軍を支える助攻となるものでした。

その後、皆さんもご存知のように蒙武は満羽とぶつかり、落馬するほどの激しい戦いを繰り広げていますが、その一方で謄の相手は誰なのかということが気になりませんか?

謄将軍は史実でも実在した人物で、韓を滅ぼしたとして有名な武将。

そのことからも、謄将軍が今回の什虎城の戦いで勝敗を決するような活躍をしてもおかしくありません。

ということで、謄の相手は寿胡王となることも考えられるのではないでしょうか?

千斗雲が以前、「鳳明を討つのが先か、寿胡王が討たれるのが先か」という発言をしていたこともあり、もしかすると、謄が什虎城を陥落させることもあり得るかもしれませんよ!

 

キングダム658話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

キングダム658話ネタバレ

キングダム658話の内容が判明いたしましたので、こちらに追記いたします!!

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!

 

キングダム658話ネタバレ|井闌車に慌てる楚軍

前話のラストで登場した4台の井闌車が什虎城に攻めかかります。

什虎城にいる兵たちは突然の井闌車からの攻撃に慌てふためき、なんとか抗戦するも対応が遅れ、全く歯が立ちません。

井闌車の上からの攻撃と兵たちの地上から攻め込みで、什虎城は今にも陥落してしまいそうな雰囲気に・・・。

「呉鳳明が討たれるか、寿胡王が討たれるか」という戦いで、秦と魏の同盟軍が一歩リードしたように思えますね。

 

キングダム658話ネタバレ|騰が楚軍本陣へ進攻

蒙武と騰がこの戦いの主攻とされ、蒙武が満羽と一騎討ちを繰り広げる中、ついに騰が動き出します。

騰が勢いよく敵に向かって切り込んでいたとき、ふと彼は何かに気付き立ち止まります。

そのとき、彼の顔を一筋の矢がかすめました。

その矢は、中華十弓に数えられる楚軍の将、白麗のもの。

白麗の足止めに引っかかった騰に、もう一人の将である項翼が攻めかかります。

危機に陥ったかと思いきや、騰には魏軍の乱美迫がついており、彼が騰とともに項翼を食止めています。

騰は助攻である乱美迫の意図をすぐに理解し、騰の相手となる楚軍本陣に攻め込んで行きました。

 

キングダム658話ネタバレ|蒙武が満羽を退ける?

さて、お次は蒙武と満羽の戦いです。

前話でなんとか決死の一撃を満羽に与えた蒙武でしたが、まだ戦いは続いていました。

二人の斬り合いは激しさを増し、力が劣るように思えた蒙武も満羽と互角の戦いをしています。

そんな蒙武の頭の中には、常に昌平君の姿がありました。

昌平君や仲間たちと語り合った日々を思うことが蒙武の力になっているのでしょう。

満羽に打ち込まれてきた蒙武でしたが、仲間を思う力なのか、ここで出した渾身の一撃が満羽にヒットし、落馬させることに成功しました。

いよいよ蒙武と満羽に決着が付くのでしょうか・・・。

 

キングダム658話ネタバレ|寿胡王が敗れるか?

この戦況を確認していた楚軍・寿胡王は、騰や蒙武、鳳明の井闌車による攻撃に耐えられないと判断したのか、全軍撤退の命令を出しました。

軍師・鳳明も、この状況に油断せず、逐一戦況を確認しています。

寿胡王は撤退の準備に取り掛かっていたところ、なんと楚軍本陣へ辿り着いた騰が寿胡王の背後から斬りかかりました!!

ここでストーリーは次回へ続きます。

 

まとめ


ここまで、2020年10月22日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』658話ネタバレ最新話確定【魏と秦の同盟軍がリード!寿胡王が撤退】をご紹介しましたがいかがでしたか?

秦と魏の同盟軍の攻撃は楚に阻まれていたように思えましたが、ここで怒涛の反撃を見せました!!

そしてその同盟軍の進撃に耐えかねたのか、寿胡王がついに撤退命令を出すことに!

主攻の秦と助攻の魏がうまく噛み合った戦いになりましたね。

そしてラストで騰に斬りかかられた寿胡王も気になります!!

次回のキングダムも楽しみにしていましょう!!

『キングダム』658話ネタバレ最新話確定【魏と秦の同盟軍がリード!寿胡王が撤退】でした♪