キングダム

キングダム667話ネタバレ【瞑想を終えた羌瘣はついに羌礼との決戦の地へ向かう!】

キングダム667話ネタバレ【瞑想を終えた羌瘣はついに羌礼との決戦の地へ向かう!】
Pocket

2021年1月21日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム667話ネタバレ【瞑想を終えた羌瘣はついに羌礼との決戦の地へ向かう!】を紹介していきますよ。

やはり羌礼が現れた理由は、羌瘣が信に対して使用した禁術が原因だったみたいですね。

そして、羌瘣と羌礼の戦いについても避けられないような感じになってきたので、最悪の事態も覚悟しなければならない感じです。

仲間割れのような状況を回避する策はあるのでしょうか?

それでは、2021年1月21日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム667話ネタバレ【瞑想を終えた羌瘣はついに羌礼との決戦の地へ向かう!】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

キングダム667話ネタバレの考察


今後、キングダムで起こりうる展開を考察していこうと思います。

 

キングダム667話ネタバレの考察|羌礼が蚩尤から足を洗う?

羌礼の心の闇が徐々に見えてきましたね。

ここで現役の蚩尤である羌礼自身が、人殺しの暗殺者から足を洗う事が闇を抜け出すことには必要不可欠です。

そうなれば、祭にはなんの意味もなくなりますからね。

これまでは、蚩尤以外の村人は外界との交流を禁じるという、その村限定の良く分からない掟。

これを守らなかったら、村八分になるくらいで何事もないということを理解するかもしれませんよね。

一番平和な展開は、羌礼が改心するように羌瘣あたりが説得し、心の闇から抜け出すようにすること。

 

キングダム667話ネタバレの考察|羌瘣と羌礼の戦いは避けられない?

これまで羌礼は、蚩尤は外の世界にいるのは一人だけと言われてきました。

それだけ掟というものが重要視されており、深く羌族を含め蚩尤を出す一族の根幹をなすものになっています。

なので、羌礼としては外の世界にいるもう一人の羌族である羌瘣を殺そうと考える可能性もあり、動機がありますよね!

一方の羌瘣としては、回復するまでには最低でも後3日掛かるようです。

とはいえ、飛信隊としては待ったなしの危機となっており、それを感じた羌瘣がここで自ら剣を取って、羌礼と戦う可能性は高いでしょうね。

普段の羌瘣の実力であれば、蚩尤の幽連を倒したことを考えると羌礼よりも実力は上であるとは間違いなさそうです。

ただ、現在は未回復の状態であり、しかも禁術によって命を信に分け与えた事が原因で、以前よりも弱体化している可能性も否定できません。

仮に戦いが起こるとして、羌瘣が羌礼を圧倒的実力差でいなすことができれば、羌礼も羌瘣の話を聞くようになるでしょう。

さらには羌瘣が羌礼に掟が全てではないことを話して、納得させ諭せるのであれば、飛信隊の仲間としての活躍も期待出来ますよね。

 

キングダム667話ネタバレの考察|羌瘣が羌礼にまさかの敗北?

羌瘣と羌礼が対話するものの、結果として戦うことになるという予想はこれまでもありました。

しかしながら、羌瘣といえば現在は力を失っており、依然として復活していないですよね・・・

なので、蚩尤になった羌礼がボコボコに圧倒する可能性も非常に高いのではないでしょうか?

本調子ではない羌瘣が何とかだましだまし戦うかもしれませんが、羌礼に負けそうになる危うい戦い方は続きそうです。

ただ、この羌礼の登場によって、羌瘣復活のきっかけとなるかもしれません。

そういったことを考えると、現在のキングダムのストーリーにおいては、羌礼との戦いは重要な要素になると思いますし、伏線や考察があるかもしれませんね!

 

キングダム667話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

キングダム667話ネタバレ


キングダム667話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

キングダム667話ネタバレ|瞑想する羌瘣

前話で、羌礼は羌瘣の体調が復活するのを3日待ったのち、羌瘣を殺し、その後飛信隊も全滅させると宣言しました。

羌瘣は3日間、ただひたすらに瞑想をしています。

回想にて、信と河了貂、そして羌瘣が羌礼の宣戦布告について話し合っているシーンが描かれます。

飛信隊全員で羌礼の対処に当たるという意見には、飛信隊のメンバーへの被害が懸念され却下。

趙国との戦いぶりを見ても、羌礼が飛信隊をあっという間に壊滅状態にしてしまうのは目に見えていること。

それに、羌瘣としては羌礼とのことは身内の問題と考えている様子。

それならば今回は羌瘣に全てを任せると信が決意します。

羌瘣への信頼度の高さがわかりますね。

 

キングダム667話ネタバレ|羌瘣が羌礼と過ごした日々

瞑想する羌瘣は、過去の楽しかった日々を思い浮かべていました。

象姉、羌礼、そして識という幼い頃に過ごした仲間たち。

象姉と羌瘣は少し歳上なのか、識に術のアドバイスを送ります。

幼い頃の識はおっとりしていて、羌礼は勝気な雰囲気で対照的な二人です。

そんな楽しい日々は祭によって壊されます。

羌瘣は象姉を失い、羌礼は識を失いました。

羌瘣は羌礼に対して何を語るのでしょうか?

瞑想の3日間は終わり、ついに羌礼との戦いが始まります。

 

キングダム667話ネタバレ|羌瘣vs羌礼

いよいよ決戦の日、羌瘣と羌礼は丘の上で向き合います。

立会人として二人を見守る信と河了貂。

羌礼は「死ぬ覚悟はしてきたんだろうな」と羌瘣を血走った目で鋭く睨み付けています。

「祭で識はどのように死んだのか?」と羌瘣は冷静に問いかけますが、羌礼はそれには答えず問答無用だと言わんばかりに、剣を抜き羌瘣に斬りかかります!

羌瘣がそれをかわすと背後にあった巨石は羌礼の剣で真っ二つになってしまいました。

羌礼は羌瘣のことを岩をも切り裂くほどの剣で殺そうとしているのが分かります。

剣を抜かずひたすら羌礼を交し続ける羌瘣ですが、ここで反撃!!

素手で羌礼のことを殴り飛ばし、激しく地面に叩きつけたのです。

この騒動に続々と集まってくる飛信隊の面々。

羌瘣は戦う決心がついたのか、ようやく自身の緑穂を抜きました。

蚩尤の奥義である巫舞での決戦が、ついに始まろうとしていました。

 

まとめ


ここまで、2021年1月21日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム667話ネタバレ【瞑想を終えた羌瘣はついに羌礼との決戦の地へ向かう!】をご紹介しましたがいかがでしたか?

祭で羌礼と識の間に何があったのか、羌礼はおそらく話したくないのでしょうか?

森で一人孤独に嘔吐しているシーンもありましたが、羌礼の心の闇が予想以上に深いことがわかります。

なんとか羌礼を救ってほしいです・・・。

以上、キングダム667話ネタバレ【瞑想を終えた羌瘣はついに羌礼との決戦の地へ向かう!】でした!