キングダム

キングダム656話ネタバレ最新話確定【什虎城の戦い!楚軍・千斗雲と満羽の実力があらわに】

キングダム656話ネタバレ最新話確定【什虎城の戦い!楚軍・千斗雲と満羽の実力があらわに】
Pocket

2020年10月8日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新話656話のネタバレ確定・考察を紹介していきますよ。

玄右の強さは少し想定を超えるような感じでした・・・

馬介もそれなりに強くて実力者だと思っていましたが、いとも簡単に一刀両断してしまいました。

玄右でこの実力ということは、他の満右、千斗雲、寿胡王といった武将に関しても同じかそれ以上の強さということになります。

こんな化け物に立ち向かうのは誰なのか・・・注目ですね!

それでは、2020年10月8日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新話656話のネタバレ確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

キングダム656話ネタバレ最新話の考察


戦場で特に目立っていたのは間違いなく、什虎カルテットの強さではないでしょうか?

そんな中で、呉鳳明はというと不利な状況になる戦況を逆転するための策を打ってきましたが果たしてどうなるのか!

また、この後は乱美迫と項翼が一騎打ちの展開になると予想していましたが、騰は誰の援軍に向かったのか気になりますよね。

ですので、この乱美迫の動き方によっては今後の戦況が大きく変化する要因になると思われます。

呉鳳明の逆転を狙った策に対して、什虎軍軍師の寿胡王もみすみす成功させるはずが無いでしょうし、黙って無策でいるはずもありません。

 

キングダム656話ネタバレ最新話の考察|謄も余裕がない様子!?戦いに乱入するのは・・・

謄と項翼の戦いも激戦で、お互いが頬に傷を負った状態でした。

項翼は莫耶刀での攻撃を続けており、いつもは余裕そうな謄もここは真剣な表情です。

ふざけた感じも余裕は一切感じられません・・・

呉鳳明としても、この個の異常な強さを誇る楚軍はかなり想定外だったに違いないと思います。

効果的に形勢逆転する為に打つべき策はあるのでしょうか?

そんなタイミングで録鳴未にと伝えられた伝令!!

この伝令の内容はいったい何だったのか・・・

この内容も明かされることになるのでしょうか?

伝令の内容はともかくとして、録鳴未軍、乱美迫軍は一旦退くような動きを見せます。

この動きに関しては呉鳳明が指示したと考えていいのでしょうかね?

この録鳴未軍と乱美迫軍は一時退却するものだと考えていると、謄軍の援軍に駆けつけるべく、項翼軍の背を突くような動きに出ました!

ですので、乱美迫が項翼と謄の一騎打ちに割って入るような状況になり、果たして騰の戦いはどのような結末を迎えることになるのか?

 

キングダム656話ネタバレ最新話の考察|乱美迫軍の動きが今後の大きなポイント

録嗚未はというと、千斗雲の軍と戦うような格好に。

一方の乱美迫の軍はというと、上記でも紹介したとおり留まることなく動きを見せることになり、録嗚未が千斗雲の動きを止めて時間を稼いでいる間に、騰の元に向かっていまいた。

騰は項翼と対決中でしたが、乱美迫の姿を見つけるなり相手の策を一瞬で感じ取ったようでしたね!

あれだけ激しい戦いを見せてきた項翼との戦闘をすぐに辞めて、乱美迫へと向かっていきました。

そうなると、この後は間違いなく騰と乱美迫と蒙武が合流するでしょう。

そして、揃ったところで満羽の軍を狙うということになるのでしょうか?

このような展開のなかで、確かに全体としての挟撃の中で一部に過ぎません。

しかしながら、更に局地的な挟撃をおこなえば戦局は大きく動くのは必至。

魏としては武力最高峰と言われている、乱美迫と秦国の騰と蒙武という最強の布陣で満羽軍を襲う訳ですからね。

完全に個人的な考察ですので、満羽軍が狙われたのかどうかは確定していませんが、この流れで他の部隊と戦うのはあまり想定できないので、本丸に向かうことでしょう。

そうして多くの側近を失った満羽の表情に繋がるという展開なのかもしれません。

 

キングダム656話ネタバレ最新話の考察|騰に逃げられた項翼はどうする?

騰と戦っていた項翼ですが、乱美迫に足止めを食らうことになりそう。

まさか呉鳳明の策により項翼軍を背後から叩き、騰との戦いに割って入るとは想定してなかったことでしょう。

しかしながら、項翼は騰に対して並々ならぬ因縁を持っているのは承知の通り。

このまま引き下がるはずがありません。

援軍に向かわせず自分と戦うように項翼は騰の後を追うでしょう。

しかし、乱美迫がそれを阻止する展開になりそう。

なので、騰軍と武将入れ替えた状態でまた一騎打ちが再開されそうです。

呉鳳明の策では、項翼がムキになることが良い影響をもたらすでしょう。

騰への執念によって乱れた項翼軍を乱美迫軍が追い上げていき、壊滅とまでは行かなくても戦力ダウンに成功するかもしれませんよね!

今後の什虎城の戦いを考えるうえでもキーポイントになりそう・・・

 

キングダム656話ネタバレ最新話の考察|騰軍の動きは今後どうなる?

乱美迫が加勢したことによって、手の空いた騰の動きが注目です。

騰は間違いなく呉鳳明の作戦の意図をくみ取っているので、向かうべき場所もやるべきことも知ったうえで援軍に向かうでしょう。

考えられるのは、千斗雲と戦っている録鳴未の戦場。

なぜ乱美迫とのコンビではダメだったのか?

それは、録鳴未とのコンビがあまりにも急だったので、意思疎通があまりうまくいかなかったということが考えられます。

その点、騰は録鳴未の関係ではお互いを知り尽くしている者同士。

阿吽の呼吸で戦えるコンビの方が千斗雲に対抗できると考えたのかもしれませんね!

ちなみに千斗雲をもしこの段階で討つことができたら、秦魏同盟軍には圧倒的有利になると思われます。

そのことを理解したうえで呉鳳明がこの作戦を実行したのかもしれません。

 

キングダム656話ネタバレ最新話の考察|寿胡王の策によって再逆転?

寿胡王がこのまま無策というのはあり得ないでしょう。

呉鳳明の作戦が成功するような流れなので、秦魏同盟軍に戦況が大きく傾くことになるのは間違いないでしょうね!

そんな状況になっても黙ってそれを見ているのは、什虎軍としてはあまりにお人よし過ぎると思います。

ですので、すぐに戦況をひっくり返す策を寿胡王が打ってくると予想されますが、気になるのはその指示に現場が従うのか?ということですね(笑)

しかし、成功したと考えると戦況としては再び五分の状態になります!

もしかすると、五分五分どころか寿胡王の作戦が秦魏同盟軍の喉元まで刃が迫るような、危機的状況に陥る一手になる可能性も捨てきれません。

 

キングダム656話ネタバレ最新話の考察|蒙毅の覚醒によって優位に立つ?

ここで蒙毅がどのような行動を見せるのか?

もし蒙毅が覚醒して、若さゆえの大胆な発想を繰り出すことができれば、軍師対決で間違いなく優位に立つことができるでしょう。

蒙武の戦いに関しても手詰まり感が否めないので、蒙毅の策が救うことになるかもしれません。

前述で考察した寿胡王の策があまりに効果的だったことから、その危機的状況をひっくり返すため、蒙毅は考えに考え抜いた結果として、覚醒すると予想しています。

蒙毅の考え抜いた誰もが思いつかないような作戦は、これまで策に頼らないでとにかく力任せに突撃する蒙武を助けることになるでしょう。

それに満羽を打つ原動力になるといえるのではないでしょうか?

什虎の戦いが軍師・蒙毅の成長と覚醒をもたらすのか注目していきたいと思います。

蒙毅が覚醒したら、父である蒙武の戦い方の概念を変えることになるかもしれません・・・

 

キングダム656話ネタバレ最新話の考察|ツイッターの感想・予想

キングダム655 呉鳳明の頭脳戦の模様。

蒙毅クンは完全にモブキャラ状態。。もうちょっと活躍させてあげて。。

でもこれは乱美迫は何?騰が本陣に?本陣にもう一隊行かないと本作お得意の助攻主攻関係が成立しないのでそれが誰かのヒントのつもり?

いやいつものようにヒントでもなんでもない思わせぶり?

今の戦いのキングダム、蒙武さんと録鳴未さんでコンビ組んで攻めてほしい。

隆国さんみたいに止める人いないと二人でイケドンで罠に引っかかりまくりそうw

いや成長したらしいしそんなことないと思うけど

あと蒙毅に軍師として父のサポート頑張って欲しいなって思ったけど、他にも続々参戦でやはり実況に落ち着いてしまうかな。

キングダム呉鳳明と李牧が合従軍で初めて会ったときに、呉鳳明が挑発して李牧が受け流した時の、それだけでも李牧という人物とその戦い方が浮かんでくるっていう呉鳳明のセリフ、好き。

反応見ると、あってるかどうかは置いておいていろんな想像を巡らせられる。

蒙武、騰でも討ち取れない什虎の3人(什虎4将つえー)

でも呉鳳明の策略で什虎は落とす(魏つえー) 城無くなった什虎4将は韓に亡命

消化試合の韓攻めが面白くなる

蒙武、騰でも討ち取れなかった什虎4将(1人くらい什虎戦で退場かも)を韓攻めで李信、王賁、蒙恬が討ち取る この展開と予想

什虎の4将が大将軍級で強いこと、秦の蒙毅はダメ?だが蒙武と騰が強いこと、呉鳳明の指揮が李牧並みに鋭いこと、以上。

蒙毅はキングダム的には顔がジジイか切長の目のイケメンにならないと軍師で活躍は無理かも。

什虎編は今後の伏線とかになればいいけどあんまり引っ張らないでほしいな

 

キングダム656話ネタバレ最新話の確定速報


キングダム656話最新話の内容が判明しましたので、こちらに追記いたします。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

キングダム656話ネタバレ最新話の確定速報|秦軍と魏軍の共闘

655話では、鳳明が新たな策を出し、乱美迫を蒙武軍に向けて動かしました。

相手となる蒙武も、これが鳳明の策であると気付いている様子。

満羽軍の守備は精鋭達による鉄壁を誇り、秦軍は攻めあぐねていましたが、魏軍の助攻の力が加わったことで再度満羽軍に当たります。

鳳明によって動かされた乱美迫は、楚軍の兵士たちをなぎ払っていきます!!

 

キングダム656話ネタバレ最新話の確定速報|千斗雲と録鳴未の戰い

鳳明の策により乱美迫が離脱したことで、千斗雲の相手となるのは録鳴未ただ一人になってしまいました。

乱美迫と共闘することで何とか千斗雲を防いでいましたが、録鳴未ただ一人となり彼に余裕がなくなります。

その一方で、戦闘狂と言われる千斗雲は笑みを見せる余裕ぶりです。

彼は魏軍の旗を見て、鳳明が指示を出していることに気付き、録鳴未を無視して鳳明へ攻め込もうとします。

 

キングダム656話ネタバレ最新話の確定速報|硬い表情で秦軍をなぎ払う満羽

満羽は、蒙武が自軍の兵を次々と破っていく様子を遠くから見つめていました。

そして彼自身も、秦軍の兵を己の矛で蹴散らしていきます。

普段は奇行が目立つ彼ですが、満羽の過去の回想シーンからどんどん表情が険しくなっています。

その表情の裏には一体どのような思いが隠されているのでしょうか。

 

キングダム656話ネタバレ最新話の確定速報|蒙武の前に立ち塞がる満羽

視点は蒙武に変わります。

蒙武は魏軍の助攻の力を借りて満羽軍の兵士を打ち払っていきます。

満羽はそれを見てついに動きを見せました。

突然、蒙武の目の前に立ちはだかる満羽。

彼は蒙武に向けて大矛を振るいますが、蒙武は寸でのところで目の前の満羽に気付き、武器を両手に持つことで何とか攻撃を受けきります。

しかし満羽の怪力は凄まじく、蒙武は落馬してしまいました。

ここで656話は終了、次回に続きます。

 

まとめ


ここまで、2020年10月8日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新話656話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

鳳明の策でついに乱美迫が動き出しました。

満羽の鉄壁の守りを何とか打破していけそうですし、ここから戦況が動くのではないでしょうか。

また、満羽と蒙武がついに対峙。

落馬した蒙武はこのままやられてしまうのか、それとも満羽と互角の戦いを繰り広げるのか・・・これからの動きも気になりますね!!

次回のキングダムも楽しみにしていましょう!