キングダム

キングダム655話ネタバレ【鳳明の策で乱美迫が謄とぶつかる!?】

キングダム655話ネタバレ最新話確定【鳳明の策で乱美迫が謄とぶつかる!?】
Pocket

2020年10月1日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新話655話のネタバレ確定・考察を紹介していきますよ。

玄右の強さが際立った展開でしたが、これには秦軍もかなり苦戦することになりそうですね・・・

速攻でやられた馬介も残念でしたが、単に玄右が強すぎるという可能性も高いです・・・

謄、蒙武は玄右に打ち勝つことができるのでしょうか?

それでは、2020年10月1日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新話655話のネタバレ確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

キングダム655話ネタバレの考察


魏軍の呉鳳明の凄さが描かれていましたが、それ以上に什虎城戦では什虎軍の武将の強さが目立つような展開になっていますね。

これまで、キングダムにおいて楚という国は武将の数が元から多いと言われてきました。

その為、将軍になる為の競争も熾烈・・・

困難を極める地域ということでしたので、どの武将もかなり手強いキャラクターなのでしょうね。

その中でも、これまで汗明など傑出した将軍が出現していました。

しかし、今回の戦いを見ている限りでは、楚の武将の存在が霞むほど強さを発揮していたのは、什虎軍でしたね!

さらには玄右という武将の出現で、魏の左翼の馬介を倒されるという事態に。

これにより、千斗雲が乱美迫と録嗚未の2人を倒すことで、什虎軍は魏軍を挟み撃ちにできるという流れになります!

果たして乱美迫と録嗚未の運命はどうなってしまうのでしょうか・・・

 

キングダム655話ネタバレの考察|玄右の勢いを止められる武将はいる?

玄右は魏将である、馬介を討ち取ることに成功します。

その流れで、次なる標的は魏軍総大将である呉鳳明になるのは間違いないでしょうね。

呉鳳明に向けて、全軍を一直線に進めることでしょう。

呉鳳明においては、これほどまでに馬介が早い段階で討ち取られるとは想定外だったことでしょうね。

しかし、馬介が倒されたとしても、玄右の前に立ちはだかるのは魏将の荀詠がいます!

馬介に対して強力攻撃を仕掛けた玄右の攻めにたいしれ、感情的になるのではなく冷静に対処することよって、なんとか傾きかけた戦況を五分に戻すような活躍を期待しています。

また、呉鳳明は戦況を立て直している間に策を考えて、部下を討った玄右を封じ込めるような作戦を立案して欲しいところ。

蒙毅に関しては、什虎に来てからずっと戦況の悪さにおどおどしてばかりです。

この感じだと、正直かなり頼りない印象しかありませんよね。

逆に考えると、蒙毅がこの戦いの状況を冷静に判断していること、さらには形勢不利な現状を理解しているともいえます。

魏将である馬介が討たれたことで動揺してるのでしょうね。

しかしながら、什虎を落とすためには蒙毅の覚醒は必要な要素になってきますよね。

強い相手に翻弄されながらも、呉鳳明や敵の寿胡王の戦いを間近で見ることによって、なんとか成長して欲しいと思います!

 

キングダム655話ネタバレの考察|乱美迫と録嗚未のどちらかが戦死する?

戦況に関しては、まだしばらく什虎城の将軍たちの勢いが続くと思われます。

「まだこの戦局では この什虎軍に特別な指示など必要ない」と言われるくらいですからね。

魏と秦の挟撃を受けていた千斗雲は、かなり危機的状況にも関わらず余裕の表情を見せていました!

この余裕から考えられることは、挟撃を受けていながら千斗雲が乱美迫または録嗚未を討ち取るという可能性です。

キャラクターの感じから考えると、録嗚未については秦の中でもイジられキャラとして多く登場していることから、まだ戦死させないと感じます。

かといって、魏軍の乱美迫がここで戦死する展開になると、魏は壊滅的状況になりますからね。

秦の中華統一が容易になり、この後の展開に張りが出ません。

となると、乱美迫がここで戦死するという可能性も低いと言えるでしょう。

果たして乱美迫と録嗚未はどちらが戦死する展開になるのでしょうか?

 

キングダム655話ネタバレの考察|満羽がゲームチェンジャーになる可能性は?

あまり動きの描かれていない秦魏同盟軍ですが、しっかり機能するのでしょうかね?

恐らく、655話から満羽の実力が明かされ、戦いに本格参戦することになるでしょう。

回想シーンにおいて満羽の過去が描かれていましたからね。

満羽が戦いに没頭する深い理由があったことも分かりました。

蒙武と騰の活躍によって、一旦は有利に進められるかもしれません。

ただ、満羽が実力を発揮することによって大暴れすれば什虎軍に傾くでしょう。

この戦場のなかで、たった1人の力によって戦況をひっくり返す実力というのは、合従軍編で活躍した楚将の汗明と同じレベルと言っても過言ではないでしょうね。

これまで数多く登場して、最強クラスだったキャラクターをさらに上回る満羽の強さがそうさせているのでしょうね!

 

キングダム655話ネタバレの考察|影武者を使った戦いが行われる可能性は?

什虎軍の強さが際立ち始めた序盤ですが、魏軍がこのままズルズル押されるような展開になるとは思えません・・・

ちょっとしたことで流れが変わる可能性がありますよね!

もしかすると、玄右との戦いで戦死したかと思われた馬介は影武者だったというパターンも考えられます。

なぜ影武者という展開があり得るのか?という根拠に関しては、呉鳳明自身が命の危険にさらされた時に、影武者を使っていたことがあったからです。

しかも、この作戦は何度か使用されており龐煖も使っていたことがあります。

しかしながら、上記で紹介した2人のキャラクターは大物であり、何度もキーマンとして登場しているような存在でしたよね。

それに引き換え、馬介という武将はここで初登場したキャラクターであり、武将とはいえそれほど大物でもありません。

そう考えると、あえて影武者を立てるほどの人物ではないと思いませんか?

この可能性の確率はかなり低いと言えるのではないでしょうか?

 

キングダム655話ネタバレの考察|呉鳳明が流動を使う可能性もあり?

玄右が倒した馬介は、布陣で見ると魏の左翼軍。

そして、このさらに右側に控えているのが乱美迫ですね。

千斗雲と戦っていました。

なぜ玄右が魏の左翼の馬介を最初に狙ったのかというと、一つめは魏軍の端から攻めることによって、挟撃される形を打破したいという思惑があったことでしょう。

そして、2つめは千斗雲がこのまま乱美迫を討ち取る展開になると、逆に魏軍の荀詠と龍范を玄右と千斗雲が挟撃することが出来るような形勢逆転に繋がるからでしょう。

この想定通りに進めば、かなり魏軍としては不利的状況になりますが、まだ録嗚未と対戦している段階ということで、魏軍挟撃はまだ時間が掛かるでしょう。

什虎軍が魏軍を挟撃することになるということは、千斗雲は乱美迫と録嗚未を討ち取ることを意味しており、什虎軍の強さが圧倒的過ぎるような気がしますよね。

これでは、什虎軍が際立つというよりも、この先も圧倒的な強さを発揮することになるでしょう。

この考察の通りに展開したとして、什虎軍の強さによって魏軍が什虎軍から挟撃を受けるような戦況になれば、魏軍の呉鳳明としては李牧が一度使った「流動」を使うという可能性も出てくるのではないでしょうかね?

そもそも、なぜ流動を使うのか?というと本陣を守るためというのが一番の目的です。

この流動を見抜くことが出来たのは、本能型の極みと言われた麃公のみ!

麃公以外は流動を見切ることができませんでしたよね!

ということを踏まえると、他の武将ではなかなか見切ることは難しいので、戦況を逆転する可能性を秘めていると思われます。

流動を受けた什虎軍がどのような反応を見せるのか分からないですが、流動によって魏軍を攻めあぐねる展開になる可能性もありますよね。

 

キングダム655話ネタバレの考察|寿胡王は流動を見抜いて一枚上手?

什虎軍の寿胡王は、大軍師という称号を得ており、かなりの実力者というのは間違いありません。

しかしながら、現時点では目立った指示はないので、その実力は明かされていませんよね。

什虎軍の強さをそのまま活かす作戦を行っていますが、その器の大きさも大軍師という片鱗なのかもしれませんが・・・

そんな中で呉鳳明がここから流動を使うようなことがあれば、すぐさま流動を見切るのが寿胡王という展開も見られ、そこで大軍師の実力を垣間見れるかもしれません。

この知略合戦はどちらに軍配が上がるでしょうか?

 

キングダム655話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

韓を滅ぼす際、に邪魔されないように什虎の土地を全てあげるからと約束をし同盟を組む。

什虎を落とされた楚はと闘い、その間同盟が続いてるうちに秦は韓を滅ぼす 韓を滅ぼす為の什虎攻め

その後、楚はから什虎を奪い返し、敗戦後弱くなったを秦が倒す

今回の秦楚の戦い、また1年以上やりそうな感じしてる。

什虎城の面々はなんだか盛り上がりに欠けた魏火龍と同じ匂いがしてなんやかんやグダりそうな予感がする。

まだ始まって間もないが。

以前秦から受けた三軍同時攻撃に似た策を使う呉鳳明、将はもう1人くらい死んじゃうかも?と思ったら、やはり先に秦魏軍側が将軍斬られたな

魏に初登場沢山いたからどれかはやられ役だと思った(笑)

やはり楚将のレベルは高い、が死ななかった(死なないだろうけど) 録嗚未も負けてはいない。

今後の蒙武対満羽、騰対項翼も楽しみだ! でも確か李園の暗躍で秦同盟軍負けるんだよね?

キングダム軍、15年しか時間がない上に、互角以上の兵力と六将レベルの敵将がわんさかいる敵国を平定しなければいけないので、本当に天下統一なんてできるのかと思う。
の蒙毅はダメ?だが蒙武と騰が強いこと、呉鳳明の指揮が李牧並みに鋭いこと、以上。

蒙毅はキングダム的には顔がジジイか切長の目のイケメンにならないと軍師で活躍は無理かも。

什虎編は今後の伏線とかになればいいけどあんまり引っ張らないでほしいな

 

キングダム655話ネタバレ


キングダム655話最新話の内容が判明しましたので、以下に追記いたします。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!

 

キングダム655話ネタバレ|鳳明が戦況を立て直す

前話では鳳明の策によって魏に戦況が傾いたように見えましたが、鳳明の片腕・馬介が死んだことで、どの軍勢も決め手に欠き膠着します。

鳳明は馬介を失ってもなお冷静に戦況を把握し、伝令を使って乱美迫と秦軍の録嗚未に次の策を伝えます。

蒙殻も戦況は良くないと思いつつも、鳳明のように今の軍に必要な策を考えることはできませんでした。

 

キングダム655話ネタバレ|項翼と謄の戦い

その頃、物語の舞台は謄と項翼の戦闘シーンに移ります。

項翼は謄の顔に傷を負わせ、激しい戦いが繰り広げられていました。

莫耶刀を掲げ、味方の軍に檄を飛ばす項翼に、謄は「1000年早い」と言い返します。

しかしながら謄の表情に余裕は見られず、二人のバトルは互角に進んでいくのではないでしょうか。

 

キングダム655話ネタバレ|鉄壁の満羽軍が立ちはだかる

蒙武軍が満羽軍と激突。

蒙武軍が満羽軍を簡単に撃破するかのように思えましたが、満羽軍の防備が鉄壁で中々攻められずにいます。

満羽の表情は目を見開き非常に硬く、戦が始まる前の明るい雰囲気が全くありません。

前話の冒頭で描かれた満羽の過去を振り返っているのでしょうか、過去の戦で感じた当時の辛い思いを現在に当てはめているのかもしれません。

 

キングダム655話ネタバレ|鳳明の策

今回の冒頭で描かれた鳳明の策がここで判明します。

それは、千斗雲に録嗚未軍を当て、乱美迫はその場から離脱、謄の相手をさせるというものでした。

謄は項翼と戦っていましたが、乱美迫の動きを見て移動を開始。

録嗚未も謄も、これが鳳明の策であるとわかりつつも、あえてその策に乗ることで戦の推移を見守ろうとしているのでしょう。

 

まとめ


ここまで、2020年10月1日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新話655話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

ここで鳳明が動きましたね。

膠着していた戦況ですが、鳳明の策で今後どのように動くのか楽しみです。

そしてやはり満羽は過去を引きずっているようなので、これが満羽の戦いに影響していくことは間違いありませんね。