キングダム

キングダム654話ネタバレ最新話確定【秦軍に流れは来るのか!?什虎王の余裕の笑みの裏には何かある?】

キングダム654話ネタバレ最新話確定【秦軍に流れは来るのか!?什虎王の余裕の笑みの裏には何かある?】
Pocket

2020年9月17日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新話654話のネタバレ確定・考察を紹介していきますよ。

布陣も明らかになったので、誰と誰が対戦するのかも予想が出来るようになってきましたね!

ただ、強さや実力が未知数な武将も数多くいることから、勝敗についてはやってみないと分からないというのが現状です。

かなりの武将が登場するので、混乱しないようにしっかり整理しながら見ていきたいですね!

それでは、2020年9月17日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新話654話のネタバレ確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

キングダム654話ネタバレ最新話の考察


このような展開だと謄が、『あれが録鳴未を殺った千斗雲か・・・では、録鳴未の仇を打つとするか』という感じで流れていきそうです!

となると、千斗雲軍と謄軍が戦う展開になりますが、互角かそれとも圧倒的な力を見せつけるのか・・・

個人的な考察では、最終的にこの什虎の戦いにおいては、謄が千斗雲を討ち取る可能性は非常に高いと思っています。

とはいえ千斗雲もかなり強いのは間違いないので、謄との戦いは大注目と言えるでしょう。

普通に騰が録鳴未が勝手に殺された事にしており、それも面白いですが(笑)

魏軍の武将は乱美迫だけということは無いでしょう。

彼以外にもまだまだ名将が登場すると思いますが、どんなキャラクターが登場するのか注目ポイントになりそうです。

呉鳳明のやる気も思いのほか高く、かなりの将軍たちを連れて来てくれたので、魏軍の武将の活躍に期待です。

 

キングダム654話ネタバレ最新話の考察|乱美迫はかなり実力者で千斗雲よりも上?

録鳴未ごと千斗雲を吹き飛ばすという、豪快な登場!

結果として、録鳴未のことを助ける形にった魏の将軍である、仮面の大男乱美迫が強そうですよね。

このわずかな戦いシーンだけで、個人の武力だけの強さを考えると、めちゃくちゃ強いキャラクターような匂いがします。

ただ、千斗雲についても普通の将軍の強さ以上の実力者でしょう。

とんでもない域に達している気がしますので、乱美迫によって一騎打ちを邪魔された千斗雲がどのような戦いを挑むか気になります。

普通に黙っているはずがありませんからね。

千斗雲が戦いを乱美迫に挑んだとしても、間違いなく受けて立つのは明らかです。

そうなると、千斗雲VS乱美迫の一騎打ちが見れそうですが、両者ともかなりダメージを負うでしょうね。

千斗雲もかなり強い武将だと思いますが、見た感じの強さでは乱美迫は蒙武タイプのように見えました。

間違いなくパワー型の戦いを行うでしょう。

力のぶつかり合いになると、やはり乱美迫が有利になりそうな気がしますが・・・

もしかすると、千斗雲の首は取れないまでも、乱美迫が判定勝ちみたいな消化不良の戦いもあり得そうです。

 

キングダム654話ネタバレ最新話の考察|千斗雲の強さは大将軍級かそれ以上?

千斗雲は2人でも倒しきれないという可能性も考えられます。

その2人というのが、乱美迫は録嗚未です。

この2人の感じを見ていると、千斗雲を討てるような雰囲気は感じられません。

恐らく乱美迫と録嗚未の協力体制によって、千斗雲と対峙していくことになりそうです。

ただ、読んでいてこのコンビにはお笑いキャラのような雰囲気も感じます。

ということから、戦って速攻死ぬという展開でないのであれば、シリアスな展開で討ち取られて死ぬというパターンは想像できません。

千斗雲の強さを引き出すキャラクターとして描かれる可能性もありますね(笑)

千斗雲といえば、戦略的に寿胡王は挟撃するような形を進めていたところ、破った男です。

とはいえ、この布陣を千斗雲が勝手に破ったところで、元より三角形の布陣の先頭に位置させていたようなものでしたからね、

現在の状況とあまり変わりませんから、かなりの実力を持つ人物であることは間違いないでしょうね。

 

キングダム654話ネタバレ最新話の考察|満羽と激闘を繰り広げるキャラクターは誰?

確定した最新の布陣から見ても、満羽と戦うことになるのは蒙武で決まりでしょう。

その満羽と千斗雲の間の少し後方には、項翼が控えているというような構図。

さらには騰の1万があるといった様子で、現在のところは進んでいます。

ですので、このまま真っ直ぐにぶつかるとすれば、満羽と戦うのは蒙武が鉄板ということになるのです。

すでにちょっと登場した満羽については、強烈な実力をいかんなく発揮しており、強靭な力の持ち主でした。

とはいえ、蒙武についても数年前に楚の大将軍として知られていた、汗明を討ち取るほどの武力を兼ね備えています。

満羽の強さは汗明よりも強いと思われますが、蒙武だって更に成長していますからね!

蒙武からしても、相手にどこまでやれるのか?という感じにとらえているでしょう。

今の蒙武はノリに乗っており、どのような相手と戦うことがあっても、惨敗する様子はイメージできないですので、個人的には勝つ可能性の方が高いのだろうと考えているところです。

満羽との戦いにおいて、蒙武が汗明よりも苦戦する展開になるとしたら、楚にいる亡国の大将軍級の将軍たちの実力はかなり高いという可能性が高まります。

普通に見た目もおかしいですが、底知れない様子も見受けられたので、敵として戦うには恐ろしいですよね。

 

キングダム654話ネタバレ最新話の考察|それぞれの対戦相手は誰になる?

それぞれの対戦相手をまとめてみると、満羽VS蒙武、項翼VS騰、そして千斗雲VS録嗚未&乱美迫、玄右&白麗VS馬介&荀詠&龍笵というような対戦相手が想定されます。

このような布陣であれば、騰と蒙武が共闘によって強敵・満羽を討ち取るかもしれません。

もちろん、満羽も項翼が共闘するという可能性も残されています。

あたりは戦況によって大きく変化してくると思うので、布陣の変化も見逃さないようにしたいですね。

全体の戦況においては、秦国軍の本陣には蒙毅がおり、魏には呉鳳明がいます。

楚軍は寿胡王が本陣にて戦略を考えており、この人達が「什虎の戦」で11万の楚と12万の秦・魏の連合した戦をどのように進めるか?というキーマンになります。

拮抗した戦いが多くなることが予想されてるので、軍師の判断は非常に重要になると思ますね。

特に満羽などは戦術に従って戦うは苦手なタイプでしたから、陣形に綻びも生まれてくることが考えられますよね!

いくら強いとはいえ、複数人の武将に囲まれれば終了ですので、組織的に戦っていくことが重要ポイントでしょう。

 

キングダム654話ネタバレ最新話の考察|史実による展開になるのか?

また、史実によると「什虎の戦い」は実際には存在していないそうです。

完全にオリジナルのフィクションで、史実にはない戦ではあるものの、大規模な戦になっていますから、速攻で決着がついて終わるとも考えられません。

しかしながら、この後の大きな流れとしては、桓騎が趙に更に攻め込むことが史実に記されています。

上記の戦によって、趙は扈輒というキングダムで言う王都の守護者がやられてしまいます。

そんな時に白羽の矢が立ったのは、李牧でした。

改めて大将軍に任命されることになりますが、あれだけ煙たがっていた郭開がどのような行動を起こすのか?

驚くことに、そもそも李牧が台頭して一番権力を手にするのはこれからだったのです!

考察として考えると、時間軸でずれが生じるからだと思います。

桓騎の戦についてもすぐに実行される訳ではありません。

となれば、時間的にも余裕があることから、この戦についてもじっくり描かれそうですね!

今後の展開に重要な人物である、騰や蒙武、そして後に敵国になる呉鳳明の実力を発表する場にもなるわけですよね。

11万対12万の戦いということで、かなり混戦になることでしょう。

 

キングダム654話ネタバレ最新話の考察|ツイッターの感想・予想

王騎とか廉頗とかの大将軍は問答無用でかっけぇし、桓騎と王翦みたいな味方か敵かもはっきりわからんような得体の知れない将軍も好きだし、は存在が面白いしファルファルまじつえぇぇってなるから好き。

鳳明は小賢しい小物感すごくすこ。キングダム語りたいが爆発した最新刊楽しみだな~!皆見てくれ

攻城戦みたいにランダムで分けられた複数同盟が組んで戦うイメージ。

なにかの順位でランク毎にグループ分されないと同盟同士組む事出来ないけど

決まった後は移籍しても参加できない(討伐戦みたいに)必須 ただの同盟同士のランキングならいままであるし…..“大”の意味に注目してます

魏の援軍が到着しても、楚軍はまだ余裕充分の様子。

魏軍がどれだけの軍勢なのかはまだ分かっていませんが、それだけ什虎城の武将とこの寿胡王(じゅこおう)という軍師は優れているということでしょうか。

これからの戦いで什虎城の武将や軍師たちの凄さが明らかになっていくんでしょうね。
魏の呉鳳明がもう登場しましたね!

最近のキングダムは呂不韋の死亡も展開が早かったですし、今回の什虎城の戦いもサクサク進んでいる印象が。

乱美迫もいますが、この乱美迫をどこでどう使おうとするのか?呉鳳明の知略が炸裂する場面が見れますかね?

キングダム呉鳳明が参戦!楚は読めなかったのかな。

秦は趙と膠着状態。

その状態で魏は驚異。

で、対魏の戦線にいた騰の援軍まで媧燐は読んでいたから、秦魏同盟まで見抜くかな、とも。

まあ秦が中華統一言い出しているし、そこまでは難しいな。

呉鳳明の「すり潰す!」、カッコイイ

 

キングダム654話ネタバレ最新話の確定速報


キングダム654話の内容が確定しましたので、以下に追記いたします!

ここから先はネタバレになるので、注意してご覧ください!

 

キングダム654話ネタバレ最新話の確定速報|戦場に立つ満羽

謄と蒙武そして、呉鳳明のカラー扉絵からストーリーが始まります。

次のページには、戦いの舞台となった過去の楚が描かれています。

そこに満羽が一人、大量の死体の前に苦悩の表情を隠せず佇んているのでした。

今後、満羽の過去がより詳しく描かれるかもしれません。

ストーリーにどのように絡んでくるか楽しみですね。

 

キングダム654話ネタバレ最新話の確定速報|二人の軍師、蒙殻と呉鳳明

魏軍が増援として加勢していることで秦軍が圧倒的有利かのように見えたのが、戦いの流れは楚にありました。

慌てながら各隊に指示を出す蒙殻と、冷静に陣形を伝える呉鳳明が対照的に描かれています。

蒙殻がうろたえることで軍に悪影響が出なければ良いのですが・・・。

二人の戦経験がよくわかるエピソードですね。

 

キングダム654話ネタバレ最新話の確定速報|敵に突撃する蒙武と謄

楚に流れを持っていかれ、秦軍が不利になっているかのように思えたその時、秦軍に勢いをもたらす蒙武と謄。

二人は馬上から敵を蹴散らして行きます。

その様子を什虎王は余裕の笑みを浮かべて見ています。

二人の活躍は想定内だったのでしょうか。

また、敵として二人の武勇を見せつけられ、自身の感情も昂っていたのかもしれません。

一方、呉鳳明の右腕である馬介、更には魏将、玄右の姿を見つけ、什虎王の表情が一変。

真剣な眼差しに変わります。

一体什虎王は彼らに何を思っているのでしょうか。

 

キングダム654話ネタバレ最新話の確定速報|玄右が馬介の首をはねる

なんと呉鳳明の腹心であるはずの馬介が、玄右の一太刀で簡単に首を取られてしまいます。

馬介を一刀両断した玄右は、疲れ知らずの余裕の表情。

それを見て什虎王は当然であるかのような態度です。

楚軍は何か戦略を隠しているのでしょうか。

秦軍と楚軍の戦いは、どのように進んでいくのでしょうか。

 

まとめ


ここまで、2020年9月17日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新話654話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

満羽の辛い過去が示唆されており、これから満羽のストーリーも進んでいきそうですね!

今回は史実にない戦いを描いており、我々読者も予測不能で次号が待ちきれません。

即席の同盟がどのように機能していくのか、また什虎王の余裕の表情には意味があるのでしょうか?

次回のキングダムのネタバレが気になる方はコチラ!

>>キングダム655話ネタバレ