キングダム

キングダム652話ネタバレ【劣勢の秦軍が打開する道は同盟しかない?】

キングダム652話ネタバレ最新話確定【劣勢の秦軍が打開する道は同盟しかない?】
Pocket

2020年9月3日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』652話のネタバレ最新話確定情報・考察を紹介していきたいと思います。

楚軍がここまで戦力を投入してくるとは・・・

これでは秦軍としては、かなり厳しい状況になりますよね!

城攻めはおろか勝利すら怪しい状況になってきたので、どのように打開していくのか注目です。

それでは、2020年9月3日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』652話のネタバレ最新話確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

キングダム652話ネタバレの考察


項翼もまた成長していたようですから、かなりの強敵になることは間違いないでしょう。

蒙武をもってしても、数人の将軍を一度に相手にできるほどの実力は無いでしょうね。

昌平君の作戦を信じて開戦したものの、魏軍なしでは負ける可能性は高いです。

楚軍の軍勢は8万でしたが、項翼が参戦したことによって合計11万となりました。

それに対して秦軍はというと、蒙武軍3万に騰軍2万なので合計5万・・・

倍以上も軍勢が違えば、勝利は絶望的でしょう。

唯一、付け込めそうなポイントと言えば、什虎軍は「楚に忠義がない」という点。

戦いを楽しめなくなれば、あっさりと撤退する可能性もありますし、逆に味方になる可能性もあるでしょう。

 

キングダム652話ネタバレの考察|咸陽からの援軍が到着することに?

咸陽からの軍勢が動く可能性が高いと思います。

というのも、鄴にいる李信たちの軍については、現在趙の兵力が多いことが要因で趙の都である邯鄲に進軍できません。

その為、李信たちのいる鄴に向けて、魏と対峙している前線からも兵力を送るという作戦を実行しています。

ということで、これ以上は対魏の前線から兵力を援軍として動かすのはリスクが大きすぎます。

魏との同盟が上手くいけば状況も変わってきますが、現時点では組むとまだ答えていない中であり、李信たち鄴の軍勢の身動きは取れません。

これらの事から、消去法で考えると咸陽の軍が一番動かしやすいのではないか?ということ。

またタイミングとしては呂不韋も死亡しているということで、咸陽はある程度手薄にしても問題無さそうです、

 

キングダム652話ネタバレの考察|昌平君の裏切り?同盟はどうなるの?

上記の考察が当たったとして、咸陽からの軍勢を昌平君が率いる場合は、かなりきな臭いです。

その時は、昌平君はこの後で秦軍を裏切る可能性が非常に高いでしょうね。

逆に、咸陽の軍も動かず、昌平君も動かなければ、裏切りについては一旦保留といったところでしょうか?

ただ、昌平君が考案した魏は趙と同盟については微妙な感じですね。

しかしながら、蒙毅によると「魏軍がここに参戦して来ないと什虎は取れない」と言っており、厳しい戦況のようです。

ここで考えられる同盟を結ばなかった魏の動きとしては、秦と同盟を組むのではなく、趙と同盟を結んで鄴を攻めるというパターン。

しかし、鄴についてはあの王翦ですら攻め落とせないと言わしめた名城。

秦軍が占領して時間が経過しているので、すでに鄴に多くの兵糧を運び込んでいるでしょう。

ということは、同盟を結んで戦いを挑んで包囲できたとして、それでも長期戦を覚悟しなければなりません。

この同盟に関しても難しい部分が多いです。

というのも、趙としては鄴は元々の自分達の領土。

なんで、取り戻したいとは思っているでしょうが、魏と同盟を結んで鄴を落とせたとしても分割される可能性が高いことから、あまり望まないでしょう。

そうなってくると、やはり従来通りに昌平君の説得によって、魏が同盟を結ぶのか?

昌平君が魏を直接説得に成功するためには、確実に勝利できるというプランが必要。

一番手っ取り早いのは、昌平君が魏の呉鳳明の前で、什虎城を攻め落とすための戦略を見せるということ。

この什虎城を攻め落とせる見通しを見て可能性が高いと感じた時、その時はじめて魏は什虎城を攻めるために軍を送ることになるでしょうね。

 

キングダム652話ネタバレの考察|魏国の参戦はかなり後になるのか・・・

魏国としては、秦軍から提案されたこの同盟について最初反対をしていました。

それは呉鳳明が明言していたので間違いないです。

しかし、什虎を取れるという確率が高いのであれば、間違いなく動き出すことになるでしょう。

ただ、問題は遅すぎると負けるということ。

魏国が援軍として合流するのがいつになるのかは一番重要なポイントでしょうね。

ただでさえ、楚が11万に対して、秦は5万なのである意味時間の問題となります。

この戦いだけでなく、攻城戦も控えていおり、そういうトータルで考えれば、最低でも同規模の軍勢がなければ成功しないでしょう。

魏国が援軍を送るとしても、秦軍よりも多く派兵される可能性は低いと思います。

規模としては3~5万程度になるでしょう。

普通に楚と戦っては厳しいので、数で劣る状態の秦がどのように戦っていくのかが注目です。

 

キングダム652話ネタバレの考察|項翼と白麗が活躍してキーマンになる?

合流した騰の強さを見せつけるように、最初は無双状態になると思います。

白麗と項翼が本格的に参戦することによって、そこから秦国の苦戦が始まるのではないでしょうかね?

その中でも、満羽と千斗雲は明らかにレベルが違うので、かなり激戦になりそうです。

また、軍師と思われる寿胡王については、冷静な判断と表情を変えない様子から、かなり頭がキレる人だと思いますね。

この中で一番注目なのは、間違いなく項翼と白麗。

この2人からすれば、函谷関のリベンジマッチになりますので気合は十分でしょう。

前回同様に一筋縄で敗れる可能性も低いので、2人の活躍が大きなカギになりそうです。

楚軍において代表的な若手の将軍であるのは間違いないので、趙との戦でカイネと傅抵が多く登場したように、躍動するかもしれません。

今後の展開の為に、各国の若手の強さを見せるという意味合いもありそう。

ここで項翼と白麗が騰と蒙武の予想を上回る働きをしても不思議ではないので、戦況にどのような影響を与えるのか注目です。

項翼がぶつかるのは蒙武になる可能性が高いようですが、函谷関編において恨みが一番強いのはむしろ騰なので、この戦いも熱い一戦になりそうですね。

姉上を未亡人にした騰に白麗が文字通り一矢報いる可能性もなくはないですが、流石に騰に勝てるまでの実力は今のところ無さそうですね・・・

そして、項翼は項燕との関係が気になるのでそろそろ教えて欲しいと思います!

もし親子という関係なら、これからの展開においてかなり最重要要素になるのは間違いないです。

この戦乱なので難しいでしょうが・・・

 

キングダム652話ネタバレの考察|蒙武を包囲する作戦にしなかった理由は?

これだけ有利な状態おかれていた寿胡王ですが、なぜ一気に蒙武を包囲するような作戦にしなかったのか非常に気になります。

見た感じでは決してバカではないでしょう。

頭がキレるタイプの設定でしょうから、なんらかの意図があるのは明白でしょう。

考えられるとしたら、楚に忠誠心があまりないので、戦いの内容や戦況が不利になったときには秦に寝返る選択肢も残しておこうと考えているのかもしれません。

この寿胡王以外の3人の将軍は確かに実力者ですが戦バカですから、どちらに付こうと楽しく戦いが出来るならどこでも良いのでしょうね。

案外、簡単に寝返ることもOKするんじゃないでしょうか?

また、それ以外の作戦を考えると、河が多い楚にしかできない作戦を考えている可能性も合えいます。

楚には常に敵が来た時に備えてせき止めている河があり、これまでも戦いにおいて重要な役割を果たしてきました。

その河を相図と同時に堰を切ることによって、秦軍を押し流すという力業もあり得ます。

この作戦は実際に白起が楚攻めでやったということで、可能性はありそうです。

 

キングダム652話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

蒙武の3万にと録嗚未の2万で計5万の秦軍に対し楚軍は元から什虎城にいた8万に加えて項翼と白麗の3万が加わり11万。

質はともかく兵力差は倍以上。

ここで騰軍が援軍に来た、と思っていたら楚軍にも援軍が。

項翼と白麗という武将、なんとなく覚えている。

たしか趙と楚の合従軍の時だったかな。

まぁきっとピンチの時に魏軍が来るのだろう。

これにまで加わってきたら大忙しよ。

両軍ぶつかり合う。

援軍到着、話にあった軍。

しかも本人で、もう一人は録嗚未。

なかなかなメンツ。

残念なことにここでまた軍が到着 なんと項翼くん、将軍になれたんだ。

終生のライバル格である項翼出てくるとなると話が違うな。

単騎だと蒙武くらいしか勝てないぞ。

蒙毅に軍師として父のサポート頑張って欲しいなって思ったけど、他にも続々参戦でやはり実況に落ち着いてしまうかな。

対楚戦、合従軍のラウンド2感あって盛り上がってしまうな。

蒙武&騰の組み合わせがまた好きになってしまうし白麗は美人すぎる。

というか呉鳳明くん来るの?なんだこの欲張りセット。

いっそ蒙恬と王賁も来て欲しい!

と録鳴未、項翼と白麗が出てくるのはワクワク感ありました。

蒙武大人気だな。

什虎城の城主たち、一見弱者かと思いきや、とんでもない変態たちであった・・・これは手強いぞ!

お相手の総大将の満羽はめっちょまともそうな人。

千斗雲が勝手に出撃したのは草。勝手に出撃するのは初犯じゃなくて絶対に常習犯だろ・・・

やっぱ満羽と千斗雲、玄右は強えのかな?寿胡王の戦術はエグいのかい?

主人公いないけど、やっぱり戦いを見たいよね。

楚VS秦、同盟の戦の役者が一気に揃ってきた感じ。

ましてやまだ現れぬ「あの国」の将軍が、のちのち兵不足で困っている攻城戦のタイミングで、兵器持ち込んで参戦間に合いそうな予感・・・

それにしても蒙武の自信満々さは良いんだけどちゃんと自軍の兵を考えて戦ってほしい。

 

キングダム652話ネタバレ


援軍に来た項翼たちに対して、千斗雲はイライラを隠せません・・・

項翼と白麗の3万の兵が援軍としてやってきたことに、蒙毅たちはまさかというような驚いている表情を隠せません。

 

キングダム652話ネタバレ|千斗雲が援軍にまさかの怒り!?

一方、援軍が来てくれたことに対して、普通であれば喜ぶところですが、「援軍なんていらなかったのに~」と千斗雲は不満そうな表情です。

そんな反応をよそに、項翼はやる気満々で鼻息荒く、向けられた敵意は全て謄将軍へのようです。

この3万の援軍が合流したことによって楚軍は、秦軍を数で圧倒的することになりました。

千斗雲は援軍に不満そうで、さらに項翼たちが増えたことによって自分たちが倒す数が減ってしまうことを懸念しているようで、さらにイライラしています(笑)

 

キングダム652話ネタバレ|千斗雲はパワー型の実力者で確定!

千斗雲はイライラをすべて戦いにぶつけ、相手を吹き飛ばしてます!

片手で矛を振り回していますが、秦軍の兵を真っ二つにして空に打ち上げるというパワーを見せつけました。

千斗雲はただの変態で、頭のおかしい人ではなく、かなりのパワープレーヤーで実力者のようです。

また、さらに追い打ちをかける攻撃が続きます!

後方からは、白麗の弓隊が空高く矢を放ち援護射撃を行っていました。

放たれた矢は、空の色を変えるほどに大量で、降り注ぐ矢が向かう先には録嗚未隊がいました。

すでに、多くの兵が犠牲になっているようで、被害は甚大です。

 

キングダム652話ネタバレ|数的不利によって秦軍が劣勢に?

援軍に来た項翼は、やはり謄将軍目掛けて一直線に走り出しました。

この項翼の様子を見ていた蒙毅は、項翼と白麗がいるエリアへ兵を送ろうと指示を出しています。

狙われている謄将軍はというと、前しか見ていない項翼たちの横から隙を突く作戦で、回り込むような動きをしますが、それを阻止するように現れた玄右隊によって阻まれてしまいます。

蒙武は相変わらず、どんどん押し寄せる敵兵をバッサバッサと斬り捨てていますが、数で押されている状況がかなり影響しているようで、個人的には押しているようでも決して順調とは言えない様子でした・・・

 

キングダム652話ネタバレ|ついにやってきた魏国の援軍

その頃、什虎城の城壁にいるのは胡寿王。

現在、行われている戦況を高いところから見下ろしながら、優雅にお茶を楽しんでいます。

本当に嫌味な真顔ですよね(笑)

そんな嫌味な顔の胡寿王は「ん?」と何かに気付き振り向きます。

それは、戦場にいる他の将軍たちも気が付いたようで、胡寿王と同じ何かに気付き遠くを見つめます。

確かに遠くから聞こえてくる地響きのような音は、戦場で鳴り響いています。

そこに現れたのは、魏の旗を掲げた大軍でした!

やっと援軍が到着したみたいですね!

魏国の援軍として、呉鳳明がさわやかな笑顔で戦場に現れたのです!

蒙毅たちですら、口をぽかんと開けたまま、目を見開いていました。

本人たちもまさか本当に援軍としてくるとは!といった表情です。

他の将軍もみんなが唖然とした状態。

謄将軍も「来たか!」といった表情を浮かべていました!

援軍に来ていた楚軍の兵たち、その影に驚いて、すでにビビっているようです。

援軍が来ようとも、胡寿王は変わらず高い塀の上から様子を冷静に見て、分析しているようです。

軍勢の配置について考えているようですが、すでに胡寿王も戦いが嬉しくなって興奮しているようで、もはやニヤニヤがこらえられないといった表情(笑)

真顔が嫌味なので、笑顔もおかしな表情ですがドアップです。

胡寿王と同じように千斗雲も、援軍が来たことに嬉しさを隠しきれずにいました。

プルプルと震えながら、今すぐ鼻血を出しそうな顔で喜んでいます(笑)

本当に変態ですね!

秦軍本部では、みんなで拳を握りしめ援軍が来たことに対して、嬉しさを爆発させていました!

蒙毅もまた一緒に喜んでいた!

背後からどんどん迫る、呉鳳明は自らがあいさつをするため向かってきたようです。

そして、正式に魏軍として共闘することを伝えると、また自ら戦場へと赴いて行くのでした・・・

 

まとめ


ここまで、2020年9月3日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』最新話652話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

秦軍にも増援が来たので、勝てるような展開になってきたと思います!

同盟が上手く機能すると、圧倒していくことでしょうね。

千斗雲が強そうなので、勝利に繋がるポイントになりそうな人物だと思います。