キングダム

キングダム668話ネタバレ【羌瘣と羌礼の一騎討ち!羌礼がついに識との祭について語る】

キングダム668話ネタバレ【羌瘣と羌礼の一騎討ち!羌礼がついに識との祭について語る】
Pocket

2021年1月28日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム668話ネタバレ【羌瘣と羌礼の一騎討ち!羌礼がついに識との祭について語る】を紹介していきますよ。

この3日間で羌瘣はかなり回復したようなので、羌礼との対決でも互角以上に戦えることでしょう。

羌瘣は素手で戦っていますから、羌礼を圧倒するような力を見せる可能性すらあります。

また、羌瘣の回想シーンも多かったので、いよいよ戦いの中で祭について明かされるかもしれません!

それでは、2021年1月28日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画キングダム668話ネタバレ【羌瘣と羌礼の一騎討ち!羌礼がついに識との祭について語る】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

キングダム668話ネタバレの考察


キングダム668話以降の展開について考察していこうと思います!

 

キングダム668話ネタバレの考察|祭通過によって羌礼の巫舞は強くなっている?

羌礼が幽連すらも見せなかった、祭を通過した蚩尤が使う巫舞をみせてくれる可能も高いと思います。

しかし、現在のところは羌礼も巫舞を見せてはいませんので、あくまで考察のお話です。

これまで趙兵を蹂躙した時には、「トーンタンタン」と言っていました。

そして、それに付け加えて「つってな」と言っており実際には集中していませんでしたよね。

この時点では羌礼は巫舞を使っていませんでしたが、羌瘣との戦いの中でいよいよ見られそうな気がしています。

羌礼が羌瘣に対して、初めて巫舞を見せる展開もあり得そうですよね。

さらに、羌礼が祭を通過したことが明らかになれば、間違いなく巫舞そのものもについても大幅に強化されているのは間違いないです。

果たして、これだけ強くなった羌礼に羌瘣が対抗できるのか?

全盛期の羌瘣ならともかく、禁術の副作用によって命はおろか多くの術を失っており、使える術も力を弱まっているので不安です。

 

キングダム668話ネタバレの考察|羌瘣が完全復活する?

羌瘣が羌礼を闇から救うのはほぼ間違いないでしょう。

羌瘣の完全回復があるのかによって、戦いの内容も変化するので気になるところ。

寿命という点においては間違いなく減ってしまいました。

ただ戦の中で発揮できる羌瘣の力がどれだけ回復しているのか?が気になります。

どれほどの力を使えるのかによって、飛信隊の戦力にも大きく影響することでしょう。

呼び戻しの術というような特殊な禁術については、もう使えなくなると思います。

しかし、剣術を含めた武力に関しては元か元以上になる可能性も十分に考えられますよね。

禁術によってすべての力が落ちるとは言われていませんから、武力としての力は一種の将軍としての力が備わったとしても不思議ではありません。

これまでの活躍を見ていると、どちらかと言えば龐煖よりの強さを持っていたよに感じます。

その一端を今回の羌礼戦で見せてくれるのを楽しみにしていこうと思います!

 

キングダム668話ネタバレの考察|祭での出来事が明らかに?

「祭」で羌礼が羌識を亡き者にしたという可能性については、まだ考察の域を出ません。

しかし、かなりの確率でこの考察は当たっているでしょう。

その祭についても、明らかになるかもしれませんね!

恐らく状況としては、羌礼と羌識の2人だけが最後まで生き残ってしまったというパターンかもしれませんね。

他の誰かにどちらかが殺されていれば、最終的に直接対決による殺し合いが無かったかもしれません。

ただ、悲しいことに羌族のこの2人は祭に参加した人の中でもレベルが違ったので、2人は殺し合わなければならなかったということでしょう。

 

キングダム668話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

キングダム668話ネタバレ


キングダム668話の内容が判明しましたのでこちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

キングダム668話ネタバレ|互角の戦いを繰り広げる羌瘣と羌礼

羌礼は祭を乗り越えたものでありながら、巫舞を使い羌瘣へ襲いかかります。

以前、幽連は祭をくぐったが故に巫舞を使わずとも同等の深さまで潜れると言っていましたが、羌礼もそれができるはずですが、巫舞を使うほど羌瘣への殺意の高さが伺えます。

羌瘣と羌礼の戦いはほぼ互角に過ぎて行きます。

ここで羌瘣のポジションが羌礼の下になり、羌瘣は下から羌礼に一撃を加えようとします。

しかし突然、地面から強烈な突き上げが起こります!!

これは羌礼の霞の術。

前話の回想シーンで、幼い頃の識が礼のために教えて欲しいと頼んでいた技。

羌礼はそれをしっかりと学んでいたのでした。

しかし羌礼は、識の方が上手く使えたと語ります。

それはつまり、術の使い手が識であったなら、羌瘣は間違いなく死んでいたということでした。

 

キングダム668話ネタバレ|蘇る羌礼の記憶

確かに識は天才だった、と認める羌瘣。

しかし羌瘣もまだまだ実力を残しています。

羌瘣は羌礼にもっと深く潜るようにわざと挑発をし、それに乗っかった羌礼は怒りを増幅させて羌瘣に再度斬りかかります。

そんな中、羌瘣との戦いで羌礼は徐々に祭での出来事を思い出してきていました。

当時の彼女は、一番深いところで巫舞を使っていたものの、識こそが蚩尤にふさわしいと考えていたのです。

ぽつぽつと祭のことを話し出す羌礼に、羌瘣も言葉をかけます。

識の死を「裏切り」と言う羌礼。

象姉と羌瘣のような画策はあったのか、と羌瘣は問いかけますが、真実は違っていました。

 

キングダム668話ネタバレ|羌礼が祭を語る

礼と識は、祭のなかでそれぞれ正々堂々と戦うと決めていました。

識は礼に「祭では躊躇なくあなたの首を飛ばせる」「生き残るのは私」だと宣言。

礼も覚悟の上で祭に臨むことを識に伝えます。

そしていよいよ祭の当日。

巫舞を使っての戦いは壮絶なものとなりました。

礼がふと気付くと、目の前には祭で死んでいったものたちの遺体が山のように広がっています。

自分が最後の一人になったのか、と思ったのも束の間、礼の背後には識が生き残っていました。

そしていよいよ礼と識との戦いとなります。

礼が話しかける隙も与えず、識は礼に向かって斬りかかります!!

しかし、結果は礼の勝利。

識は礼に斬りかかる際に一瞬の躊躇いを見せ、そしてその迷いの隙に礼は自身の剣で識を貫いたのでした。

首を飛ばせると断言した識の言葉は「裏切り」だったと、羌礼は語るのでした。

 

まとめ


ここまで、2021年1月28日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム668話ネタバレ【羌瘣と羌礼の一騎討ち!羌礼がついに識との祭について語る】をご紹介しましたがいかがでしたか?

羌礼がついに識との祭について語ってくれました。

羌礼は正々堂々と戦う覚悟を決めていたのに、識がそれを「裏切った」ことで羌礼の心に深い闇ができてしまっていたのですね。

羌礼が背追い込み過ぎているようで、見ているこちらも苦しくなるストーリーでした。

以上、キングダム668話ネタバレ【羌瘣と羌礼の一騎討ち!羌礼がついに識との祭について語る】でした!