キングダム

キングダム飛信隊の初期メンバー階級・組織図をまとめてみた!

キングダム飛信隊の初期メンバー階級・組織図をまとめてみた!
Pocket

キングダム飛信隊の初期メンバー階級・組織図をまとめてみた!を紹介していきます。

これまで幾重もの激闘を見せてきた飛信隊ですが、皆さんは初期メンバーが誰なのか知っているでしょうか?

時々、信に意見するキャラクターが誰なのか謎に思っていた方も多いことでしょう。

もちろん、隊長の信はもちろんですが、他のメンバーについてはあまり知らないという方も多いと思います。

ここで古参メンバーを知っておくと、より今後のキングダムを楽しめると思いますよ!

それでは、キングダム飛信隊の初期メンバー階級・組織図をまとめてみた!を見ていきましょう。

 

キングダム飛信隊の初期メンバー階級・組織図を紹介


それでは飛信隊の初期メンバーについて紹介していきます。

 

キングダム飛信隊メンバー|隊長・信 (李信)


飛信隊の隊長を務めており、言わずもがな主人公です。

生い立ちとしては、城戸村にて戦争で親を亡くし、下僕として働いていました。

そんな中、漂という同世代の少年と出会ったことがきっかけで、大将軍を目指すようになります。

その漂と幼少期から剣の特訓を行った結果、一般の大人では相手にならない程の腕前に成長します。

その後に秦国の王である嬴政に見いだされ、小さな土地と家を手に入れたことから、いよいよ武将として一歩を踏み出しています。

初の出世は、蛇甘平原の戦いでした。

初陣にも関わらず、いきなり百人将に昇格します。

現在まで五千人将まで成長しています!

 

キングダム飛信隊メンバー軍師・河了貂


飛信隊の軍師を務る河了貂。

女性というハンデキャップを感じさせず、昌平君の元で兵法を学んで、現在では欠かせない飛信隊の軍師となりました。

軍師になったきっかけは、信と一緒に幸せになりたいという乙女みたいな動機から。

特に初めて本格的に指揮することになった朱海平原の戦いでは、右翼の軍師を務め見事に事実上の勝利をつかみ取り、名声を高めています。

大将軍を目指す信にとっての最重要人物でしょう。

 

キングダム飛信隊メンバー副長・羌瘣


羌瘣は飛信隊で副長という立場となっています。

副隊長という位置付けですが、実は独自の軍を率いており、その兵力は三千人。

とうことで、飛信隊は信の五千人将と合わせて、八千人の兵力を有しています。

普通に羌瘣が独立しても良さそうですが、羌瘣自身の発言では「脱退はありえない」と言っていましたね。

特徴は何と言っても、優れた剣術と頭のキレの良さ。

戦場では敵を切り刻みまくり、ピンチに陥った信を何度も救っています。

 

キングダム飛信隊メンバー副長・渕


最初は王宮からの連絡係だった渕。

それが、いつしか飛信隊の副長まで務めることになったという変わり種。

信と共に修行を乗り越えたこともあって信との絆は強く、信が不在時には殿を務めるほど。

特に活躍したのは黒羊丘の戦い。

激流を渡る大役を完遂したのは凄かったですね!

古参の渕は、飛信隊にとって最も信頼できる存在だと言えるでしょう。

 

キングダム飛信隊メンバー副長・楚水


最初は郭備という千人将の隊の副長でした。

その郭備が輪虎によって討たれたことがきっかけで、現在は飛信隊の副長となりました。

準備もほぼ無しで挑んだ山陽の戦いでは、あえて複雑な兵法を使用するのではなく、単純な作戦によって敵を圧倒する強さも見せています。

普通に基本的な戦術も優れており、加えて武勇も備えていますね。

飛信隊の貴重な戦力と言えるでしょう。

 

キングダム飛信隊メンバー我呂


我呂といえば、口が悪く、いつも態度が悪いです(笑)

しかしながら、冷静に分析する目があり核心を突いた質問をすることも。

普段の態度は悪いですが、いざ戦場に出てしまえば信や羌瘣の厳しい作戦に対しても、暴言を吐きながら死力を尽くして戦い、完遂する力があります。

朱海平原の戦いにおいては、羌瘣に楔という大役を託され、我呂本人は「無茶苦茶だ!」と言いながらもしっかり役割を果たしていましたね!

飛信隊の中でも、信に自分の意見をしっかり言えて、YESマンではないので貴重な存在。

もちろん、戦力的にも文句なしの我呂はこれからも中心で活躍してもらいたいですね。

 

キングダム飛信隊メンバー副歩兵長・松左 (死亡)


飛信隊の副歩兵長を務めていた松左。

将軍として駆け出しの信に「コラ!」と頭を叩き叱っていましたね!

戦がない時は力を蓄える時期だと、信を落ち着かせていました。

朱海平原の戦いでは、得意の槍術によって大きな戦果を挙げます。

しかし、河了貂の作戦に背き、絶体絶命のピンチに陥っていた新人の隊の元へ駆けつけて、救い出すことに成功しますが、自身は重傷を負て瀕死の状態になってしまいます。

なんとか最悪な状況を切り抜けたものの、最後は駆けつけた信の胸の中で死んでしまいました。

飛信隊の中でも、特に周りが見える人であり、冷静に戦局を見極めることが出来る大局観もありました。

さらには精神的支柱ともなっていた松左の損失はかなりの痛手です。

 

キングダム飛信隊メンバー歩兵長・崇原


巧みな剣術一本で、飛信隊で歩兵長まで出世。

その崇原直属の兵達も相当な剣術オタク。

その修行の甲斐あって、次々に敵を切り刻んで活躍していきます。

歩兵長としてのプライドも高く、以前に我呂が歩兵は亀と言い放った時には、率先してケンカを買いに行くような気の強さもあります。

この後も、持ち前のメンタルの強さと剣術によって、戦局を優位に進めてくれることでしょうね!

 

キングダム飛信隊メンバー魯延


馬陽の戦いにて起死回生の進言をしたことも記憶に新しい魯延。

これだけでなく、玉鳳隊にバカにされた後に、死体に紛れて敵をやり過ごし、背後から敵を討つという作戦を授けたのもこの魯延でした。

これまで経験したことを信に伝えながら、飛信隊を勝利に貢献してきました。

しかし、山陽戦後に引退しています。

 

キングダム飛信隊メンバー田有


飛信隊結成当初から、怪力の持ち主として有名でした。

特に相手が固めた防陣を突破するときには、かなり頼りになります。

合従軍戦の時には、一時李牧の側近である傅抵にかなりのダメージを負わされますが、信に倒されかかった傅抵を吹っ飛ばしています(笑)

彼は当初から信のことをリスペクトしており、騎兵殿と呼んだりしてかなり陶酔しています。

その忠誠心の高さは一番と言っても過言ではなく、今後も身を挺して信を守ってくれることでしょう。

 

キングダム飛信隊メンバー田永


勝ち気で、口が悪く、すぐ怒りがち。

しかしながら、その実力については本物。

いつも強気でハイテンションな田永に釣られる形で、飛信隊全体も燃え上がって士気を高めていますね!

 

キングダム飛信隊メンバー尾平


飛信隊のムードメーカーといえば尾平。

絶対的地位を築いています。

酒癖が悪いのか、酔っぱらった時には信の恥ずかしい同じ話を何回も披露しています。

 

キングダム飛信隊メンバー尾到 (死亡)


尾平の兄であり、全く真逆の寡黙で男気のある尾到。

信の兄貴分的な存在として、大きな影響力がありました。

しかしながら、馬陽の龐煖戦で負傷した信を避難させた後、尾到は死んでしまいました・・・

 

キングダム飛信隊の組織図は?

キングダム飛信隊の初期メンバー階級・組織図をまとめてみた!

出典:https://comic-vision.net

 

まとめ


キングダム飛信隊の初期メンバー階級・組織図をまとめてみた!を紹介してきました。

どのキャラクターも個性があり、愛すべき魅力が多くありますね!

そして、それぞれが個々の役割に誇りを持っていることも感じました。

そんな飛信隊の中心となるのは、信・羌瘣・河了貂の3人でしょうね。

羌瘣に関しては、直属の部下が三千人ということで、それだけで新たな隊が作れる規模ですからね。

また、河了貂も軍師として経験を積んでさらに成長することで、飛信隊はもっと強くなるでしょう。

以上、キングダム飛信隊の初期メンバー階級・組織図をまとめてみた!でした。