僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ298話ネタバレ【オールフォーワンが死柄木を完成させ叶えたい願いとは?】

ヒロアカ298話ネタバレ【オールフォーワンが死柄木を完成させ叶えたい願いとは?】
Pocket

2021年1月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ヒロアカ298話ネタバレ【オールフォーワンが死柄木を完成させ叶えたい願いとは?】を紹介していきますよ。

死柄木たちとの戦いがひと段落したかと思うと、そのままタルタロスを襲うという暴挙に!

またしても新たな火種ができてしまいましたが、これだけの凶悪犯を放たれるとヒーローとしても厳しい状況です・・・

それでは、2021年1月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ヒロアカ298話ネタバレ【オールフォーワンが死柄木を完成させ叶えたい願いとは?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ヒロアカ298話ネタバレの考察


ヒロアカ298話以降の展開について考察していきます。

 

ヒロアカ298話ネタバレの考察|オールフォーワンVS死柄木

かなり混沌とした展開になっていますが、最も恐ろしいのが以下のオールフォーワンの存在ではないでしょうか?

オールフォーワンといえば、オールマイトが最後の力を振りしぼってなんとか勝利を勝ち取った因縁の相手で、現状としては最強のキャラクターです。

そんな恐ろしいオールフォーワンが、戦いで負った傷についてもかなり回復しているようですし、さらに凶悪な仲間を増やして世に放たれるというのは、ヒーローたちにとっても絶望以外の何モノでもないですよね・・・

ただ、忘れてはならないのが、死柄木とオールフォーワンも対立しているということ。

もしかすると、力を手にした死柄木がオールフォーワンに挑むという展開も期待できるのではないでしょうか?

これまでもオールフォーワンの存在については、死柄木が自由になるうえでかなり面倒くさい存在でもあることは間違いないです。

そのことを踏まえると、今この場で死柄木vsオールフォーワンの決戦が発動するパターンもあり得そうですよね!

タルタロス襲撃からヒーローたちのと戦いではなく、その前に死柄木とオールフォーワンとの衝突があるかもしれませんよ!

 

ヒロアカ298話ネタバレの考察|轟兄弟の母・冷が思うこととは?

以前、荼毘がテレビの放送でエンデヴァーの過去を暴露した時に登場した、轟冷。

彼女はエンデヴァーの妻であり、また轟兄弟の母でもあります。

彼女が入院しているのは、実は過去の出来事が原因でした。

彼女は実はエンデヴァーと無理やり結婚させられていたのです。

その理由は「自分たち二人の個性を併せ持った子供が欲しい」というものでした。

そう言った意図から、うまく個性がハイブリッドされた燈矢と焦凍は、エンデヴァーがしつけることになり、彼女の手から取り上げられてしまったのです。

二人の子供が自分から離されたこと、そしてその後燈矢が行方不明になったこと、更にはエンデヴァーに似ている焦凍に熱湯をかけて火傷させたことで、精神を病んでいることがわかり入院させられていたのでした。

現在は病状も落ち着き、息子たちに向き合えるようになっていた轟冷でしたが、そんな時にテレビの中に現れた荼毘こと燈矢の存在が再度、彼女の心を狂わせてしまうこともあり得ます。

自分の息子が、ヴィランとなり30人以上もの人を殺している・・・。

そしてその原因は夫であるエンデヴァーへの憎しみからだったということを知った彼女の心境は・・・?

 

ヒロアカ298話ネタバレの考察|グラントリノの怪我の状態は?

先先代のワンフォーオール継承者・志村菜奈のかつてのバディだったグラントリノ。

グラントリノが死柄木に攻撃し地面に叩きつけますが、死柄木は身体をうまく動かしグラントリノの左足を握り潰します。

更にはグラントリノの腹目掛けて大きな一撃を浴びせ、グラントリノは間違いなく戦闘不能状態であることが考えられます。

志村菜奈とバディを組んでいたことから、グラントリノも年老いているでしょう。

果たしてグラントリノは左足を失うほどの怪我を乗り越えることができるのでしょうか?

また、乗り越えたとしても、ヒーローとしてもう一度復帰することはできるのでしょうか。

実は、グラントリノと志村菜奈の間にできた子ども「弧太郎」は死柄木の父親であり、グラントリノは死柄木の実の祖父ということになります。

死柄木がオールフォーワンの継承者となってしまったことに、グラントリノは罪悪感を抱いていたようです。

彼らが「家族」として和解できる日は来るのでしょうか。

 

ヒロアカ298話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

ヒロアカ298話ネタバレ


ヒロアカ298話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

ヒロアカ298話ネタバレ|リデストロが蒔いた種とは?

298話は過去の出来事を振り返るシーンからスタート。

元異能解放軍のメンバーとトゥワイスらヴィランズが会議を行っていますが、その雰囲気は険悪なものでした。

更に遡って、過去にエンデヴァーが蛇腔病院に乗り込もうとした時、デトネラット社本部では超常解放戦線にいるはずのリデストロが公安と戦闘を繰り広げていました。

その理由は、超常解放戦線のまとめ役とデトネラット社の社長という二つの大役を任されていたリデストロの身体にかかる負担が大きいため、トゥワイスに依頼しもう一人のリデストロを生み出してもらっていたからでした。

デトネラット社にいる偽物のリデストロは、突入してきた公安に「既に種は蒔かれた」と言い残して消滅していったのでした。

 

ヒロアカ298話ネタバレ|死柄木の完成によって願いが叶う

その頃、タルタロスでは脱獄したオールフォーワンと死柄木は、スピナーや荼毘の元に戻ります。

オールフォーワンの目的は、タルタロスから囚人たちを脱獄させることで死柄木から目を逸らせることでした。

依然として死柄木の中にいるオールフォーワンがこれからの展望を語りますが、その口ぶりを不審に思ったスピナーは「お前は誰だ」「死柄木でないとついていかない」と言います。

「死柄木の思いは尊重するさ」と話したオールフォーワン。

彼は犯罪者たちによって世間が混乱している隙に、死柄木を「完成」させ、オールフォーワンと死柄木の願いが叶うと笑ったのです。

 

ヒロアカ298話ネタバレ|多くを失ったヒーローたち

ヴィランズとの戦いが終わり、満身創痍で眠っていた爆豪が病院で目を覚ましました。

相変わらず憎まれ口を叩く爆豪でしたが、エンデヴァーやデクの安否も気にかかります。

横では、生き残ったイレイザーヘッドも休んでいましたが右足を失い、更にその横ではミッドナイトの死をプレゼントマイクが悲しんでいました。

エンデヴァーの病室には、荼毘との関係を問い詰めようと大勢のマスコミが駆けつけていました。

当のエンデヴァーの意識はまだ戻らず、付き添いの轟焦凍は燈矢を倒さなければならないと誓います。

そしてオールマイトに付き添われているデクも、やはりまだ目を覚まさないのでした。

 

まとめ


ここまで、2021年1月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ヒロアカ298話ネタバレ【オールフォーワンが死柄木を完成させ叶えたい願いとは?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

確実に力を蓄えているヴィランズたちと、多くの犠牲を出したヒーローたち。

今後ヒーローたちはどのようにヴィランズに立ち向かっていくのかが気になります。

デクのさらなる成長に期待したいですね!!!

以上、ヒロアカ298話ネタバレ【オールフォーワンが死柄木を完成させ叶えたい願いとは?】でした!