僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ287話ネタバレ【デクと死柄木の戦いは決着!トガの謎のセリフの意味は?】

ヒロアカ 287
Pocket

2020年10月12日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話287話のネタバレ確定・考察を紹介していきますよ。

万事休すかというタイミングで現れた志村菜奈には驚きましたね!

しかも、私たちと言っていたことから、さらなる増援が来ることを示唆していました。

この後の戦いでは、先代のワンフォーオールが登場する可能性も非常に高まっているので、目が離せない展開が続きそうです。

それでは、2020年10月12日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話287話のネタバレ確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ヒロアカ287話ネタバレの考察


爆豪は死柄木の攻撃をもろに受けたたことから、ブチ切れしてもっと盛り上がりを見せると思って期待していました。

しかしながら、爆豪はというとデクの感情を暴走させるだけで、その引き金の役割のみでしたね。

ただ、この感情の暴走によって新たなステージへと戦いが移っていくことになります。

もう少しデクと爆豪で、この戦いが引っ張るような可能性があったのですが、一気に佳境まで駆け足できたのでテンポはいいですよね!

 

ヒロアカ287話ネタバレの考察|爆豪の個性は無くなったの?

特に爆豪の個性については、一体どうなったのかとても気になりますね。

爆豪と言えばこれまで、オールマイトに憧れており、そんな少年がここで個性を失うということは、目標を見失うということ。

死柄木に関しても、オールフォーワンの力を借りる・借りないで葛藤していることから、個性を奪う余裕はないと信じたいです。

それはデクも同じことで、先代によって力を借りる・借りないの瀬戸際にいますよね。

この後の展開として、爆豪は忘れ去られ、死柄木の身体を借りたオールフォーワンと、デクの身体を借りた志村菜奈ら先代たちによる「代理戦争」に発展するかもしれません。

間違いなく現時点でも過去最大級の戦いになっているのは、間違いないでしょう。

この戦いがどう収束するのかが興味深いですね。

 

ヒロアカ287話ネタバレの考察|爆豪は生きている?回復させることが出来るか!?

死柄木の攻撃で意識を失う爆豪ですが、まだ死んでいるかどうかは分かりませんよね。

個人的にも好きな爆豪ですので、ここではあえて意識を失うということにしときます!

死柄木の攻撃を受けた爆豪は、なんとか意思をもって落下しているように見えました。

爆豪は口が悪くて熱いキャラクターというイメージが強いです。

しかし、戦闘の中ではデクと死柄木の戦況分析だけでなく、エンデヴァーたちへの援護の指示といったように、以外にも冷静な判断力があったと思います。

今回の攻撃によって爆豪が負った傷は、肩とお腹の2か所。

デクは自分の身がどうなろうと戦っており、他人に庇ってもらい助かるという胸アツの展開になりそうな予感がしています。

また、「ライジング」についてですが、あれは爆豪がデクを認めての成長ということなのでしょうか?

それか、このダメージによって昇天、つまり死んだことを意味しているのか・・・

ともかく、爆豪が生きているのか早く続きを見たくて仕方ありません。

それを轟が片手で掴んで受け止めるという超人技!

描写の中では、爆豪の姿がデクのように消えかかっていないということから、個性は無事という可能性が高いと思います。

しかし、死柄木の攻撃はデクめがけて飛ばされた攻撃であり、確実に個性を奪う気だったのは間違いないでしょう。

個性が残っている場合、なんとか生きていればどうにかなりそうです。

ヒーロー勢に治癒系の個性を持った人が居ないのか気になりますね。

 

ヒロアカ287話ネタバレの考察|先代同士の戦いに発展するって本当?

デクがいる世界は、恐らくワンフォーオールという個性の中の世界なのではないでしょうか?

ワンフォーオールやオールフォーワンに限らず、個性が継承されていく中で、先代継承者の魂は受け継がれていきますよね。

今回の戦いにおいては、オールフォーワンを倒す戦いではありましたが、実際には逆に個性を奪われる寸前のところまで追い込まれていました。

しかし、他と同じような個性ではないので、奪うにしても同じようにはいかないのでしょう。

それが原因で現実とは違う架空世界に来たと考えられます。

実際オールフォーワンは、この世界ではなんでもあり。

しかしながら、生きているデク以外の先代しか戦うことが出来ないというパターンもありえそうですね・・・

 

ヒロアカ287話ネタバレの考察|デクと死柄木の戦いは混戦になる?

爆豪のことでデクは怒りの頂点を超えて、正常の判断ができないような感じでした。

しかし、死柄木もまた苦しんでいるようですから、この戦いは混戦になりそうな気がしています。

まだかろうじてデクの力は、取られていないです。

しかし、この世界の中で戦うことのできないデクはいつ個性を奪われてもおかしくない状況ですよね。

どうやって助けるのでしょうか?

そもそも、現在のデクがいるこの世界はどこなのでしょうか?ということですが、上記の考察でも紹介してきた通り、先代たちがいるということは、ワン・フォー・オールの中という可能性が高いと思われます。

なぜデクが動けない状態なのかは分からず・・・

敵は目の前ですから、いつ奪われてもおかしくない状態ということで、この後の展開が非常に気になります。

志村菜奈のように先々代も登場したことから、戦うことのできないデクを実現する社会に戻すような力が働きそう。

そんなことは可能なのでしょうか?

仮にデクが戻れたとしても、過酷な試練が待ち構えていることには変わりはないでしょうね。

 

ヒロアカ287話ネタバレの考察|ギガントマキアはどこへいった?

ヒーローたちががんばって足止めしようとしているギガントマキア。

デクと死柄木の事ばかり気にしていて、完全に忘れていました(笑)

しかし、お茶子のシーンがあったことから、かなり近づいていそうです・・・

見た感じでは、残念ながら作戦は上手く機能していないようで、睡眠薬は今のところ効かずにどんどん進軍を許しているという状況になっています。

ギガントマキアが大きいことから、その分薬が効くのが遅いのか?という可能性も捨てきれません。

もしかすると、改造手術を施した時に薬を無効化するような個性が追加されたというパターンなのか・・・それはちょっと反則ですがね。

とりあえず、お茶子の暗い表情から察するに、ギガントマキアとの苦戦にも良い兆しは見えていなさそうです。

しかしながら、ギガントマキアと対峙しているお茶子の個性は相性がピッタリだと思います。

ですので、これまで効いていなかったと思われた睡眠薬の効果が発揮され始めると、かなり有利な展開になると思います。

薬が効いてきて、ふらつくギガントマキアをお茶子が触れて無重力にしてしまうという可能性も高いでしょう。

そうなれば残ったヒーローたちの戦力でも、十分にギガントマキアを止めることは可能でしょう。

 

ヒロアカ287話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

ヒロアカではデクが死柄木に触られ呪術廻戦では野薔薇が真人に触られ・・・

なにジャンプでは触られたら即死系の能力流行ってるの?

かっちゃん怪我してデク暴走!ってなるかと思いきや大丈夫だったな。

いや触られたから大丈夫じゃ済まないんだろうけど。

意識の中で七代目が止めてくれるみたいだけどどうやってよ・・・すげー続き気になる

かっちゃん負傷にキレて覚醒ってヒロインだよなあ

そんで覚醒したらヴェノムみたいになってるしと今週楽しかったw

しかし死柄木これじゃピエロだよなあ哀れ

いや可哀そうとか思われて良い人じゃないけど、なんとかできるんだろうか

なんとなくできなさそうな気がする

ヒーローアカデミアが面白すぎて、ほぼ毎日見て3期み始めたけど・・・

もうハラハラしすぎて、でも考えさせられる

洸太君が言ってたことそうだよなぁって思った

潰しあってもなんも解決しないもんね

最後の着地点がすごい気になる

それにしてもよくこんなストーリー考えだすなぁ

自分過去考察が現実になりそうで怖い・・・

ワンフォアオール継承者は名前に継承順番が入ってる

五人目⇨大ゴ郎、七人目⇨志村なな、八人目⇨八木俊則(オールマイト)、九人目⇨緑谷出ク

死柄木本名がテンコだから、死柄木にワンフォアオール奪われる

デクも死柄木も限界状況で、双方さらにとんでもないことになってきましたね!

かっちゃんの頑張りを否定する死柄木・・・ではなくAFOに対して「取り消せ」と怒りで力を爆発させるデクが危ういながらもカッコいい

いやただね、ジャンプで「取り消せ」は違う意味を連想しちゃうんだよねw

ここは挑発に乗って攻めてもいい局面なんだけどさ

毎週言ってる気がしますが、これで本当に最終章じゃないのか気になってさまいます。

そして、これも毎週言ってますが、マジでマキアどうするんですか⁉︎

 

ヒロアカ287話ネタバレ


僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)287話最新話の内容が判明しましたので以下に追記いたします!

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

ヒロアカ287話ネタバレ|意識の世界で抗う死柄木

デクたちが訪れた不思議な場所は、どうやら意識の世界のようです。

死柄木のそばには、彼の中に潜んでいたオールフォーワンが、デクの側には志村菜奈がいます。

オールフォーワンは志村菜奈を「お前の哀れで無能な祖母だ」と見下し、それを聞いた死柄木は、全てを拒否しようと全力を出します。

志村菜奈はその力を軽く受け流し、オールフォーワンは相変わらず嘲笑っています。

死柄木はオールフォーワンすらも拒絶しますが、そんな時、後ろから初代ワンフォーオールでオールフォーワンの弟が現れたのです!

 

ヒロアカ287話ネタバレ|デクが立ち上がる

オールフォーワンの弟に「一緒になろう」と声をかけるオールフォーワン。

しかしワンフォーオールはそれを拒否し、「この子の中にいると決めたんだ」とこれからもデクのそばにいると告げます。

それを聞いて「出来損ないに力が渡ったのが間違いだ」と、ワンフォーオールを奪おうとするオールフォーワン。

そんな時、デクが動きます。

他人のために頑張り、力を振るうことができるデクは、ワンフォーオールを受け継ぐために立ち向かうのです。

ここでデクと死柄木は、現実の世界に戻るのでした。

 

ヒロアカ287話ネタバレ|空中戦が終わる!ギガの怪しいセリフ

現実の世界に戻ったデクのワンフォーオールは、奪われることはありませんでした。

オールフォーワンが定着せず力を発揮することができなかった死柄木の身体はボロボロで、オールフォーワンが逃げろと言い聞かせても動くことができませんでした。

そのまま動かないでいてほしいと願いながら、空中戦をしていたデクが落ちていきます。

そしてシーンはギガントマキアに移ります。

止まらないギガントマキアを前にヒーローたちはなす術なく次々と倒れていく、荼毘はそんな場面を見て笑います。

何かを考えている様子のトガを気にして、トゥワイスが「雄英生を探しているのか?」と声をかけます。

彼は、デクと茶子に何かの答えを探している・・・と答えますが、「その答えによっては・・・大丈夫です」と意味深なセリフを残しました。

 

まとめ


ここまで、2020年10月12日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話287話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

ついにデクと死柄木の戦いがひと段落ついたと言っていいのではないでしょうか。

思いがけず意識の世界に飛んでしまった彼らですが、彼らの中のオールフォーワン、ワンフォーオールを自分のものにできたかどうかが今回の決着のポイントだった気がします。

シーンは敵連合に移り、今後はギガントマキアたちの対処をしなければならなそうですね・・・。

まだまだ安心できない状況が続きますが、次回のヒロアカも楽しみにしていましょう!