僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ297話ネタバレ最新話確定【オールフォーワンが脱獄!死柄木と共に動き出す】

ヒロアカ297話ネタバレ最新話確定【オールフォーワンが脱獄!死柄木と共に動き出す】
Pocket

2021年1月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ヒロアカ297話ネタバレ最新話確定【オールフォーワンが脱獄!死柄木と共に動き出す】を紹介していきますよ。

全面戦争の傷跡は想像以上に悲惨なものでした・・・

犠牲になったヒーローも多かったですが、特にミッドナイトを失ったのはかなりの損失ではないでしょうか?

果たして、残された葦戸たちはどのような選択をするのでしょうか。

それでは、2021年1月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ヒロアカ297話ネタバレ最新話確定【オールフォーワンが脱獄!死柄木と共に動き出す】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ヒロアカ297話ネタバレ最新話の考察


オールフォーワンは自分と死柄木の体の両方を支配するような感じです・・・

そして、この世界を変えることになるかもしれません!

更なる地獄にならない為にも、ヒーローたちに作戦はあるのでしょうか?

 

ヒロアカ297話ネタバレ最新話の考察|逃れた死柄木の次なる狙い

黒霧あたりは脱獄しそうな感じがしています・・・

元々死柄木のサポートとして動いていて、さらに「ワープゲート」という超有用な「個性」を持っていますからね!

黒霧をそのまま放置しておかないでしょう。

とはいえ、イレイザーヘッドの言葉によって正常じゃない今なら、白雲の自我が現れてオールフォーワンに抵抗の意志を見せたりするかもしれませんね。

また、マスキュラー、ムーンフィッシュ、オーバーホールといった、他のヴィランがこの後再登場して、合流するかもしれないですね。

それぞれ強いですから、彼らの個性についてもオールフォーワンの強奪の対象になり得るかもしれません!

 

ヒロアカ297話ネタバレ最新話の考察|オールフォーワンが死柄木の体を乗っ取る?

なぜオールフォーワンは、死柄木の中に存在し続けているのか気になる所ですよね。

その謎を解き明かすポイントとしては、以前にオールフォーワン自身が放った言葉に隠されていると思われます。

「臓器・・・細胞に記憶が宿っていると言われるように「個性」因子には意識・・・まさしく個性(その人)そのものが宿る事があるらしい」と言っていました。

どういうことかというと、オールフォーワンから受け継いだ力の「オリジナル」には、オールフォーワン自身が宿っていて、その意識というのは死柄木にも多少は影響しているというもの。

また、オールフォーワンは「どうやら僕は、個性に直接干渉する力のおかげでその意識に触れられる特別な人間だったみたいでね」と続けています。

これまで過去のオール・フォー・ワンの場合、個性の持ち主の意識に干渉ができたのは、自身の個性によるものだったというのです。

オールフォーワンは最後に「その個性は今、死柄木に譲渡された。ここまで言えば分かるだろう。」と言いました。

簡単に事の顛末をまとめると、死柄木がオールフォーワンから個性を受け取ることになったのは、全てはオールフォーワンによる策略だったということ。

なので、受け継いだとしても、結局死柄木はオールフォーワンの手のひらの上で転がされていると言えるのです。

オールフォーワンは、これまでオールマイトとの2度に渡る激戦によって、身体は激しく損傷し、回復するのは難しい状態でした。

そこで、その身体から新たな身体へ転生することこそが、今後もオールフォーワンとして戦う為に描き上げた、最高のシナリオだったのではないでしょうか?

これまで志賀丸太についても過去には、死柄木のことをマスターピースと呼んでいたことがありましたが、まさに言葉通りになったのです。

死柄木はオールフォーワンの「器」として最高傑作と言えるもので、死柄木自身の意思とは関係なく動くのかもしれない・・・

 

ヒロアカ297話ネタバレ最新話の考察|死柄木たちの逃げた先は?

ここで気になるのが、死柄木の逃亡先の場所です。

死柄木の意志を乗っ取ったオールフォーワンは、スピナーとともにニアハイエンドの背中に乗って逃亡。

そのスピードはあまりにも早く、ヒーローたちですら追いつくことができませんでした。

この後、死柄木やスピナー、そしてマフラーに隠された荼毘たちはどこに向かったのでしょうか。

候補に挙げるとすれば、リデストロが持っている隠れ家などでしょうか?

とはいえ、リデストロはすでに捕らえられており、その行く末が気になります。

 

ヒロアカ297話ネタバレ最新話の考察|ツイッターの感想・予想

 

ヒロアカ297話ネタバレ最新話の確定速報


ヒロアカ297話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

ヒロアカ297話ネタバレ最新話の確定速報|拘置所・タルタロス

297話の舞台は、「タルタロス」と呼ばれる拘置所になります。

この拘置所は「対個性最高警備特殊拘置所」と呼ばれており、凶悪事件を起こしたものたちや、危険性が高い者たちをその危険度によって六つの階層に収容できるようになっています。

その危険性からか、本土から5キロ離されたところに建てられたこの拘置所。

門番としてブリアレオスとギュゲスというヤギの頭の形をした兄弟がいましたが、そのうちの兄であるブリアレオスは脳無の急襲により死亡。

拘置所に設置された機械式の銃が脳無を食い止めようとしますが、脳無たちは銃を確実に破壊していきます。

ギュゲスも攻撃により倒れますが、なんとかセキュリティレッドを発令し、警報を出すように管制塔に指示を送りました。

そして脳無の中から現れたのは、オールフォーワンに意識を乗っ取られた死柄木。

彼は手をかざし、個性「崩壊」を使おうとしています。

 

ヒロアカ297話ネタバレ最新話の確定速報|死柄木がオールフォーワンの前に登場

タルタロスの一番深い層であるB10では、職員たちが本土で起きた戦いについて話をしています。

彼らによると、どうやらギガントマキアがここに収容される予定となっているようです。

ここに収容される者たちを「獣」と呼んだことで、同僚に窘められる職員。

しかし「獣」たちは、人の社会に紛れた「ナニカ」だと職員は言います。

その時セキュリティレッドが発令され、あたりは緊迫感に包まれます。

階層ごとに閉鎖され、職員たちは迫りくる危機に備えますが、時すでに遅し、脳無と共に死柄木が登場。

オールフォーワンが収容されている部屋の前にたどり着いてしまいます。

 

ヒロアカ297話ネタバレ最新話の確定速報|オールフォーワンが脱獄

死柄木の意識がここで戻ります。

オールフォーワンに乗っ取られ、拘置所に連れてこられたことを責めますが、オールフォーワンは意に介しません。

「駒にはならない」と死柄木は言いますが、オールフォーワンは死柄木のことを「次の僕」と呼び、完全に従えるつもりの様子。

死柄木の身体を使って、オールフォーワンがついに脱獄に成功。

監視塔が崩れていきます。

この騒ぎの隙に、囚人たちが次々と脱獄を図り、暴動を起こしています。

その囚人の中には、マスキュラーやムーンフィッシュの姿も。

拘置所が炎に包まれる中、オールフォーワンと死柄木は向かい合います。

「これは僕が最高の魔王になるまでの物語だ」

いよいよ彼らが動き出します。

 

まとめ


ここまで、2021年1月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ヒロアカ297話ネタバレ最新話確定【オールフォーワンが脱獄!死柄木と共に動き出す】をご紹介しましたがいかがでしたか?

オールフォーワンが脱獄したことで、最悪の展開を迎えようとしている気がします。

オールフォーワンが死柄木を僕にしようとしているようですが、死柄木も簡単には従わないでしょう。

ヒーローたちとの戦いだけではなく、オールフォーワンと死柄木との関係にも注目したいですね。

以上、ヒロアカ297話ネタバレ最新話確定【オールフォーワンが脱獄!死柄木と共に動き出す】でした。