僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ286話ネタバレ【死柄木の中からオールフォーワンが!志村菜奈も登場】

ヒロアカ286話ネタバレ最新話確定【死柄木の中からオールフォーワンが!志村菜奈も登場】
Pocket

2020年10月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話286話のネタバレ確定・考察を紹介していきますよ。

デクは死柄木との戦いにおいて、すべてをかけるような感じで、本当に心配ですね・・・

デクを心配する爆豪の気持ちも痛いほどよくわかります!

とはいえ、死柄木を止めなくてはいけないのは変わらないですので、どのように戦うのか注目しています。

それでは、2020年10月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話286話のネタバレ確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ヒロアカ286話ネタバレの考察


これまで、爆豪には様々な過去があったみたいです・・・

それらの清算なのか償いなのか分からないですが、爆豪がデクを心配する気持ちの大きさが引き続きひしひしと伝わりました。

爆豪の思いが大きすぎたので、デクとワンフォーオールへの気持ちが抑えられなくなった結果として、爆豪が飛び出すような行動に駆り立てたのでしょうね。

仲間思いで、強い絆を感じられるので感動的ではあるものの、爆豪がかなり危険な状態に陥るので、どうなってしまうのか心配ですね。

もし倒されるようなことがあれば、絶望的な展開。

そして死柄木が黒鞭のようなものを使っていましたが、それは一体どういうことが起こっているのか気になります。

考えられるのは、デクの個性が奪われてしまったということ・・・

個人的にはそれしかないかと思っいますが、そうなれば黒鞭によって貫かれた爆豪の個性もなくなる可能性が高いでしょう。

この流れでは、完全にヒーロー側がやられてしまいそうな展開ですが、起死回生のチャンスはあるのでしょうか?

 

ヒロアカ286話ネタバレの考察|デクがオールマイトを越える?

前回に引き続き、爆豪がどれだけデクのことを思っているのか、気持ちの大きさがわかりましたよね!

これまでデクの強さに関しては、オールマイトよりも下というイメージでした。

まさか、オールマイトより強いはずがないと思っていましたが、この戦いっぷりを見ているとすでにオールマイトを越えてかなり強くなっていたのかもしれませんね!

すでに死柄木は黒鞭を奪ったと考えるのが妥当ですので、これから益々デクにかかる負担は増えると思っています。

なので、オールマイトより強いと思われるデクの戦い方次第で、爆豪の個性もここで奪われてしまうのか?が決まってくるでしょうね。

 

ヒロアカ286話ネタバレの考察|死柄木にあのモンスターが味方することに?

もはやデクとしては、自らを犠牲にして死柄木を止める覚悟をしており、無謀な戦い方をしないか非常に心配ですよね。

オールフォーワンの個性を最大限の出力で発揮した攻撃を繰り出していましたが、そのダメージは死柄木がどのくらい受けているのか?

死柄木のダメージの度合いによっては、これまで使ってきた浮遊の個性を使い続ける体力が無くなるということも考えられます。

そうなると、戦い続けるのも難しくなってしまうのではないでしょうか?

個人的にはあの死柄木がここで簡単い敗れるという展開は、何か違うような気もしますね。

ここであのモンスター「ギガントマキア」が忘れた頃に到着することになりそうです。

そして、死柄木の援護に回ることになり、これまで以上に苦戦するパターンもあり得そうですね。

ギガントマキアが到着するということは、荼毘が到着するということですから、エンデヴァー・焦凍・荼毘が揃い、ついに謎が明かされるかもしれませんね!

 

ヒロアカ286話ネタバレの考察|爆豪がついに生命の危機に瀕する

死柄木の攻撃よって、個性を奪われるということは、もうこの戦いからは外れてしまうことを意味していますね。

しかし、戦いから退場する前に、命が大丈夫なのかが気になりますよね。

デクがひたすら死柄木を倒すためにぶつかり続けていたことで、なんとか抑え込んでいた感じでした。

ただ、そこにエンデヴァーの割り込みによって一瞬止まって隙が生まれました。

その結果として、目の前で爆豪がやられるという最悪な展開に・・・

デクとしては、怒りによって勢いを増すよりも、普通にメンタル面がやられてしまうような気がしますよね・・・

デクの攻撃だけで死柄木を倒し切ることは実質不可能であり、反撃する余地すら残されていないように見えます。

 

ヒロアカ286話ネタバレの考察|死柄木に崩壊の伝播が広がる

爆豪は死柄木の反撃からデクを守る為に、身を挺して守っているような感じでした。

気になったのは、その時にひび割れしていたということです。

少しの描写だったことから、判断今のところつかないですが、これが崩壊の伝播だとしたらヤバイ状況になりますよね。

これまでの崩壊の伝播というものは、地面や建造物を伝って襲ってくるというものでした。

ですので、今回のように空間から押し寄せてくるものでは無いので崩壊の伝播えはないはず、このヒビはきっと別の何かだと思われます。

死柄木の新たな個性によって、空間からも崩壊の伝播が押し寄せてくるとしたら・・・

そうなると、爆豪の命がかなり危険であることは間違いなく、ここで漫画から退場という可能性すら出てきます。

すでに爆豪の腹と肩を死柄木の攻撃が貫通してるので、相当やばい状況なのは間違いないと思いすがね。

考えるより先に身体が勝手に動いていた爆豪については、これまで暴言を吐くことが多かったので、ヒーローとしての資質を疑っていましたが、ここにきてヒーローとしての性格を垣間見ることが出来ました!

 

ヒロアカ286話ネタバレの考察|オールフォーワンはわざと捕らわれた!?

現在オールフォーワンはタルタロスに居るのは間違いなく、個性が使える状況にありません。

そんな状況下にありながら、オールフォーワンは全く落ち込んだ様子がありません。

もはや永遠にここから出る望みがなく、あとは死刑を待つというだけの身でありながら、ここまで楽しそうなのは裏があるに違いないです。

そうなると、オールフォーワンがわざと捕まったという可能性も浮上します。

元々は死柄木を自立させる為にオールフォーワンがヴィラン連合を作りましたが、その目的はオールマイトと戦うように仕立て上げる為でしょう。

また、死柄木が蛇腔病院で目覚めた時、オールフォーワンの声が頭の中に響いたという描写がありました。

これは幻聴なんかではなく、本当にオールフォーワンの声だった可能性が高いです。

最終的にオールフォーワンが目論んでいるのは、現在の年老いた肉体を捨てて新しい肉体に乗り換えることだと考察しています。

オールフォーワンの意識だけが死柄木の肉体を乗っ取った場合、タルタロスでオールフォーワンの古い肉体が処刑されたとしても、死柄木の体に乗り移っているので生きているということになりますよね。

 

ヒロアカ286話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

エンデヴァーも同じ黒いエフェクトに貫かれているのでなんとも言い難いところですが、刺されてからある程度の時間が必要だったり、本人の奪うという意志が必要ならば、OFAのデクに放ったソレは奪う気満々なはず。

これは次回が気になるなあ・・・。

かっちゃん・・・話が違うじゃないか。

デクは根っこ部分で自分を勘定に入れてないって言ってたじゃないか。

それが不気味だって言ってたじゃないか。

なのになんでこんなことするんだよ・・・

僕ヒロアカ初期の頃、爆豪勝己あんまり好きじゃなかったが、仮免試験後のデクとの喧嘩以降から爆豪勝己たまらんくないか?ってなってきて先週今週で爆豪勝己しか勝たん!ってなってる。

かっちゃんが冷静に分析してると思った次コマ、あの場で知ってる者だからこそかも知れないけど、デク君を昔から知っていたからこそかも知れないけど、巨悪力から目人を助けたかっちゃん・・・ヤバい涙が止まらない

かっちゃんもだけどエンデヴァーも重症

デクは恐らく腕がもうほとんど使い物にならない(これは一生じゃないか?)

相澤先生もやばい・・・満足に戦えそうなのが轟のみなのにヴィラン連合向かってる、本当にどう決着つけるのか (エリちゃん&ルミリオン登場なら私は嬉しいけど)

昔かっちゃんがこんなにもデクことを気にかけてくれるなんて思ってもなかった。

いじめるのはよくないことだしそれは本人が一番理解してる

贖罪も含まれてるのはその通りじゃないかな?自分は今爆轟が好きです。

自分素直になってるところとか。

 

ヒロアカ286話ネタバレ


ヒロアカ286話最新話の内容が判明しましたので追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!

 

ヒロアカ286話ネタバレ|デクが怒りを死柄木にぶつける!

オールフォーワンの力に取り込まれてしまった死柄木の一撃を、爆豪が身を挺してデクを庇います。

「一人で勝とうとするな」という言葉を残し爆豪は気絶、そしてエンデヴァーも戦うことができず、落下。

そんな二人を轟がキャッチし、デクを見守ります。

デクは、幼なじみの爆轟が自分の身代わりとなってしまったことに動揺。

死柄木の「今の血が最も無駄な血だった」という言葉に激しい怒りを覚え、ついに我を忘れるデク。

涙が溢れて止まらない中、我が身をワンフォーオールに委ね、「取り消せ!!」と死柄木へ飛びかかっていきます!!

その時、死柄木の顔が割れ、中からオールフォーワンが・・・!?

 

ヒロアカ286話ネタバレ|死柄木の中のオールフォーワン

死柄木の大きく割れた顔の中には、なんと収容所にいるはずのオールフォーワンが。

その表情は笑みを浮かべ、言葉にならないような恐ろしさ。

思いがけないことに、思わずデクが攻撃を止めたところ、しかしその隙をついて、死柄木の左手がデクの顔を包みます。

その死柄木の笑みは、死柄木の意識や身体を乗っ取ったオールフォーワンのものでしょうか・・・。

 

ヒロアカ286話ネタバレ|止まらないギガントマキア

その頃、ギガントマキアは更に侵攻し、全く動きは止まる気配はありません。

ヘリコプターがギガントマキアの様子を伝えながら、逃げ惑う人々に避難するように言います。

ギガントマキアは、その時主の匂いが二つあることに気付きます。

ここで蛇腔市のシーンに。

ヒーロー、1年A組の面々は、市民を救助隊に任せ、ギガントマキアを止めるため向かいます。

お茶子はこの一連の事態、そしてそれぞれ闘うヒーローたちのことを思うと、不安が止まらないのでした。

 

ヒロアカ286話ネタバレ|七代目・志村菜奈の目的は!?

死柄木の中のオールフォーワンが、デクのワンフォーオールを奪おうと「貰うよ。ワンフォーオー・・・」と口にしたその時、思いがけない出来事が起きます。

黒い靄の中に広がる荒野のような、現実とは違うような空間、デクは一瞬でそこに立たされていました。

目の前にはオールフォーワンに抵抗する死柄木もいます。

すると突然、背後からデクの頭に手を置く人物が。

なんとそれは死柄木の実の祖母であり、ワンフォーオール七代目の志村菜奈だったのです。

「まだこの世界では動けないから、私たちがなんとかする」

一体、志村菜奈はどのような目的でやってきたのでしょうか。

 

まとめ


ここまで、2020年10月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話286話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

爆豪とエンデヴァーが戦闘不能になり、デクが危機に陥るかと思ったら、なんと不思議な世界で志村菜奈が登場!

死柄木はオールフォーワンに抵抗しているということなので、もしかしたら志村菜奈が死柄木のオールフォーワンをどうにかするのかもしれませんね!

またギガントマキアも止まらず、不安が広がる一方ですね・・・。

ヒロアカ286話ネタバレ最新話確定【死柄木の中からオールフォーワンが!志村菜奈も登場】でした。