僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ285話ネタバレ【死柄木が反撃開始!爆豪がデクの身代わりに】

ヒロアカ285話ネタバレ最新話確定【死柄木が反撃開始!爆豪がデクの身代わりに】
Pocket

2020年9月28日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話285話のネタバレ確定・考察を紹介していきますよ。

デクの強さがどんどん加速していくような展開で、読んでいて非常に楽しいですね!

死柄木との戦いはかなり苦戦すると思われましたが、案外互角以上に戦えているので、この後どのように決着するのか楽しみですね。

それでは、2020年9月28日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話285話のネタバレ確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ヒロアカ285話ネタバレの考察


死柄木が身体強化した時はかなりヤバイと思いました。

しかし、それ以上にデクの超パワーと全開ワンフォーオールは強いと思います。

オールマイトの一撃と同じ個性だということは、オールフォーワンを仕留めた時に使った、オールマイトのユナイテッド・ステイツ・オブ・スマッシュ。

それは残り火によるものだったとは驚きでしたね。

そんな中で、デクの一撃はその攻撃を上回るダメージがあると言えます!

ダメージの大小は多少変わると思いますが、死柄木に対して与えたダメージはかなり蓄積しているのは確実。

このままデクが畳み掛けるような攻撃に転じるのか?

 

ヒロアカ285話ネタバレの考察|ギガントマキアの存在はどこへ?

デクは個性である浮遊によって、勝負に出ましたね!

消去法でこのような戦いになりましたが、死柄木を地上に降ろしたらそこで終了です。

爆豪は「お前が一番近づいちゃいけねぇんだぞ!」と叫ぶものの、誰が死柄木を空に留めておけるのか?と超冷静なデク(笑)

その言葉を聞いたエンデヴァーは不甲斐ないと自分を責め、爆豪もまたデクを信じることしかできませんでした。

デクもある程度手ごたえを感じているみたいですね!

明らかに死柄木の傷の回復が遅くなっているのは感じていたのです。

ワン・フォー・オールの能力というのは、オール・フォー・ワンを倒す為の能力と言っても過言ではなく、デクが残った右腕で死柄木に渾身の一撃を炸裂させてヒットしましたが、かなり致命傷になりそうな描写でした!

このタイマン勝負であれば、何とかこのまま決着しそうな雰囲気です。

個人的に一番気になっているのは、何と言ってもギガントマキアの存在でしょう。

死柄木との戦いが決着するのが先なのか?

それともギガントマキアの存在によって混戦状態になるのか?と気になります!

 

ヒロアカ285話ネタバレの考察|デクの攻撃と死柄木の再生能力の勝負?

爆豪の気持ちとしては、ワン・フォー・オールのことを知ったあたりから、ずっと小さな時からずっとデクのことを考えていたようですね!

そして、死柄木と戦っているデクはまたもや無理をしようとしています。

普通にこれまでの感じから考えても、死柄木がこのままやられるとは考えられないでしょう。

すでにデクの左腕については、壊れてしまっておりダメージは確実に受けています。

死柄木を倒す為に、すべての攻撃を100%の力で繰り出すとなると体が持たないでしょう。

上記でも紹介した通り、死柄木の再生速度が遅れているとはいえ、全く再生しないということにはなりませんからね。

もちろん、時間が掛かるとこの他にギガントマキア、ヴィラン連合、脳無が到着することになります。

そうなると、仮に他のヒーローが応援してくれたとしても、デクが死柄木に集中するのは難しいですよね。

やはり死柄木を早く倒せるかがポイントなので、どうすれば早く倒すことが出来るのか。

 

ヒロアカ285話ネタバレの考察|ついにギガントマキアが到着!最悪の展開になる?

デクの自分が犠牲になっても良いという、自己犠牲の気持ちは強いようです。

ただ、ここでデクがやられてしまえば、今まで以上に犠牲者が増えるのは間違いありません。

だからこそ爆豪が、無理とは分かっていても叫んだのでしょうね。

デクは後先考えないで、死柄木を倒すまで100%の力を発揮し続けると思います。

その前に倒すことが出来ればよいですが、その前にデクが潰れるというパターンもあり得ます。

また、ギガントマキアや他のヴィランが到着してしまった、それこそ一番の最悪!

ただでさえ、死柄木を倒せるキャラクターについてはデクしかいないのに、そのデクが満足に戦えなくなります。

となると、デクの新しい力が解放されるとかの成長が必要になりますね。

デクがどんどん強くなっていくのに比例して、爆豪やエンデヴァーも強化されるような期待もあります。

 

ヒロアカ285話ネタバレの考察|雄英高校に潜むスパイが判明する?

オールマイトが言っていた「力を求めるのは悪い人だけじゃない」という言葉は意味深ですよね・・・

もしかすると、爆豪は感が良いのでその言葉の真意について気が付いていると思いますね!

普通に読んでいても、何で歴代継承者達は誰一人として政府機関と協力することを選択しなかったのか・・・

やはりデクとしては「ワンフォーオールはオールフォーワンを倒す為受け継がれた力」ということをちゃんと意識していたのでしょう。

この力を持ちながら政府機関と協力すると、オールフォーワンを倒すこと以外の目的に使われるのは目に見えていますからね。

そして、今後の戦いを進めるうえで、気になる存在が雄英高校に居る「内通者」です。

これまでの感じを見ていると、政府機関と繋がりのあるスパイが、ギガントマキアや死柄木たちに情報を横流ししている感がありますよね!

ではオールマイトと戦わせることによって、どのようなメリットが生まれるのか?

もしこの戦いにおいてオールマイトが弱れば、ワンフォーオールの力を誰かに「譲渡」するという展開もあり得るでしょう。

そのワンチャンスを生かして、自分のものにするという可能性ですね。

しかしながら、このような理由になると「身内を人質に取られている」、「もっと強力な新しい個性を狙っている」というような理由に関しては完全にリセットされてしまいます!

とにかく政府機関と繋がっている以上は、国家の平和と安全の為に行動していると考えるのが普通でしょう。

そうなると、誰でもスパイに成り得てしまいますので特定するのが難しいですね。

 

ヒロアカ285話ネタバレの考察|政府機関は味方ではない?死柄木側につく可能性も

仮定の話ですが、4代目がかなりしつこく政府機関から「ワンフォーオールの力をこちら側に譲渡しろ」と言われていたとしたら・・・

となると、政府の人間についても全て正義とは限りませんし、味方ではない可能性もあります。

4代目が自分を追い回す役人達の目の前で、自ら命を絶って見せた理由なのかもしれません。

それにより5代目にワンフォーオールへ力を譲渡したのでしょう。

このような事態になったことで、政府関係者もワンフォーオールの力について一度は諦めたと思います。

それでも、オールマイトは謎の個性によって、これまで華々しく活躍しています。

オールフォーワンとの激闘について知れることも時間の問題だと思うので、知った段階で政府関係者はかなり慎重に動くことでしょう。

そんな時に浮上するのが、やはり上記でも紹介したスパイを使うという可能性です。

その上でオールマイトが言った「分かってないんだ・・・分かってない事を断言はできない」という言葉の真意が明らかになります。

簡単に言うと、政府機関がワンフォーオールの力を欲しがっている可能性は高いけど、確たる証拠がないということでしょうね。

やはり前回と同じ轍を踏まないように、慎重に動いているのでしょう・・・

 

ヒロアカ285話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

デクvs.死柄木、熱い…!!

オール・フォー・ワンの個性を持って最強になった死柄木だけど、空中戦だと意外と優位に戦えてるね。

決死の覚悟で「ワン・フォー・オールの全てを出し切れ!!!」痺れた。

やっぱり理屈の壁を想いで限界突破するかのような展開は王道で滾る。

デクと死柄木空中決戦でまさかのキャラ過去回想。

フォロー先TLでかっちゃんイジメ問題が取り上げられてたらしく、奇しくもグッドタイミングだったな。

なお自分はみみっちいクソ煮込みかつ魅力的なのがかっちゃんだと思うよ。

しかしこれ死亡フラグじゃないよね?

ようやく爆豪本音が出てきた。

デクを虐めてしまった理由…というか以前から薄々感じてたけど「おかしい」爆豪よりデクほうだよね

ある種狂気を孕むデク爆豪が畏怖していた、と それでも心配してるんだから、やっぱ彼はいい奴だ

もし、いじめられっ子デクくんが、オールマイトより先にオールフォーワンと、出会ってしまっていたら・・・

授かった力でを散々バカにしてきた、かっちゃんを見返そうと闇堕ちしてしまうのではないか?

そして、回想シーンお茶子ちゃん髪型可愛い!

爆豪は捕まらずにデクにタッチしたら勝っちゃんという説明で笑います。

恐らくは野球漫画タッチネタだろう というかこコマ、出久がアフロだからって喋ってる吹き出しもアフロな

デクヒロイズムはエゴか否か、それは作中でも評価が分かれてる部分だからファン間でも分かれるのは当然なんだけど、「デクをエゴと呼んでる奴は爆豪やヴィランに肩入れしすぎ!」みたいな意見は正直ウッとなるな…。

ヒロアカデクが一番好きだけど彼本質はエゴ(とも言える)と思ってるので

 

ヒロアカ285話ネタバレ


ヒロアカ285話最新話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます!

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!

 

ヒロアカ285話ネタバレ|デクが死柄木へ連続攻撃

デクの腕は、あと2、3発で使えなくなる。

そんなことは構わず、デクは死柄木にワイオミングスマッシュを浴びせ続けます。

死柄木は超再生を使いながら、なんとかデクの攻撃を凌ぎますが、しかしデクの攻撃の手は止まりません。

ワイオミングスマッシュのほか、デトロイトスマッシュやセントルイススマッシュなども駆使しダメージを与え続けます。

死柄木は「俺を止めても自分も死ぬぞ!?」とデクに言いますが、デクは「そのための力だ」と、自分はどうなっても周りを救いたいという気持ちが表れています。

そしてついにテキサススマッシュを食わらせます。

 

ヒロアカ285話ネタバレ|爆豪の考え

しかし爆豪は、このままでは死柄木を倒すことはできないと感じていました。

デクの腕はじきに使えなくなる。

そしてデクがたとえ100%の力を出し続けても、死柄木の超再生の力で完全に倒し切ることはできないのです。

そして最後にはデクが力尽きるだろうと、爆豪は考えていたのでした。

エンデヴァーたちは爆豪の考えを聞いて、なんとかしようと立ち上がります。

エンデヴァーたちが加勢するまで、「ワンフォーオールが呪われた力であっても頑張ってくれ」とデクに祈るのでした。

 

ヒロアカ285話ネタバレ|エンデヴァーの作戦

エンデヴァーは、全力で死柄木に攻撃し続けるデクを見て、「黒鞭が伸びきった瞬間にデクを死柄木から離せ」と爆豪と轟に指示。

それを聞いて二人は、エンデヴァーの言葉に従い、黒鞭が伸びきったところでデクを引っ張ります。

デクは戸惑い、その間にエンデヴァーが死柄木のもとに飛び込みます。

驚く死柄木に、エンデヴァーが一度限りのプロミネンスバーンを食らわせました。

 

ヒロアカ285話ネタバレ|爆豪がデクの身代わりに

死柄木の中にいるオールフォーワンの声が「身体を貸せ」と響きます。

その声を受けて、なんと死柄木から鋭利なムチのようなものが飛び出し、エンデヴァーを突き刺したのです。

更にその鞭はデクに向かってきます!!

とっさのことで反応できないデク。

デクがやられたかに思えたその時、爆豪の身体が思わず動き、デクを突き飛ばしました。

そして鞭は爆豪の身体を貫いたのです・・・。

 

まとめ


ここまで、2020年9月28日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話285話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

デクと死柄木の戦いは更に激化。

死柄木からの新たな鞭の攻撃も加わり、爆豪が身代わりに・・・。

やはり死柄木もこのままでは終わりませんでしたね。

デクの腕ももう少しで動かなくなりそうですし、再度死柄木が有利に進むのでしょうか?

今後の二人の戦いの推移が気になりますね!!

ヒロアカ285話ネタバレ最新話確定【死柄木が反撃開始!爆豪がデクの身代わりに】でした。