僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ295話ネタバレ【オールフォーワンに乗っ取られた死柄木がスピナーや荼毘とともに撤退!】

ヒロアカ295話ネタバレ【オールフォーワンに乗っ取られた死柄木がスピナーや荼毘とともに撤退!】
Pocket

2020年12月21日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ヒロアカ295話ネタバレ【オールフォーワンに乗っ取られた死柄木がスピナーや荼毘とともに撤退!】を紹介していきますよ。

ギガントマキアを止めることができたので、いよいよ他の敵連合に戦力を投入することが出来るようになるでしょう。

死柄木も追い込まれるような展開になりそうですが・・・

そんな時に現れた、Mr.コンプレスが死柄木をどのように逃がすのか?その方法にも注目していきたいと思います。

それでは、2020年12月21日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ヒロアカ295話ネタバレ【オールフォーワンに乗っ取られた死柄木がスピナーや荼毘とともに撤退!】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ヒロアカ295話ネタバレの考察


これまでカゲが薄いと叫んでいたコンプレスの素顔が、明かされましたね!

これまでの荼毘や燈矢といった面々が正体を明かした時の流れに似ているように感じました。

Mr.コンプレスの存在感はかなり大きいので、今後の動きが楽しみです。

とはいえ、素顔を出したりしたこと、さらには世直しを死柄木に託そうとしていることは、かなり嫌な予感を感じさせますよね。

そんなコンプレスの家計はというとドロボウの血筋を引いていますが、ヴィランの率いる組織は歪んだ集団とはいえ、過去をあれこれ詮索するような感じはないので、比較的居心地が良かったのでしょうね。

ジーニストに関してもやはり完治していなかったようで、拘束しながらも鼻血に目からも出血しており、ヤバイ状況・・・

それに、エンデヴァーも気を失っている状態なので、燈矢としてはこれ以上戦いを続ける理由がないと考えるかもしれませんし、死柄木に関しても復活したとして身体的にダメージは深刻です。

それに、ギガントマキアも機能不全ですので、撤退を命令する可能性がありそうです!

 

ヒロアカ295話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

ヒロアカ295話ネタバレ


ヒロアカ295話の内容が判明しましたので、こちらに追記していきます。

ここから先はネタバレになりますので、注意してご覧ください!!

 

ヒロアカ295話ネタバレ|Mr.コンプレスの脱出ショー

前話で荼毘が巻き起こした熱風により意識を失っていたデクが目覚めます。

焦凍が無事だったこと知ると同時に、デクが急な頭痛に襲われます。

これはワンフォーオール四代目が受け継ぐ個性である「危機感知」によるもの。

ですがデクは習得訓練を行なっていなかったため、この個性を使うには身体に負担がかかるようです。

デクは意識が朦朧とし、Mr.コンプレスのことを見ていることしかできません。

Mr.コンプレスがいよいよ「脱出ショー」を繰り広げようとしたその時、ルミリオンがMr.コンプレスを取り押さえようと動きます!!

Mr.コンプレスは身動きを封じられてしまいますが、Mr.コンプレスの「脱出ショー」には特に問題ない様子。

彼の言う脱出ショーとは、圧縮した荼毘をスピナーのマフラーに隠して逃げてもらうこと。

Mr.コンプレスは自身を囮としたのです。

 

ヒロアカ295話ネタバレ|死柄木を乗っ取ったオールフォーワン

スピナーが先に逃げていた死柄木と合流します。

その時、ボロボロになっていた死柄木の服の中に、一本の手があることに気づくスピナー。

「手を体に付けていると安心する」

死柄木が以前そう言っていたのを思い出したスピナーは、戦いで真っ黒になってしまった手を死柄木の顔に添わせます。

その時、死柄木が突如として覚醒!!

周りのものが吹き飛び、圧倒させるようなオーラを出しながら、死柄木は立ち上がり話し始めたのです。

その口ぶりはまさにオールフォーワンのもの。

先ほどスピナーが死柄木の顔に付けた「黒い手」はオールフォーワンのものだったのです!!

死柄木の顔にオールフォーワンの手が触れたことで、死柄木とオールフォーワンの意識が重なり合い、死柄木の意識は完全にオールフォーワンに乗っ取られてしまいました。

死柄木を乗っ取ったオールフォーワンは、電波を飛ばすことで脳無に命令を下します。

 

ヒロアカ295話ネタバレ|死柄木を助けようとするデク

ハイエンドたちは死柄木のもとへ向かおうと一斉に動きます。

そして死柄木とスピナーはハイエンドの背に乗り、撤退。

スピナーは、Mr.コンプレス、ギガントマキア、トガを置いていくことに不満があるようですが、オールフォーワンは死柄木を代償として差し出すと言います。

オールフォーワンは自分の思い通りにことを運ぶために、死柄木の意識を乗っ取ったのでしょう。

ヒーローたちは逃げる死柄木とスピナー、そしてマフラーの中の荼毘を追いますが、スピードが速くなかなか追いつくことができません。

そんな中、デクが動かない身体を無理やり動かし、黒鞭を死柄木に向けて伸ばします!!

オールフォーワンがそんなデクを嘲笑い、「この体が出来上がったらまた会おう」と黒鞭を伸ばしたデクを振り切ります。

デクが死柄木を捕らえようとした理由、それは死柄木が助けを求めているような気がしていたのです。

 

まとめ


ここまで、2020年12月21日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ヒロアカ295話ネタバレ【オールフォーワンに乗っ取られた死柄木がスピナーや荼毘とともに撤退!】をご紹介しましたがいかがでしたか?

Mr.コンプレスの脱出ショーですが、彼が囮になり死柄木たちを逃がすという思ったよりシンプルなものでしたね。

オールフォーワンに乗っ取られてしまった死柄木。

オールフォーワンにあまりにぞんざいに扱われていて、敵とはいえ彼の今後が心配になりますね。

デクの死柄木への思いが伝わるといいなと思います。

以上、ヒロアカ295話ネタバレ【オールフォーワンに乗っ取られた死柄木がスピナーや荼毘とともに撤退!】でした!