僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ283話ネタバレ最新話確定【焦凍が死柄木とギガントマキア攻略に活躍するのか?】

ヒロアカ283話ネタバレ最新話確定【焦凍が死柄木とギガントマキア攻略に活躍するのか?】
Pocket

2020年9月7日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話283話のネタバレ確定・考察を紹介していきますよ。

死柄木の件とギガントマキアの件を同時に処理するのは非常に難しいでしょう。

とはいえ、ギガントマキアの通った後は壊滅的状況で、死柄木もイレイザーヘッドを殺しにかかっており、どちらも止めなければなりません。

それでは、2020年9月7日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話283話のネタバレ確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ヒロアカ283話ネタバレ最新話の考察


緑谷出久とエンデヴァーは、強い相手と戦いながら、これまでの自分の限界をさらに超えようとしています!

エンデヴァーの攻撃によって、死柄木弔がダメージを受けることはあるのか?

エンデヴァーと緑谷出久と爆豪勝己らと死柄木弔の勝負の行方は一体どうなるのでしょうか!?

 

ヒロアカ283話ネタバレ最新話の考察|死柄木の狙いはイレイザーヘッド?

今のところ、死柄木の傍にいるキャラクターはというと、リューキュウ、デク、エンデヴァーです。

そして、死柄木が徹底的に攻撃をしている先にイレイザーヘッドがいました。

このままでいけば、この4人が犠牲になる可能性があると思われます。

すればこの4人のうち誰かが犠牲になるというところでしょうか。

狙いはやはりイレイザーヘッドであることは間違いありません。

これまでも死柄木は「抹消」の個性が欲しいということに言及していました。

そのイレイザーヘッドもかなりヤバイ状況・・・

他のヒーローは回りが見えなくなって、犠牲になってしまうというのは1番避けたい事態。

イレイザーヘッドを失うということは、死柄木は完全に限界を突破し覚醒した様子の死柄木の個性に戻るということを意味しています。

そのようなチート状態になってしまえば、ヒーロー側が対抗する術はほとんど無く、完全に勝ち目がなくなるでしょう。

イレイザーヘッドは足を切り落としたものの、個性消失弾の影響は少なからず受けているでしょう。

ということは、時間が経つことによって個性を消されてしまうのか?

 

ヒロアカ283話ネタバレ最新話の考察|デクが暴走状態で手が付けられない状態に?

死柄木弔の動きを必死に止めているデク。

しかしながら、完全に死柄木弔の方がデクよりも動き早いので、攻撃することが出来まん・・・

あれだけ追い詰めたにも関わらず、ここにきてめちゃくちゃ大ピンチですね!!

グラントリノの敵討ちという意味合いも込めて、怒りを込たデクが放った100%ワイオミングスマッシュが効かなかったのもかなりの衝撃です。

あらに、グラントリノがやられたことによって、デクのメンタルもかなり極限まで来ており、怒りが暴走しそうになっていましたよね。

とりあえずは、なんとか力を振り絞り気持ちをコントロールすることができたデク。

しかし、依然としてイレイザーヘッドが個性消失弾でやられるという可能性は残されていますよね。

デクの力がフルに発揮される時というのは、デクの仲間の誰かが犠牲になったタイミングの可能性が高いです。

そんな展開にはなってほしくないですが、現状の戦況から見るとそうなりそうです。

瀕死状態のイレイザーヘッドがこのままやられた場合、さらなる怒りでデクはおさえきれずに暴走することになるでしょう。

そのような状態になることで、もしかすると新たな個性が目覚めることで、死柄木に対抗できる可能性もありますがね。

 

ヒロアカ283話ネタバレ最新話の考察|個性消失弾はエリちゃんが何とかする?

個性消失弾と言われて連想するのは、エリちゃんではないでしょうか?

過去に利用されて、オーバーホールが造りだしました。

また、かわいいサンタのコスプレ姿のエリちゃんが描かれていたこともありましたよね。

ということから、個性消失弾とエリちゃんの関係は非常に深いもので、エリちゃんがカギになる可能性もあるのです。

個性消失弾によって、イレイザーヘッドの個性が消滅した場合・・・

これまで、イレイザーヘッドがエリちゃんの面倒を見ながら、可愛がっていたことが水の泡になります。

まさか、エリちゃんから作られた弾がイレイザーヘッドの個性を壊すということになるとは。

悲しい展開になる伏線ということも十分にあり得るでしょうね。

逆にこのような状況下で、少なくとも戦況を見ていると思われるエリちゃんがイレイザーヘッドの元へ駆けつけるパターンもあるでしょう。

もしかしたら個性をコントロールできるように目覚めるというパターンも考えられるのではないでしょうか。

現在はオールマイトと一緒に行動しているようですので、オールマイトと一緒に登場しても良いでしょう。

 

ヒロアカ283話ネタバレ最新話の考察|生徒たちの動向によって増援もあり得る

上記で紹介しているエリちゃんに限らず、轟をはじめとする避難誘導組の生徒たちがこの後どのように動くのかも気になります。

デクが別行動をしてから、その後は一切描かれていないのは何か理由があるのでしょうか。

流石に彼らもこの状況に気づいていると思いますがね・・・

その証拠にお茶子や焦凍については、デクの行動を不安がっている描写もありましたからね。

ですので、自分の任務である住民の避難完了した後に駆け付けるという流れもあり得そうです。

かなり先生のピンチが続いている状況ですから、ここで一気に生徒たちが登場ということになれば、感動的な展開になるのは間違いなし。

エンデヴァーについては、嬉しいけど心配したりしそうですよね(笑)

そして、死柄木との戦いにおいて他の生徒たちの成長してパワーアップした姿も描かれると、イレイザーヘッドとしても嬉しいでしょうね。

現在、山荘組は生徒たちが大活躍中なので、こちらでも生徒たちの活躍がみれることを期待しています!

 

ヒロアカ283話ネタバレ最新話の考察|焦凍の加入で死柄木線の流れは変わるのか?

焦凍が現場に到着したことは、かなり勇気づけられました。

焦凍の強さにおいては、特に後方支援で力を発揮するでしょう。

相手の数が多くてもそれに対応できる強いタイプ。

もちろん、個性も強力ですから心強い味方になるでしょう!

焦凍の大氷壁がうまく機能すれば、死柄木を氷漬けにすることも不可能ではないでしょう。

死柄木が倒せないのであれば、凍えて意識を失うまで氷漬けにするのも一つの方法でしょうね。

勝利するためのパターンとして持っておいて良いでしょう。

また、焦凍の強さに関しては、対ギガントマキアになっても発揮されそう。

ギガントマキアとの戦いも、分が悪くない気がしています。

上鳴とか焦凍が持っている個性は、広範囲にその威力を発揮できます。

ということは、ギガントマキアのような巨体にも効果絶大ということになるでしょう!

死柄木よりギガントマキアは、かなりのパワー型ということですが、大氷壁を効果的に使うことで、数発で封じられる可能性もありそうです!

ただ油断できないのは、死柄木とギガントマキアの2人がメインで暴れているこれまでの流れ。

なので、これから先の展開によっては、他のヴィランが不意打ちしてくる面倒な感じになるかもしれません。

そんな展開だと、戦略も変更する必要がもあるのかもしれません。

 

ヒロアカ283話ネタバレ最新話の考察|ツイッターの感想・予想

デクは死柄木を許さない。

死柄木もデクを許さない。

エンデヴァーに出るなと言われてもなお体が勝手に動いたんだと思う。

それだけグラントリノは大切な存在だし。

エンデヴァーも頑張って・・・

でもエリちゃんが標的にされたのはヤバイ。

相澤は足を切断したから最悪は回避したが、それでも死柄木異形型個性馬鹿力があるからなぁ。

どっちが糞ゲーやら。

てか異形型って個性奪えたっけ?

相澤先生ぇーー 顔大丈夫?

轟くんナイス あぁ最悪だ、ギガントマキアとまらんかったんか 雄英生は無事なんですか?

これはヒーロー歴史的敗北になってしまうんでは?

芦戸の一瞬の戸惑いが手を滑らせた。

でもここでレッドライオットこと切島が来てくれたのは熱いし助かった!

本当に危ない危ない。ギガントマキアを相手に切島が上手いこと口の中に入れたので流石。

これで落ち着けばいいけど。

死柄木も結構追い詰められてるな・・・

消失弾は1つはかっちゃんが潰したものの、残る1個がイレイザー脚に被弾。

やられた!と思わせたところで先生覚悟が重さが光る。

壊理ちゃんせいで負けたとは死んでも言わせないとばかりに自ら脚を切除。

本っ当かっこいいぜイレイザーヘッド

ただ、イレイザーヘッドは恐らくこの戦いではここで戦線離脱かな・・・

右脚切断したけど、今後はミルコとお揃いで義足を着ける事になりそう

死柄木の強キャラオーラがヤバいし、ヒーロー側の絶望感もヤバい

死柄木とマキアだけで完封出来そうな勢い・・・

そして、黒鞭の汎用性高い!

黒鞭と併せての100%スマッシュ

黒鞭をそこまで扱えるようになった出久の成長も見れたのは良いけどまた無茶して体を壊すんじゃないか!?という心配もまたあるけど、この戦いはそこまでしなければならない程というのを物語ってますね

欠損祭りじゃねぇかよ・・・

崩壊解放前に噛まれたデクの腕、消失弾命中からの切断・顔面崩壊となった先生。

まだまだ吹き飛ぶ予感しかしない

イレイザーの個性も今は使えず、発動系を含むAFO全ての個性が使える死柄木を現場のヒーローで抑えられるかと言うと・・・。

仮に轟くんが氷結でエンデヴァーを冷却出来たとしても文字通り焼け石に水のような感じ。

やはり先生の個性復活までの時間が鍵か

 

ヒロアカ283話ネタバレ最新話の確定速報

 

ヒロアカ283話ネタバレ最新話の確定速報|荒ぶり続けるギガントマキア

ギガントマキアと戦っていたA組とB組。

彼らの眼前に広がったのは、ギガントマキアがその場を離れたあと、元の形が分からないほどに削れてしまった地形。

更には、ギガントマキアに麻酔薬を飲ませたのに、なぜかギガントマキアの暴走は止められません。

それをなんとか阻止しようとプロヒーローたちは四苦八苦するのですが、どうにもなりません。

それでも生徒だけは守る、と、ヒーローによってA組とB組の合同チームはなんとか危機を逃れます。

ギガントマキアが腕や爪の形を変えながら荒ぶるのを目撃した生徒たちは、ギガントマキアが去ってもなお恐れが止まりません。

街へと突撃しようとするギガントマキアは、敵の幹部たちを背中に乗せ「主のもとへ!!!」と絶叫し、ひたすら進みます。

その頃捕らえられたドクターは笑って叫びます。

「ニアハイエンドやギガントマキア、そして死柄木を暴走は止めることはできないのだ」と。

 

ヒロアカ283話ネタバレ最新話の確定速報|死柄木、痛手を負う

瓦礫の上に立つ死柄木は、笑っています。

自分の個性である「崩壊」を抑制していたイレイザーヘッドに、もう立ち上がれないほどのダメージを負わせたから。

デクたちは倒れたイレイザーヘッドである影山先生の無事が心配です。

それでも、この悲劇を生んだ死柄木を抑えなければいけない。

瀕死状態のイレイザーヘッドたちの借りを返すために。

その思いで死柄木に立ち向かいます。

そんなデクたちに死柄木が応戦しようとしたところ、彼の身体に驚くことが起きます。

なんと右腕から右の胸部にかけて、「バキャッ」っという音を立てながら大きな傷が走ったのでした。

元々傷があったところに更に傷ができ、飛び散る血を見て彼も呆然としながら、「あ?」と、その一言しか発することができませんでした。

デクたちに大きなチャンスが訪れました。

 

ヒロアカ283話ネタバレ最新話の確定速報|デクが先々代・志村菜奈の個性「浮遊」を獲得

突然の大ダメージを受けながらも、なんとか動こうとしている死柄木を、デクは見逃しませんでした。

デクは、ワンフォーオールの力をまた使おうとします。

そして死柄木に攻撃しようとしたその時、今度はデクの身体に変化が生じます。

黒鞭を発動し、フルカウルの電撃にも似たオーラを出し始めたデクは、なんと死柄木とともに宙へと上がっていきます。

このとき、先々代のワンフォーオール・志村菜奈の個性である「浮遊」が、デクに受け継がれて発現したのです。

これ以上周囲への被害を大きくしないために、「ここで」と口にしながら、宙に浮いたままデクは拳を握りました。

死柄木の祖母である志村菜奈の個性を受け継ぎ、その個性で死柄木を止める、という宿命的なシーンとなりました。

 

まとめ


ここまで、2020年9月7日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話283話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

死柄木に突如としてできた傷がデクにとって大きなチャンスとなりました!

そして更に個性「浮遊」も得て、デクがとても有利になったようにも思えますが、死柄木の戦いは今後どのように進むのでしょうか!?

次回の僕のヒーローアカデミアのネタバレが気になる方はコチラ!

>>僕のヒーローアカデミア284話ネタバレ