名探偵コナン

名探偵コナン1062話ネタバレ【コナンが簡単に暗号を解読!FBI捜査官の失態とは?】

名探偵コナン1062話ネタバレ最新話確定【FBIの犠牲者は増える?暗号を解読する方法とは】
Pocket

2020年10月14日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新話1062話のネタバレ確定・考察を紹介していきますよ。

新シリーズに突入して早々に、黒の組織が登場するという展開に驚きました!

これは、確実に物語が進みそうな予感がしています・・・

これまで散々伸ばしてきたラムの正体もついに明かされるのか注目ですね。

それでは、2020年10月14日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新話1062話のネタバレ確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

名探偵コナン1062話ネタバレの考察


何と言っても注目は、黒の組織とFBIの衝突になりそうです!

FBI連続殺害事件という驚きの事件が起きてしまいましたが、FBIの威信にかけても解明されることでしょう。

普通にジンとウォッカだけでなく、キャンティ、コルンなど黒の組織のメンバーが登場していることから、関与しているのは間違いなさそう・・・

FBIのメンバーも一同に介しているため何やら大きな陰謀が隠されているようにも感じました。

ジンはかなり余裕ぶっていますが、それはFBIが派手に騒げないということを見透かしているからこそ。

IDの回収すらも普通に諦めていましたね!

 

名探偵コナン1062話ネタバレの考察|またしても工藤優作が狙われる!?

警察は今回殺害された外国人の遺体について、詳細はまだ何も分かっていようでした。

しかしながら、連絡が取れない人物もいますし、加えてコナンの話も合わせて考えると、今いない仲間が全員殺されてしまった可能性は非常に高いです。

恐らくFBIも気がついたことでしょう。

この後、黒の組織の動きも非常に気になりますが、これ以上犠牲者を出さない為には、早急に暗号がどうしてコナンにばれてしまったのかを突き止めなければなりません。

これだけ活発な動きを見せる黒の組織は、TVショーの一件で優作へのマークは外れたと思っていましたが、また狙われる可能性も否定できません。

工藤邸は安全な隠れ蓑にはならないでしょうね。

 

名探偵コナン1062話ネタバレの考察|暗号解読は早い?

黒の組織がFBI捜査官を狙い、1人ずつ葬るという大事件。

これ以上の事件を起こすためにFBIの存在が邪魔ということなんでしょうか?

FBIの持つ暗号の解読方法についても、すぐに解読されそうな気がします。

というのも、コナンはすでに解けているので、コナンの解説によってあっさり解かれそうです。

その暗号解読に必要なヒントは2つ。

1つ目の暗号の待ち合わせ時間は夜、場所はタクシー乗り場前ということ。

2つ目の暗号の待ち合わせ時間は夕方、場所は廃ビルの屋上でした。

これらに共通する暗号を紐解くことが答えを導くヒントになるでしょう。

暗号は最初の待ち合わせ現場から出て来てますが、解読しているコナンによると、待ち合わせの住所と場所と日付けと時間が暗号には隠されているみたいです。

コナンは一瞬で暗号を解読したことから、解き方には一定のルールがあり、それを理解すれば簡単に解けるんだと思います。

コナンが解読したことにFBIのメンバーはすごく驚いていましたけど、すでに組織にも解かれてたわけですから、かなり解きやすい暗号であまり意味が無かったように思います(笑)

難解だって思ってるのはFBI捜査官の資質に少し不安になりますね・・・

FBIが登場していますが、この後公安も黒の組織を追ってるので登場するのでしょうか?

両方出すと色々面倒くさそうですが・・・

 

名探偵コナン1062話ネタバレの考察|黒の組織が中心のストーリーに?

かなり豪華なキャストで、個人的には赤井さんと安室さんの関係がどうなるのか気になります。

この感じだと、優作と有希子も登場するような雰囲気ですし・・・

久々に登場したキールも非常に活躍しており、前回に限ってはいて良かったなって思います。

キールが止めてなかったら、完全にコナンは撃たれてましたからね!

いくらフードを被って身バレするのを防げたとしても、撃たれて死んでしまえば意味ないです(笑)

いつもの流れだと、普通の事件の中のオマケで組織っぽい展開があったりするくらいの進捗です。

しかし、今回の感じを見ていると、バリバリ事件に組織が絡んでおり、黒の組織中心という感じがしますよね!

久しぶりにキールも登場しましたし、今後懐かしいメンバーが登場することも期待できるでしょう!

一方でベルモットはまだ姿を現していませんが、もしかしたらすでに誰かに変装している可能性も十分に考えられると思います!

 

名探偵コナン1062話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

漫画のほうの名探偵コナンついに動き出したか。

凄く久しぶりにキールも出てきたようだし今回は大きな動きがありそう。

アニメのほうも今回だけじゃなくもう少し原作エピソード続けてほしいなぁ・・・ストックは気になるけど。

サンデー表紙でも出ている通り、ガッツリ黒の組織と対決編。

FBIがモブキャラの如く殺されとる。

しかしFBIの皆さん、工藤家に入り込んだコナンにあまりにも無警戒だし(敵だったら皆殺しだぞ)、いくらコナンが推理力あるとはいえ見てわかるレベルの暗号を使うなよ・・・。

エグイ!今週号のサンデー、ついに名探偵コナン衝撃の新章突入!

久しぶりにジンと長谷川さん・・・・ジンとウォッカとか黒酢組めの組織のメンバーメッチャ出てきたやん!

しかもFBIと激アツな展開からかよ!やべぇやべぇ!

おはようございます。

名探偵コナン新章突入で面白くなりそう。

暗号は7セグメントでアルファベット読みするとかなのかも・・・解読はしてませんが。

今後も楽しみ~

 

名探偵コナン1062話ネタバレ

名探偵コナン1062話ネタバレ最新話の情報が入ってきましたのでどうぞご覧ください!

 

名探偵コナン1062話ネタバレ|コナンが暗号の意味が分かった理由

前話では、見事暗号の解読をして見せたコナン。

驚いているFBIの捜査官たちにどうやって暗号を解いたのか説明しました。

ジムの携帯の画面を撮っていたコナンは、すべての文字列の下半分が逆になっていることに気が付き頭の中で整理をした上で暗号を解くことに成功したのです。

この暗号を作ったのは、死んでしまったジムとチェンでした。

そう簡単に暗号を解読できまいと思った二人は暗号で待ち合わせをしたのですが、殺されてしまいました。

「もし、コナンがジムとチェンの目の前で暗号をスラスラ解いて見せていたらまた違っていたかもしれない」と赤井は言いました。

 

名探偵コナン1062話ネタバレ|暗号を逆手に取る作戦に出るFBI捜査官たち

ジェイムズは急いで暗号を別のものにしようと考え始めましたが、キャメルこの暗号が黒の組織にバレているのであれば逆にそれを利用して、おびき出そうと提案しました。

本来なら、優作の帰りを待ち意見を聞きたい一行だが、ジムとチェンが死んだことがまだFBI捜査官が知っていることを黒の組織が知らない今がチャンスとその作戦を今から実行することに。

先日兄を殺されたマークが敵の方へ向かう囮として買って出ました。

そしてそのマークをサポートするのはキャメルということで決定しました。

赤井はキャメルに帽子を差し出しましたが、キャメルが断ります。

しかし、爆発で死んだと思われているキャメルがもし、生きていたと黒の組織が知った場合には水無怜奈が殺されてしまうと赤井に言われキャメルは帽子を受け取りました。

 

名探偵コナン1062話ネタバレ|黒の組織に狙撃される!

再び暗号メールを傍受した黒の組織は、見事その待ち合わせの場所へ向かおうとします。

この時はまだFBI捜査官たちの作戦には気が付いていません。

と、その時声色を変えたラムから連絡が入りました。

既に黒の組織をおびき寄せるために囮となったマークとサポートするために待機しているキャメル。

駐車場にはライフルを持って待機している捜査官がいます。

しかし、黒の組織は現れず、更にはライフルを持って待機していた捜査官たちがキャンティとコルンによって次々に狙撃されてしまいました。

黒の組織は、捜査官たちを大きく遠くから取り囲む形で待機していたのです。

撤退をしようとするマークとキャメルを待ち伏せていたジンが銃を放ち、マークが腕を負傷してしまいましたが、マークとキャメルはなんとか車に乗り込み逃げていこうとします

しかしジンがキャンティに車の位置を教え、後を追わせました。

そしてその頃、買い出しを終えた優作たちが帰ってきて暗号を確認していました。

ジョディが書いた暗号を見た優作は、コナンがジョディのことを先生とよんでいることから、ジョディが小学校の先生なのではないかと質問しました。

ジョディがやっていたのは高校の先生で、ひらがなやカタカナといった文字は小学校の先生である渋川夏子から習っていたのだとジョディから聞いた優作とコナン。

優作のこの質問でコナンが何かに気が付いたようですが・・・。

今週はここまでです!

 

まとめ


ここまで、2020年10月14日発売の週刊少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新話1062話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

コナンはいとも簡単に暗号を解いてしまいましたね!

暗号をもっと早くコナンが解いていればジムとチェンがあんなことにはならなかったかもしれませんが、仕方ありません。

この暗号の解読方法を知っていることを逆手に取り黒の組織に立ち向かおうとするFBI捜査官たちでしたが、この作戦を知っていたのか黒の組織に取り囲まれFBI捜査官たちは負傷したり狙撃されてしまったりと大失態をおかしてしまいました。

これからどう黒の組織に立ち向かっていくのでしょうか?

そしてマークとキャメルはキャンティから逃げ切ることができるのか、来週も楽しみですね!