ちはやふる

ちはやふる230話ネタバレ最新話確定【千早と周防が土壇場で力を発揮して追い上げる】

ちはやふる230話ネタバレ最新話確定【千早と周防が土壇場で力を発揮して追い上げる】
Pocket

2020年10月1日発売のBE・LOVE掲載漫画『ちはやふる』最新話230話のネタバレ確定・考察を紹介していきますよ。

これまでの流れとは真逆で、周防名人と千早はどんどん勢いを増しており、逆襲が始まろうとしています!

2人とも崖っぷちに立たされた状態ですので、1つも落とすことができないという緊張感の中でいつも通りのプレーを行うことが出来るのか・・・

それでは、2020年10月1日発売のBE・LOVE掲載漫画『ちはやふる』最新話230話のネタバレ確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ちはやふる230話ネタバレ最新話の考察


あの太一の歌から勝利のシーンは、非常に興奮しました!

まさにモノローグは鳥肌もの!

これで千早もエンジンがかかってくるでしょうかね。

そして、隣で行われている名人戦は、周防名人が新に圧倒的に差をつけて勝利でしょうか?

新たが流れを戻すことにが出来るのかも注目したいポイントです。

もちろん、4試合目へ向けて詩暢がこのままということは想像できません。

 

ちはやふる230話ネタバレ最新話の考察|千早は勢いに乗って連勝!?

やっと千早が堂々の勝利を初めて飾りましたね!

いよいよ新クイーン誕生が現実味を帯びてきまいた!

千早は才能があるともてはやされていますが、死ぬほど努力を続けてきたという自信があります。

ですから、簡単に天才ということばで片づけてほしくないという思い。

モノローグには、千早の持っている気高さとこれまでの道のりを感じさせられました。

この後も千早の勢いは止まら無さそうです・・・

 

ちはやふる230話ネタバレ最新話の考察|新は自分のかるたを見つけることができるか?

新には素直さがあって、その素直さがあるからこそ成長できています。

これまで、その素直さが功を奏して、祖父の力を貪欲に吸収してきました。

ただ、他の人と同じようになるのではなく「自分は自分、他人は他人」という割り切った考え方も持っているのです。

ですので、これまで新は自分の努力によって作り上げてきたという自負があります。

ということからも、他人の力の支配下に入ることは拒絶することでしょう。

「祖父の真似っこ」だと言われることに関して、未だに祖父の支配から抜け切れていないという思いに駆られるみたいです。

しかし、この新の悩みについては、祖父の強さも新の強さも本物であることは変わりません。

だれの影響があっても、今の新の強さそのものが「自分のカルタ」なのです。

ですので、外野の声に惑わされたり、悩む必要は一切ありません!

名人タイトルを新が獲得するための課題といえば、どのようなことがあってもプライドをかなぐり捨てて、祖父の真似っこだろうがなんだろうが、タイトルを獲得したいという気持ち。

そして、今のカルタこそが自分のカルタだと納得することが重要です。

このポイントを教えてくれるのは太一になりそう・・・

太一がいることによって、新は自分になることができますからね。

素の自分でいい、そのままの自分でいいと思うことができれば、自ずとかるたにも影響してくるでしょう。

 

ちはやふる230話ネタバレ最新話の考察|名人・クイーン戦も佳境に!

白熱した戦いもいよいよ佳境に入ります!

千早はようやく1勝を手にして、流れが変わりそうです。

この1勝は、仲間たちと共に勝ち得た貴重な勝ち星で、仲間の後押しもさらに加速させそう。

やっぱり太一も気にしているようで、結果を見て外目もはばからず、駅のホームでガッツポーズをしていました(笑)

このまま東京に帰らないで、会場に戻ってくるくらいの感じでしたよ?

また、名人戦の新と周防の戦いも白熱しています。

戦い方を変えてきた周防の調子が良いこともあり、これまで好調だった新が圧倒されてしまっています・・・

この試合においては、完全に読手が勝敗を決する要因になっており、新も思ってもみなかったことでしょうし、かるたの奥深さを身をもって感じたことでしょう。

調子が上がってきた周防は、読手によって自分は天才の域に達させてもらっていると感じていました。

これは、千早にも共通して言えることで、自分の力は全て周りから与えられたものだという考えです。

2人は「天才」ですが、その才能は天から与えられたものではなく、仲間や周りの人間から与えられた培われた才なのだという認識があるところですから、声援を受けて逆転もあり得そうです!

 

ちはやふる230話ネタバレ最新話の考察|ツイッターの感想・予想

クイーン戦も大事だけど一生に一度しかない修学旅行行きたいし、プロないから将来顧問になりたい。

だから、学校行事出たいっていう感情が一気に爆発した千早のシーンすこ。

修学旅行サボって名人戦に出場してる太一の孤高感(笑)

名人・クイーン戦アツいー!!!

なんでもそこそこできて夢中になるものがない周防さん(;_;)

かるたにいつも全力な原田先生が大好きだ~!!!!

原田先生の「君が名人だとかるたが泣くよ。君に引導を渡すのは私だ」のせりふでいつも泣く。

腹くだすし感情的にも不調なにフェアな戦い挑む村尾さん男前ですね。

ちはやふるを見てると千早は太一とか新とかモヤモヤするんだけど、ワシは机くんが好きです(*´ω`*)

支えてるかなちゃんもすきです( *´꒳`* )

記憶時間もないし空札もトイレ中で分からない不利な状況でも、読みあいと実力で勝つすごいと思います。

太一もも「ちは」が取れないのは印象的 名人戦でと原田先生の勝負見逃せるわけないんですよね。

ちはやふる230話ネタバレ最新話の確定速報


ちはやふる230話最新話の内容が判明次第こちらに追記していきます。

次回のちはやふるはBE・LOVE発売日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

まとめ


ここまで、2020年10月1日発売のBE・LOVE掲載漫画『ちはやふる』最新話230話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

益々熱を帯びる、クイーン戦と名人戦!

まさか千早と周防に共通点があるとは思わなかったですが、努力の人というストロングポイントがあったのですね。

やはり、努力をしてきた人は土壇場で発揮する力は凄いので、これから逆転するような展開を楽しみにしようと思います。