ブラッククローバー

ブラクロ266話ネタバレ【エルフが教える究極魔法の強さが明らかになる?】

ブラクロ266話ネタバレ最新話確定【エルフが教える究極魔法の強さが明らかになる?】
Pocket

2020年10月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラッククローバー(ブラクロ)』266話のネタバレ確定・考察を紹介していきますよ。

ノエルたちもハート王国の秘境にて、修行することになりましたが、どれだけ成長できるのか気になる所ですね!

また、アスタもナハトと修行することになりますが、どのような能力を強化することになるのかによって戦い方も変わってくるでしょう。

それでは、2020年10月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラッククローバー(ブラクロ)』266話のネタバレ確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ブラクロ266話ネタバレの考察


ノエルたちはヴァニカの大爆発の餌食となっていたので、もしかしたらやられたのでは?と思っていましたが、なんとか自力で爆発から逃ることに成功していたようです!

そして、その後にパトリに助けられて現在に至るようです。

個人的にパトリのイメージとしては、クローバー王国を滅ぼそうとしていたというイメージで、白夜の魔眼の頭首というキャラクターでしたよね!

しかし、誤解が解けてからというもの、こうしてクローバー王国に味方してくれるようになっており、非常に心強いですよね!

そんなパトリがノエルに教えるという「究極魔法」

かなり習得すると強そうな魔法ではありますが、たった2日という短期間で習得できるのか不安は残りますね・・・

もちろん、アスタとユノはクローバー王国でナハトと修行に励むことになるでしょう。

こうして、ノエルたちは、エリュシアという場所でパトリと修行するみたいなので、合流するのを楽しみにしていきましょう。

 

ブラクロ266話ネタバレの考察|ナハトはアスタに対して何を教える?

それぞれの修行が始まると思いますが、ノエルの究極魔法に対して、アスタはナハトからどのようなことを学ぶのでしょうか?

一番考えられるのは、悪魔の力の使い方を学ぶと思われます。

ナハトが使っている悪魔を見る限りでは、おそらく低級の悪魔ということで、ダークアライドに対抗することは難しいと思います。

しかしなあら、アスタが契約している悪魔は強力です。

もしナハトのように使いこなせるようになれば、ダークアライドと同じレベルに達することも不可能ではありません。

ただ、数日で力のコントロールを身に着けるのは難しいので、かなり荒療治になると思われます。

 

ブラクロ266話ネタバレの考察|ノエルは究極魔法を体得して使いこなせる?

ハート王国での戦いに敗れてしまい、絶望しかなかったノエルたちにもやっと希望の光が見えてきましたね。

ここでまさかリヒトの子孫が生き延びているという伏線回収があるとは!

希望の光である「究極魔法」ですが、ノエルたちは短期間で習得できるのでしょうか?

とりあえず、究極魔法は置いておいても、エルフも仲間になることは今後の流れとして確定ではないでしょうか。

この後、エルフの究極魔法を学ぶための修行に、ユノも加わるというパターンも考えられるのではないでしょうか?

その理由として、ユノはエルフの末裔という大きな関係を持っており、究極魔法の習得も容易だと思われます。

あとは究極魔法を身に着けるきっかけさえあれば、間違いなく使いこなせるようになるでしょう。

 

ブラクロ266話ネタバレの考察|他のメンバーは無事なのか?

エルフの秘奥義を教えてくれるというチャンスなのに、転生組でレクチャー受けるのがラックだけというのは、少し残念な気もします・・・

期間が短いということで難しいかもしれないですが、追加で他にも誰か来るというパターンもあり得るかもしれませんね。

というか、あの爆発の規模にも関わらず国民が無事だったのは、驚きしかないですよね(笑)

となると、ガジャやウンディーネの現状も気になる所ですが、今どこでどうしてるのでしょうか・・・

とにかく、究極魔法という伏線を回収しつつあるのは素直に嬉しいですね!

ただ、やはりあの爆発の規模で被害がないというのは解せませんね(笑)

 

ブラクロ266話ネタバレの考察|ついに明かされる究極魔法

いよいよ究極魔法の説明が行われることになると思います。

普通の魔法とは何が具体的に違うのか・・・

究極というくらいですから、恐らくエルフくらいの魔力は最低限必要になるでしょうね。

なので、修行に参加する人はある程度の魔力の持ち主でないといけません。

扱える人が限られる魔法だと思いますが、今のノエル達の魔力とやる気があれば恐らく習得することはできるでしょう。

 

ブラクロ266話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

究極魔法」なんですが、「上位悪魔以上が肉体と魔導書を持っていたら通用しない」のが厳しいところ(リヒトが放った究極魔法はザグレドの心臓にはノーダメージだった)。

恐らくダークトライアドには効くでしょうけど、セフィロトを守る上位悪魔たちに通用するかどうか。

ノエルだけじゃなくミモザも無事でよかった レオ、ラック、チャーミーも無事 エルフの究極魔法を習得する修業が始まる

ていうか驚きだったのが、テティアのお腹に双子がいて片方は死んでしまったが、もう片方が生きていて、その子孫の子供がロロペチカってのがね・・・

生き延びたテティアが、王族たちにどれだけ迫害されたかを考えると…。

子供を産めたことさえ奇跡。

パトリくんの様子からすると、子孫たちはクローバー王国の人間に憎悪は抱いていないのかな?

 

ブラクロ266話ネタバレ


いよいよ3日後にはスペード王国に攻め込むようです!

そのことがハート王国側にもすでに交信済み。

ハート王国側でその報告を聞いていたのは、精霊の守り人ガジャ。

攻め込むという情報を受けて、ガジャ自身も参戦するようです。

ヤミだけではなく、ハート王国も女王ロロペチカが連れ去られていますからね!

もちろんシャーロットも大好きなヤミを助け出す為に、絶対乗り込んでやると息巻いていました。

 

ブラクロ266話ネタバレ|ヤミを救い出すならず者たち

黒の暴牛副団長であるナハトが向かった先は、暴牛のアジトでした。

いきなり現れた副団長に対してフィンラルは、今までなぜ一度も姿を見せなかったのか聞きます。

その理由はシンプルで、単に黒の暴牛団が嫌いだからだそうです。

一番重要なことは魔法騎士として動くということで、それには副団長という立場が一番なのだと言います。

ナハトは、ならず者騎士団だとバッサリ。

ヴァネッサは、いつもお酒を呑んでいるだらしない魔女で、フィンラルに関しては任務に影響するほど女性関係にだらしないと。

そんなナハトに対して、グレイは見た目で判断するのは浅はかではないか?と言いますが、見た目で判断されるような見た目をするなと言い返します(笑)

ナハトがこの世で一番嫌いな奴が、過去に悪いことしたり見た目が悪いのに、その人が少し良い行いをすることでいい人認定されることでした。

一番評価されるべき良い人間は、はじめからずっといい人間だと。

そして、ナハトはそんなならず者でもヤミを救いたいという気持ちがあるなら、2日間で強くなれと言い放ちます。

 

ブラクロ266話ネタバレ|いきなり悪魔と対決!?

ナハトが使っている魔法は「影魔法」というもので、ナハトとナハトに触れているものを影から影へ移動できるというもの。

いわば空間魔法と同じような感じという理解で良いみたいです。

アスタとナハトが向かったのは、ある元貴族の屋敷跡・・・

するとナハトは、「影魔法・暗い園への誘い」を使って、一瞬でアスタは地の底へ引きずり込みました。

アスタが気が付いた時には、すでに無数のドクロが埋め込まれた柱が並ぶ不気味な場所にいて、ここで2日間びっちり悪魔の力の使い方を修行するとナハトは言います。

以前の戦いの最中で、アスタは既に魔導書と腕に悪魔との因縁がありました。

ということで、アスタがサークルの中に足を踏み入れると、アスタの右腕が消えます!

そして現れたのは悪魔でした!!

でてきたアスタの悪魔はニヤッと笑いながら、「まさかそっちの方から出してくれるとはな」といい、ナハトはこの悪魔に勝てと要求します。

 

まとめ


ここまで、2020年10月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラッククローバー(ブラクロ)』266話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

ダークアライドにあれだけ圧倒されたので、この修行では半年間で成長した以上の成果が求められますよね!

2日でならず者がどれだけ成長できるのか気になりますが、それ以上にアスタが悪魔に勝てるのか・・・

悪魔の力にも対抗できるくらいの強さを秘めていると信じましょう!