ブラッククローバー

ブラクロ277話ネタバレ【シャーロットが覚醒!ヴァニカが自滅で勝負あり?】

ブラクロ277話ネタバレ【シャーロットが覚醒!ヴァニカが自滅で勝負あり?】
Pocket

2021年1月4日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ブラクロ277話ネタバレ【シャーロットが覚醒!ヴァニカが自滅で勝負あり?】を紹介していきますよ。

ユノは修行の成果が発揮されて、ゼノンに対して圧倒するような力を見せつけましたね。

そんな中で、シャーロットがかなりの成長を見せつけるような展開になりました。

メギキュラの呪いを利用した戦い方とは驚きましたが、ヴァニカには一番効果的な戦い方だと言えるでしょう。

それでは、2021年1月4日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ブラクロ277話ネタバレ【シャーロットが覚醒!ヴァニカが自滅で勝負あり?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ブラクロ277話ネタバレの考察


以前の戦いでは、ゼノンに圧倒されて一方的な戦いになり、やられてしまいましたが、今回は一転してユノが覚醒しましたね!

ゼノンもかなり焦っているようだったので、かなりレベルアップしているのではないでしょうか?

ユノの姿はまるで王位奪還というような雰囲気さえ感じさせましたね。

これまでユノの両親や金色の夜明けの仲間を殺されたことによる復讐心はかなり大きいと思いますが、最後までブレずに自分らしさで圧倒する感じも素晴らしかったと思います。

その調子でゼノンを倒してほしいですが、ゼノンはこのままあっさり敗れるのでしょうか?

 

ブラクロ277話ネタバレの考察|ゼノンとユノは決着!?

ユノとゼノンの戦いについては、このまま決してしまうのでしょうか?

ご存知の通り、ユノは以前ゼノン敗れていますよね。

しかしながら、このたった数日間の修行によって飛躍的に進化しました。

たった数日でここまで変われるなら、なぜ今ままでやらなかったのか?という疑問もありますが。

要因の一つとしては、ベルがマナを蓄えていたことが多きな理由かもしれませんね。

もちろん、ベルだけの力ではなく、ユノ自身の中にはとてつもない才能がまだまだ眠っているということは間違いありませんから、戦いの中でさらに進化するかもしれませんね!!

それに、ユノは元々スペード王国の王族です。

なので、クーデターが起こらず、普通に育っていれば神童と呼ばれたのは間違いないでしょう。

前話の戦いの中では、その力が徐々に開花しつつあったので、悪魔にも対抗できる力を得たのは間違いなさそう。

その勢いのまま、ゼノンに重い一撃を浴びせたことで、ユノはゼノンを倒したようにみえました。

しかし、外でメレオレナが魔神を葬り去ったことと同様に、こんな簡単にはゼノンも終わらないと思います。

 

ブラクロ277話ネタバレの考察|ゼノンは本当にやられたのか?

ゼノンは本当に死んだのか!?ということが一番気になります。

個人的な考察では、死んだと思わせて死んでないパターンだと思っています。

完全の死んだ描写は無かったですし、仮に穴が空いたとしても、骨魔法を使うことによって傷口を埋めたりすることも可能でしょうから、回復する展開もあり得るでしょう。

あるいは、骨魔法ではなく空間魔法によって出血とか止めるかもしれませんしね。

ユノ達にとって一番嫌なのは、悪魔が出てきて適合率100%というような展開でしょうね。

これまでも、人間がピンチになったら、悪魔が出てくるという展開は沢山あったので、今回もそのようなパターンになる可能性は高いでしょう。

上記の考察の通り、仮に骨魔法によって傷口を埋めたとしても、復活できそうですが、完全復活にはならなそう。

というのも、骨魔法とはいえ所詮は骨には変わりないので、失われた臓器などは再現できないと思われます。

なので、単なる時間稼ぎにしかならないかもしれません。

時間稼ぎだとしても、とりあえずゼノンが即死することは無いでしょうから、憑依している悪魔の力の%を限界まで上げる、または魔法攻撃力をブーストさせるという戦いになりそうです。

 

ブラクロ277話ネタバレの考察|悪魔との対決になる?

修行の成果を発揮し始めると、ゼノンを圧倒していましたね。

とはいえ277話においては、いよいよゼノンが本気を出してくるような展開になるのではないかと思います。

新たな力を得たユノの強さは間違いないですが、ゼノンへの一撃を叩き込んだものの、あの攻撃だけでゼノンを倒せればそれでいいのですが、それでもそう簡単には倒れないという考察はこれまでも紹介してきました。

骨魔法の防御によって、何とか耐えしのぎながら反撃のチャンスを待つのではないかと思います。

しかしながら、新たな姿のユノの一撃はかなりのダメージなのは間違いないです。

相応のダメージは負った中で、どれけの戦いができるのでしょうか?

これまでダンテやヴァニカは、自分の中の悪魔の力を更に解放させることで強くなってきた為、ゼノンに関しても同様だと思いますので、悪魔との戦いになりそうですね!

そして、現在の所復活していないダンテについてはアスタ、ヴァニカについてはノエルがそれぞれ戦うことになるでしょう。

ユノの戦いを見ていると、クローバー王国の団長たちの活躍も考えられるとは思いますので、互角の情勢になりそうです。

とはいえ、勝利できるか?は微妙で、劣勢になる可能性も否定できないとおもいますね!

儀式の為に開かれる「冥府の門」は、現在のところ完全には開かれないかもしれませんが、すでに何体かの悪魔が降臨していてもおかしくないです。

ですので、仮にダークトライアドを倒したとしても、悪魔との戦いが始まると予想します!

 

ブラクロ277話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

ブラクロ277話ネタバレ

ユノは血を流しているゼノンに向かって、金色の夜明けに手を出したことを後悔しろと言い放ちます。

すでに満身創痍のゼノン。

ランギルスは早くも勝利を確信していました。

 

ブラクロ277話ネタバレ|シャーロットが本来の力を発揮

その頃、ヴァニカと対峙していたのは騎士団の2人。

その2人というのはシャーロットにリルでした。

ヴァニカはかなり余裕なのか、退屈そうにしながら腕試しに2人の部下を呼びつけました。

この2人の部下は、ヴァニカの呪いがさらに強化されている状態で、ハート王国に来たときよりも強敵です。

シャーロットは攻撃を受け苦戦しており、リルもなんとか絵画魔法で応戦しているという状態。

ヴァニカはリルやシャーロットが戦う様子を見て残念そうです。

「絵画魔法は面白いが、荊魔法はダメ・・・」

ヴァニカとしては、強者との戦いを楽しみにしていたようです。

なので、アスタやヤミという強敵を待っていたのだと・・・

そんなヴァニカが発したヤミという言葉を聞き、シャーロットは静かに闘志を燃やしていました。

シャーロットもこの半年間で修行をしてきており、ハート王国の魔言術を学んでいたのです。

これまでの戦いにおいても、エルフ化だけでなく全てを力に変えて戦ってきました。

さらに修行によって、自身に賭けられている荊の呪いを、利用する技も身に着けていたのです。

どのような呪いに関しても、全て悪魔メギキュラから派生した呪いであり、シャーロットにかかっている呪いもヴァニカに憑いているメギキュラということで、元をただせば同じことなのです。

これまでのシャーロットは呪いの力によって、本当の力を抑えられていた状態でした。

ついにシャーロットは魔言術式で、呪いを外してリミッター解除したのです。

一撃で部下2人を倒し、荊はヴァニカの下へ・・・。

 

ブラクロ277話ネタバレ|ヴァニカがまさかの自滅か?

シャーロットの思わぬ魔法を目の当たりにしたことで、ヴァニカの中に潜んでいたメギキュラがついに姿を現しました。

メギキュラ自身の呪いを利用することによって、対呪詛魔法を用いていたのです。

これまでは、このような使い方が出来る人間がいなかったので、悪魔でさえ驚愕しています!

本気になったシャーロットの紅薔薇と碧薔薇を身に纏って、ついにヴァニカへと牙を剥きます。

メギキュラは危機を感じてヴァニカに逃げろと指示しますが、その強さを感じたヴァニカは興奮しており、逃げ出そうとしません。

その間にもシャーロットの薔薇は、呪いの強さに反応して強くなり続けていました。

そして、ついにはメギキュラの呪いが強すぎたことによって、ヴァニカは薔薇の餌食となり、自滅のような形に・・・

 

まとめ


ここまで、2021年1月4日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ブラクロ277話ネタバレ【シャーロットが覚醒!ヴァニカが自滅で勝負あり?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

このままヴァニカがあっさりやられてしまうのか?気になる所ですが、シャーロットの成長は凄いですね!

ヴァニカ以外の敵であっても、この戦い方がどれほど通用するのか見てみたいですね。

以上、ブラクロ277話ネタバレ【シャーロットが覚醒!ヴァニカが自滅で勝負あり?】でした。