ブラッククローバー

ブラクロ262話ネタバレ最新話確定【ナハトの悪魔憑きの実力が最強過ぎて驚きの展開に?】

ブラクロ262話ネタバレ最新話確定【ナハトの悪魔憑きの実力が最強過ぎて驚きの展開に?】
Pocket

2020年8月31日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラッククローバー(ブラクロ)』262話最新話のネタバレ確定・考察を紹介していきますよ。

この状況で新しいキャラクターが登場するのは意外でしたし、副団長という重要なポジションが今まで明かされていなかったですよね(笑)

ヤミが連れ去られてしまったので、副団長を中心に結束していくことになりそうです!

それでは、2020年8月31日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラッククローバー(ブラクロ)』262話最新話のネタバレ確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ブラクロ262話ネタバレ最新話の考察


これまで全く明かされていなかった黒の暴牛の副団長の存在が明らかになりました!

このタイミングで現れるとは・・・

そして、副団長のナハトの額にはヴェーグがありましたが、悪魔の力の使い方について詳しいと思われますね!

しかしながら、いきなり黒の暴牛の副団長であるナハトが現れたとしても何者なのか分からないので、信用性に欠けますよね。

この後、どんな魔法を使いで、その強さについても明らかになっていくことでしょう。

 

ブラクロ262話ネタバレ最新話の考察|ナハトは優しい性格って本当?

これまで、自分の弱さについて気づいてもらうために、ヤミ団長の悪口やアスタにわざと厳しい態度をとってきたという考えもできます。

かなり幼稚ではありますが・・・

しかし、そう考えると黒の暴牛の中において、周りを見ることができる人だと思いますし、加えて優しい性格を持ち合わせていると思います!

普通、付き合いの浅い人のことは悪口も言えないので、ヤミ団長の悪口を聞いた限りでは、ヤミ団長とナハトの付き合い自体もとても長い期間なのではないかと思いますね。

では、なぜ重要人物ながら今まで物語の中に一切出てこなかったのか?

それは、ナハトが悪魔について調査するため、いろんな国を旅していたからだと思われます。

状況はどうであれ、間違いなく国内にはいなかったことでしょう。

そんな矢先、黒の暴牛のピンチを黒の暴牛団員から聞いたことで駆けつけたのでしょうね。

仲間想いのナハトはいてもたってもいられず、すぐさま駆けつけてきて、満を持しての登場になったのでしょう。

今までこれだけ長い話をしてきたのに、全く話にも出てこなかった副団長は、なんと悪魔憑き。

もし仲間内に悪魔憑きがいるのであれば、何故先に分からなかったのか?という点においては不思議です。

ただ、ここで出会ったことでアスタにはプラスに働き、覚醒させるには必要なアクセントなのかなと感じました。

 

ブラクロ262話ネタバレ最新話の考察|ユノが新たに起こす行動とアスタの特訓とは?

結果的には成す術もなくヤミが連れ去られてしまうという、完全なる敗北。

そんな状況で、どうなるのかな?と思っていました。

なんとかヤミを助けようとして、限界まで悪魔を使役したアスタについては、きっと何かしらの代償があると考えても良いでしょう。

しかしながら、副団長ナハトの登場したことによって、アスタについては描かれていません。

この後どういう風に話を展開するのか?

また、セフィロトの樹を完成させるために連れ去られた、ヤミとヴァンジェンス。

この2人を連れてきたかたといって、すぐに目標達成できるわけではなく、きっと他にも必要な条件があると思われ、時間はもう少しかかるでしょう。

なので、初登場した副団長であるナハトによるアスタへの訓練が始まるという流れを予想。

アスタの特訓だけではなく、他の黒の暴牛メンバーたちも王都に戻り、団長であるヤミを助ける闘いの為の準備に入ることでしょう。

さらに、この動きに連動して、瀕死ではあったものの助かった「金色の夜明け」に属しているユノも何かしらの行動を起こすことになりそうです。

もしかすると、ナハトと合流する可能性もあるでしょう!

まずはナハトについても深く掘り下げていき、助けに行くためには必要な課題が見つけだすことが先になりそうですね。

 

ブラクロ262話ネタバレ最新話の考察|アスタとナハトの修行はどうなる?

悪魔から今のアスタではこれ以上の力は貸せないと言われたことで、ゼノンに太刀打ちできずに、ヤミを助けることができませんでした。

この後の戦いや、連れ去られたヤミとヴァンジャンスを助けるにしても、今のままのアスタではゼノンには敵わないでしょう・・・

そんなアスタの前に現れた同じ悪魔憑きのナハトは、偶然ではないと思われ、もしかするとヤミに頼まれていたのかもしれません。

やはり修行の鍵となるのは、悪魔の力をどのように最大限生かすかということ。

闇雲に悪魔の力の使うのではなく、しっかりとした使い方を習得しないことにはアスタもこれ以上の力は出せないでしょう。

ナハトの出現により、必然的にアスタのトレーニングがまた始まるでしょうね。

 

ブラクロ262話ネタバレ最新話の考察|ツイッターの感想・予想

ヤミ団長のことをあんな奴、ロクな人間じゃない呼びしてるあたりヤミとは古くからの知り合いなのかな??

影魔法は闇魔法同様にめちゃ強そう。

てか暴牛メンバー冥域多いな・・・ まだ未登場のマグナ、ゴードン、ゾラも冥域になってる可能性高い。

ハトが悪魔憑きであることは知らなかったっぽいなあ(ナハトも教えていない)。

もちろん、「氣」でナハトに妙な力があることは知ってたと思いますが。

ナハトがどういう経緯で暴牛団に入ったのか気になりますね

ヤミの愛刀が反魔法剣に追加されてましたが、この点にアスタに宿る悪魔の「力の本質」が隠れてそうですねえ。

反魔法ではなく、「対象を反魔法の物質に変化させる」のがこの悪魔の魔法なのかもしれない。

ナハトに悪魔の力の使い方を教えてもらい、アスタが自身に宿る悪魔の力への理解を深めれば、これまでとは次元の違う強さを手に入れられるはず。

ナハトのキャラデザが良いな・・・この感じ新キャラだよね?

ここで黒の暴牛・副団長の顔見せか。

D-グレイマンの日本人のあいつみたいなキャラだな(笑)

団長会議、金色&暴牛は副団長出席なのか?

ナハトさん、潜入捜査もしてるみたいだけどちょっと業務多すぎない?大丈夫?

ユノは闇堕ちしかけてるし団長達のスカッと展開もみてえな~

あとユリウスの半年後の姿が楽しみです!

半年で強くなったと思ったのに完全な敗北して、師である団長を連れていかれたアスタとユノ。

これからの展開が気になりすぎる。

悪魔と精霊の力をさらに使った姿を早く見たい

アスタを死刑から救う理由のように命じられた悪魔調査は実は暴牛にとってとても根深い話だったのね。

ユノの出自、クリフトの樹、そして暴牛と悪魔。

遂に副団長キターーー!!!!!!

黒の暴牛にも副団長ちゃんといたのか フィンラルが副団長ポジションだと思ってた。

ゾラといい、ヤミ団長が最初にアスタに言ってた団員でも今はいない奴ってのがちゃんとチラホラいるのか!

それにしても悪魔憑きだったか・・・そりゃそうか、そうでないとアスタ鍛えられないもんな

昔から悪魔憑きだったのかどうかが気になる

 

ブラクロ262話ネタバレ最新話の確定速報


アスタは団長ヤミを漆黒の三極性に奪われたことによって、自分の無力さを痛感していました・・・

そんな状況で現れたのが、黒の暴牛副団長と名乗るナハトでした。

 

ブラクロ262話ネタバレ最新話の確定速報|ナハトが契約している悪魔が登場

ナハトはアスタに悪魔の力の使い方を教えようと言います。

そんなナハトの肩にいるのは黒いウーパールーパーのような生き物・・・

肩のウーパールーパーそれこそがナハトと契約している悪魔「ギモデロ」だったのでした。

ナハトは悪魔と普通にしゃべっており、アスタには想像できない関係でした。

悪魔使いということで、アスタも本当に黒の暴牛の一員なのかと疑っているようです。

そりゃこれまで一切登場しなかったですからね!

一度も顔を合わしたことがない、いきなり現れた人を信用するのは危険です。

ナハトがアジトに行ったことがあるのは、最初の一回のみ!

その理由はいたってシンプルで、ヤミのことが嫌いだからとはっきりと言い放ちます(笑)

 

ブラクロ262話ネタバレ最新話の確定速報|ナハトがアスタに悪魔使いの極意を伝授

アスタはヤミのことが心配ですが、ナハトはあのような人間はしぶといからまだ死ぬには時間がかからるだろうと言います。

これまで、ナハトはスペード王国に侵入していたようで、全く初めての出会い。

なので、もちろんアスタはナハトのことはよく知らないし、信頼していいのかは全く分かりません。

とはいえ、団長たちが連れ去られた今は八方塞がりの状態。

ということで、ナハトに頼る他ありません。

アスタが頭を下げてお願いすると、ナハトは実直でそういう人間は好きだと。

これまで、ナハトはアスタの戦いぶりを見ていましたが、なんの才能も感じなかったと言います。

ですが、まずは今日はちゃんと休めとナハトは言います。

 

ブラクロ262話ネタバレ最新話の確定速報|揺れるクローバー王国内

クローバー王国の魔法帝の館。

魔法騎士団の団長による会議の内容は、漆黒の三極性によってスペード王国に連れ去られたヴァンジャンスとヤミについて・・・

出席していた碧の野薔薇団長シャーロットは、みんなの前では「どうせ油断していたんだろう。そろいもそろって情けない男共だ」と突き放した言い方ですが、実はヤミが大好きなシャーロット。

本心としては、ヤミが無事なのか動揺しており、気が気ではない状態。

まだヤミに好きだと告白すらできていなかったのです。

また、ユノも壊滅した金色の夜明け団として出席しています。

自身が全力で戦っても勝てず、敵であるダヴィデはまだ本気ではなかったと語ります。

しかしながら、冥府と世界がつながろうとしている危機に仲違いしている暇はなく、一刻の猶予もありません。

もしかすると、今この時すでに世界と冥府はつながっている可能性だって十分にあります。

他にも、過去にヤミに因縁があるジャックとノゼルは対立し、会議室にはピリピリとした緊張感が生まれていました。

そんな状況にフエゴレオンは 「お前たちいい加減にしろ」と。

最悪なタイミングで現れたのは、アスタを小脇にかかえたナハトだったのです。

 

まとめ


ここまで、2020年8月31日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラッククローバー(ブラクロ)』262話最新話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

ナハトの登場はこの後の流れにどのような変化をもたらすのでしょうか・・・

アスタはまた修行を始めることになりそうですが、果たして悪魔を最大限生かした戦いを習得することが出来るのでしょうかね。

また、ユノなど助かったメンバーも再び体制を立て直すことになると思うので、一致団結して欲しいですね。

次回のブラッククローバーのネタバレが気になる方はコチラ!

>>ブラッククローバー263話ネタバレ