進撃の巨人

進撃の巨人133話ネタバレ最新話確定【アニがアルミンと合流してリヴァイが捨て身の攻撃?】

進撃の巨人133話ネタバレ最新話確定【アニがアルミンと合流してリヴァイが捨て身の攻撃?】
Pocket

2020年10月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新話133話のネタバレ確定・考察を紹介していきますよ。

まさかハンジが死ぬことになるとは驚きでしたが、ラストスパートが掛かってきたようですね!

この作品は主要キャラが死ぬことが多いので、次に死ぬキャラクターは一体誰になるのか・・・

自分の推しキャラが死ぬことになるかもしれませんよ。

それでは、2020年10月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新話133話のネタバレ確定・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

進撃の巨人133話ネタバレ最新話の考察


ハンジが死ぬのかと驚いた方は、自分だけではないはずです!

個人的なイメージでは、ハンジというキャラクターは命懸けで戦うという感じでは無かったので、あのような状況になったとしても何とか逃げ延びてくれるだろうと思っていました。

唯一の救いとしては、最後がとてもさわやかだったことが良かったですよね!

また、アニについては脱落すると予想していなかったので、ショックが大きかったです・・・

これは一旦の別れだと期待して、今後にアルミンと再会できるような展開を期待しています。

そして、フロックはというと、登場するタイミングがあまりに悪すぎて、ちょっと腹が立つような気持ちになりました(笑)

ただ、フロックの最期の言葉を聞く限りでは、島のみんなを案じるものだったことから、フロックには彼の考えた正義があったのでしょうね。

 

進撃の巨人133話ネタバレ最新話の考察|エレンの元に向かう飛行艇

数々のキャラクターが死んできましたが、そんな中でアルミンは15代団長に就任することになりました。

この感じだと、アルミンは完結して作品が終わるまで生き延びてくれる流れになったと思われます!

その新しい団長のアルミンらは、飛行艇に乗って飛び立つことに成功しました。

向かう先は間違いなくエレンの元に向かうことになるでしょう。

さすがに超大型巨人の群れをもってしても、飛行艇を邪魔するようなとんでもない能力は持っていないと考察しています。

となると、ポイントになるのはエレン自身がどのような判断をするのか?ということ。

可能性として一番高いのは、ジークを取り込んだことによって得た獣の巨人の力を使いながら、岩で迎撃してきそう・・・

そんなエレンに対して、ミカサとリヴァイが立体機動装置を駆使しながら戦うのではないでしょうか?

 

進撃の巨人133話ネタバレ最新話の考察|リヴァイはやはり戦死する伏線が!?

ハンジが戦死してしまった時のシーンを思い出してみてください。

ハンジの魂を迎えに来たかのように、これまで先に逝った仲間達が登場していましたよね。

登場したキャラクターは、エルヴィンが真ん中にいて、奥にはサシャのような人も見受けられました!

はっきり見えなかったですが、スキンヘッドの男性はシャーディス教官という可能性が高いです!

中心に描かれていたエルヴィンと、ハンジ、リヴァイを合わせた3人というのは、調査兵団のトップでしたよね。

ハンジとリヴァイの立ち位置としては、エルヴィンを支える両腕といっても過言ではない存在。

なので、この3人の絆というのは、他の人よりも非常に強いものであるのは明白。

そして、今回ハンジが戦死した時にエルヴィンが迎えに来た描写がありましたので、こうなると流れ的にはリヴァイもここに加わりそうな感じがします。

ということは、戦死する?というような雰囲気を感じるということです。

また、ハンジが巨人に踏み潰されて戦死した時、エルヴィン達の登場した感じを見ていると、亡くなった後も成仏することなく最後まで見届ける為に現世にとどまっている可能性が高いと思います!

 

進撃の巨人133話ネタバレ最新話の考察|飛行艇の爆弾でまた誰かが戦死?

爆薬が組み立て前の飛空挺に取り付けられていました。

この爆弾について、アルミンの作戦によって爆薬は破棄するのではなく、飛行艇に積み込むということになりました。

では、この爆弾をどのようにして使用することになるのか・・・

それは、リヴァイが使うのでは?ということ。

どう見ても今の状態では、以前のように圧倒的な戦闘能力を発揮する事はもはや不可能。

なので、最後にできることとして、前回にハンジが行ったような、生き残ることを考えない特攻攻撃のような戦いをするパターンが考えられます。

アルミンもそれを考えているのか分からないですが、爆薬に繋がっていくような気がしますね。

わざわざ爆薬を積み込むという描写が描かれたというのは、それが必要になる局面が訪れるという伏線に違いありませんよね。

となると、必然的に誰かがそれを使って爆死するという伏線も同時に浮上することになるのです。

もしこの伏線が当たるとしたら、一番考えられるのは戦えない身体になってしまったリヴァイが、その役割になるということ。

ハンジからのリヴァイが爆死という形になりそうな気がしてなりません。

もう誰にも死んで欲しくないですが、このまま最期を迎えるような感じでは無さそうですよね。

 

進撃の巨人133話ネタバレ最新話の考察|アニとアルミンの合流はいつ?

一旦別れることになりましたが、もしかしたらこのまま別行動で展開しており、再度座標で合流するという展開になる可能性もあります!

上記の考察の流れになると、位置は関係なく合流できることになり、これまで予想していたファルコ鳥巨人化という可能性は無くなります。

しかしながら、ここでひっかかるのは「なぜアニ、ガビ、ファルコを分けたのか」ということが明かされていないということです。

もしかすると、今後の展開で「その必要があったから」というような伏線回収があるような気がしてなりません。

そうなるとどのような展開が考えられるのでしょうか?

一番わかりやすいのは、アルミンが絶体絶命の大ピンチにギリギリでアニが登場して、助けるという展開がわかりやすいような気がします。

または、エレンによって記憶改ざんをアルミン仕掛けられている時に、アニが合流してエレンを攻撃することで、アルミンを助ける展開とかもあり得るでしょう。

やはり、今後合流する可能性は極めて高いと思われ、アルミンとの展開のために、アニは一時的に離れたような気がします!

 

進撃の巨人133話ネタバレ最新話の考察|エレンを殺すしか方法は無い?

エルヴィン死んでしまってから、調査兵団を率いていたハンジがその役目を戦死という形で終了することになりました。

ハンジと言えば、巨人に対して並々ならぬ興味を抱いていたので、このタイミングでいなくなるとは予想外でした。

この作品の流れだと、誰かしら犠牲は出るのは間違いないと思っていたほうが良いですからね。

大半の人が誰か戦死することが予想通りだったと思いますが、ハンジだとは驚いたというちょっと不思議な感覚ではないでしょうか?

個人的にはハンジの性別が結局、男なのか女なのか不明なままいなくなったことが一番気がかりです(笑)

また、まさか生きていたフロックについても、登場早々にいなくなったことから、これから最終回まで犠牲は出ることでしょうね。

次に危ないキャラクターは、リヴァイかピークでしょうね。

どこかのタイミングで犠牲になるような気がします。

ピークに関しては、それほど思い入れの強くないキャラクターではありますが、「死んだ仲間達に報いねばならない」という旨の発言をしていまいしたので、最後までは生き残らないだろうなと思っています。

これまでは、エレンの手段が手段ということで、雰囲気的にはアルミン達が正義みたいな流れになっていますよね。

ただ、ハンジが言っていたように、エレンに何の解決策を示せなかったと自分の無力さを嘆いてましたが、その通りで解決策を見いだせない限りはエレンの元に向かって再会したとしても、何の解決にもならないでしょう。

ライナーが言っていた、「アルミンがエレンに対して切り札になる」ということはどういう意味なのでしょうか?

解決方法が無い今の状況だと、結局はエレンを殺すという方法しか止められないですよね。

このまま何も起こらないと、結末は誰も望んでいない未来になる可能性が極めて高いとおもいますね!

 

進撃の巨人133話ネタバレ最新話の考察|ツイッターの感想・予想

ハンジさんの事がショックで他のジャンルで現実逃避してましたが、やっと進撃の巨人に戻って、さっきも考察を読みまくってました。

ハンジは壮絶な戦いの末、先に心臓を捧げた仲間に出会うのだけど、皆戦闘服のままそこに立っていて、天に召されると言うより、安息の別の世界に居るような気がして、そちらの世界の力が、最後に何か救いになってくれるかもと思ってしまう。

呟きで言われてた左下ってこれかぁ・・・

こういう現実を描いちゃうのが、諫山先生。納得。

これを描いてくれるから7年も追っかけられるんだよなぁ・・・

ハンジさんが泣

命張ってエルヴィンもとにいってしまった。

ハンジが最後にアルミンに全て託して、リヴァイに敬意言われてたのがぐっときた

リヴァイ兵長は英雄として最後を迎えて欲しいけど・・・

ハンジさんの最後が意外過ぎたから、リヴァイ兵長もアルミンとエレンが話をする時間を取るために命を落としそう

そのシーンが容易に想像できるもはや推しに死ぬなとか、死んだ方がましとか、考えることに虚無を感じてきた

死ぬ時は死ぬ、もうなんかリヴァイが約束果たして、ミカサが何らかの形で報われればいいねぐらい

ジャンとライナー生き残れるかな?

進撃巨人は、絶対誰にも止められないはず進撃するエレンをなんやかんやして、結局はアルミンとミカサ達が止めてしまう展開になるとは思う。

だけど、エレン進撃が完遂して終わる展開を激しく見たい自分がいる・・・

かつて敵味方であった主要人物が、まとめて揃ったあたりがもうラストに近いんだなって思う。

こんなことになってしまうエレンらしすぎて、あのエレンらしさはジャンと喧嘩するためだけものではなかったのだということに改めてゾッとするよ

 

進撃の巨人133話ネタバレ最新話の確定速報


進撃の巨人133話最新話の内容が判明次第こちらに追記していきます。

次回の進撃の巨人は別冊少年マガジン発売日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

まとめ


ここまで、2020年10月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新話133話のネタバレ確定・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

エレンに再会してもどのように止めるのか?その方法が解決できない限りは、明るい未来は描けませんよね・・・

そして、飛行艇に搭載された爆薬はどのように使用されるのか?

対エレンに使われることになれば、かなり熱い展開になりそうです。

これ以上戦死者を出してほしくないですが、誰かが犠牲になるという可能性もありますので、目が離せない展開が続きそうです!