進撃の巨人

進撃の巨人132話ネタバレ最新話確定【アルミンはエレンを救う?】

進撃の巨人132話ネタバレ最新話確定【アルミンはエレンを救う?】
Pocket

2020年9月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』132話最新話のネタバレ確定速報を紹介していきます。

エレンが見ようとしていた景色は、地鳴らしによって生まれた広大な更地でした。

しかし、アルミンたちは今エレンが見ている世界を変える為に動き始めたのです!

それでは、2020年9月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』話のネタバレ確定情報をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の考察


進撃の巨人の力によって、昔の継承者の行動を変えることで、現在の世界とは違う現代にしようという物語だと予想していました。

しかしながら、アルミンの話を聞いているとそうでもないようです。

鍵になりそうなのは、自分たちが知らない壁の向こう側。

一体、何があるのかは分からないですが、時間を戻すというような流れにはならないでしょう。

それよりも、より未来に向けて進むような感じがしました。

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の考察|協力者は現れる?

一番効果的なのは、世界中の人と協力すること。

ただ、進撃の巨人の行動があまりに大規模ですから、今更になって協力してくれる人は少なそうですよね。

この困難な状況をどのように乗り越えるのか?

エレンもかなりヤバい状態です。

これまで描かれた巨人姿も、操り人形みたいでしたし、明かされた姿では頭に無数のコードが繋がれた状態だったので、誰かに操られているような印象でした。

果たしてこれまでの行動は全てエレンの意思なのか?

このような大きな疑問は、巨人化させるきっかけになった謎の生物にも言えることでしょう。

そろそろ、伏線を回収してもいい頃でしょう。

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の考察|アルミンが座標へ行く方法

アルミンが現れたのは、座標にいる幼いエレンの前でした。

アルミンは普通に登場しましたが、座標に行くのは簡単なことではありません。

フリッツ王家の血をひいており、始祖の巨人を継承した限られた人のみがその力を使うことができるのです。

このような特別な条件がありますが、中には例外もありました。

その例外が起こった時は、エレンがユミルの民に向けて地鳴らしを行うと宣言したタイミング。

あの状況でアルミンとミカサは、条件に該当していないのに座標にたどり着いたという前例がありますよね!

では、どうしてこのようなことが起こり得たのか?

考えられるのは、エレンが望みさえすれば、特別な条件に該当しない人であっても座標へ行くことができるようになるということでした。

そう考えると、131話においてアルミンが座標に再びたどり着いたのは、この景色を見せたいとエレンが願ったからでしょう。

頭のいいアルミンのことですから、自分がなぜ座標へ行けたのか理解すると思います。

また、個人的な予想ですがエレンとの最終決戦の場は座標になりそうな気がしますね・・・

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の考察|フロックは生きている?

フロックは海に落ちてしまいましたが、このまま死んでしまうような展開になるのでしょうか?

これまでのストーリを振り返ってみると、死んだと思われたキャラクターが実は生きていたというパターンはありました。

個人的にはリヴァイも死んだと思っていましたが、まさかの生還を果たしています。

このように一度は死んだと見せかけて、数か月後に生きて登場するという可能性は大いにあるのです。

ということから、フロックも確実に死んだ描写がない以上は、死んだという確証は持てませんよね。

進撃の巨人においては、死ぬキャラクターはその瞬間まで描かれることがほとんど。

それを考えるとを、フロックの死の瞬間というのは曖昧でした。

個人的にはこの先再登場する可能性が高いと考えています。

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の考察|ツイッターの感想・予想

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の確定速報

進撃の巨人132話の内容が判明しましたので、以下に追記します!

ここからはネタバレがありますので、注意してご覧ください。

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の確定速報|オディハでのキヨミの決意

ハンジたちの乗っていた船は、マーレの都市であるオディハについに港に着きました。

そこは確かに港なのですが、船は全くおらず、住民も南へ逃げている様子でした。

その時「地鳴らしがあの山を越えてくる前に・・・」とハンジが前を見つめながら言います。

キヨミはその言葉を聞いてハンジの伝えたいことを理解したようです。

ハンジの続きの言葉を遮り、飛行艇をなんとしてでも空に掲げてみせると決心。

代わりに、キヨミが託したものは、彼女らの故郷、ヒィズルでした。

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の確定速報|ミカサの心のうち

荷物を運びつつ準備をしているミカサにアニが声をかけます。

「ミカサはどうしたいのか」「エレンを人類のために殺すのか」と質問され、ミカサは答えに詰まります。

ですが、ミカサは「殺さない」と断言。

ミカサが「したいこと」は、エレンを取り戻すことだけ。

その一言を残してさっさと移動しようとするミカサに、アニは、マフラーはもう巻かないのかと聞きました。

ミカサは間を開け、持っているが今は巻いていないと言い、去っていくのでした。

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の確定速報|飛行艇の支度を進める

飛行艇の離陸の支度の際、ピークは亡くなった仲間たちのために最後まで戦い抜くと約束します。

ガビ、ファルコ、アニ、キヨミたちは戦わず、飛行船の離陸と同時に船で出港。

飛行艇が飛ぶまでに残された時間はいよいよ1時間となり、ハンジの指示で104期生たちは立体起動装置の整備を行います。

アルミン、ミカサたちだけでなく、ほどんど動くことができなかったリヴァイもここで登場。

リヴァイは回復し、武器は持てるようにはなりましたが、手に力を込めることができません。

そんな時、なんとフロックの急襲が起こりました!

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の確定速報|フロックの奇襲

ガビによってダメージを負ったフロックは、生きていました。

しつこく飛行艇に攻撃しようとするフロックですが、その攻撃は飛行艇ではなく燃料タンクにヒット。

ここでミカサがその攻撃に気付き、フロックを追い払います。

立体起動装置のフックがフロックの首に刺さってもなお、フロックは呼吸が止まらずまだ生きていました。

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の確定速報|フロックが願う事は

整備士たちはフロックに攻撃された燃料タンクの穴を修理しようとしますが、当の整備士もフロックにダメージを加えられ、うまく動くことができません。

その時、ペンチを持つ手が揺れだしたことでハンジたちは地鳴りに気付きます。

地鳴らしがオディハまで及んでいます。

フロックは息絶えそうになる中で、ハンジとジャンにあることを伝えます。

「エルディア人は皆殺しにされる」「俺たちの悪魔を止めないでくれ、頼む」と言いながら、フロックは静かに息を引き取りました。

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の確定速報|ハンジの身を囮に

超大型巨人が集団でどっと押しかけ、飛行艇が飛び立てない現状に、アルミンとミカサは不安感が高まります。

このままだとエレンのもとに行くことが出来ない、とハンジはある決心をします。

それは、ハンジが犠牲となり、104期生を無事にエレンのもとに送り届ける事。

そう決めたハンジは、次の団長にアルミンを据え、ハンジは単身で超大型巨人の集団に対峙しようとします。

そして、目の前に現れたリヴァイを見て、ハンジは不安そうな表情を浮かべます。

しかしリヴァイから言葉のない激励を受けたハンジは決意をさらに確固たるものに。

そのままハンジは立体起動装置で飛行艇を飛び立ち、超大型巨人たちの頭上に移動します。

雷槍を打ち込み巨人を一体撃破、二体目にも雷槍の攻撃を食らわせ、自身が囮となって飛行艇から超大型巨人を引き離します。

飛行艇の補修が終了しても、離陸はまだできていません。

その事を知ったハンジは、巨人の熱で服や体が燃えようとも、超大型巨人への攻撃を止める事はありませんでした。

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の確定速報|飛行艇の飛行とハンジの犠牲

ハンジが囮となり巨人を離してくれたおかげで、飛行艇は飛び立ちましたが、港は超大型巨人に踏みつぶされてしまいました。

アルミン、ミカサ、ジャンたちは飛行艇の中からハンジの必死に戦う勇敢な姿を見守りますが、最期は巨人の熱に焼かれながら落ちていくハンジを見て涙が止まりません。

亡くなったハンジへの最期にかけた、リヴァイの言葉には彼の決意が確かに宿っていました。

 

進撃の巨人132話ネタバレ最新話の確定速報|仲間たちとの再会

ハンジは飛行艇が無事に飛んだのかと慌てて目を覚まします。

そこには何もない地面に寝転んでいた自分と、死んでいった仲間たちの姿がありました。

そこでハンジは自分が死んだのだと自覚します。

「団長という役目は大変だった」とこぼすハンジ。

そんなハンジをエルヴィンたちは暖かく迎え、「ゆっくり聞くよ」と手が差し伸べられました。

 

まとめ


ここまで、2020年9月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新132話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

自らが犠牲となって味方を救い、104期生をエレンのもとに送ろうとするハンジの決意の強さに心打たれましたよね。

涙なしには見られない方もたくさんいるのではないでしょうか。

今後の飛行艇はどのように進んでいくのか、残された彼らは無事にエレンのもとに辿り着けるのでしょうか。

次回のストーリーからも目が離せませんね!

次回の進撃の巨人のネタバレが読みたい方はコチラ!

>>進撃の巨人133話ネタバレ